1 thought on “スクリーンショット 2022-04-03 12.35.18

  1. 山本勉

    ミッヘルカタログに簡単な説明があります。要するにオレンジ自由国の初期の官製ハガキは、ハガキ様式に該当する料金の郵便切手を貼ってこのような手押し加刷をしてから販売したのだそうです。加刷した郵便切手だけを単独で販売することは公的にはなく、かならずハガキ様式に貼ったものを売ったと書かれています。切手を横に貼ることもあります。このような方法は1889年から1898年までとのことです。ミッヘルではPo 1からPo 8の8種に分類しています。また、Ascherのステーショナリーカタログではメインナンバーで20番まであります。このカタログではハガキ様式の分類も詳しく書かれています。なお、参考文献としては1923年に発刊されたLeon de Raay著「The History of the Postcards, Envelopes and Wrappers of the Orange Free State and Orange River Colony」という本を挙げています。以上、ご参考まで。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です