おすすめ投稿

今週、開催予定の、オンライン郵趣例会

外国切手研究会 第51回Zoom例会・レポート

2021410日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第51Zoom例会』レポートです。参加者12人中4人の発表で質疑応答が有りました。

今回はスタンペックスジャパン2021特別Zoom例会の開催となり、初日の状況や出品された方4人による作品の解説や質問等を中心に進行しました。

パンフレットでも出品者のプロフィールや作品紹介がされており、協会HPでも出品作品の冒頭8リーフ公開されているなど、広く情報は公開されていますが、更に踏み込んだ内容をやり取り出来ました、切手展出品は郵趣の楽しみ方の一つでは有りますが、目標に対して過程を楽しむという行為はどのような収集範囲やテーマに対しても共通であり、切手展出品を前提にしない日常の収集でも参考になるお話でした。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

外国切手研究会 第50回Zoom例会レポート・後編

202143日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第50Zoom例会』レポート後編です。参加者10人中5人の発表で質疑応答が有りました。

3人目)ハンガリー初期の歴史と切手について、第一次世界大戦後にオーストリアとの二重帝国より独立した1918年より1920年迄は短期間に体制が変わって行った為、加刷切手が多く発行されている。

今回は第一次世界大戦後にハンガリーよりルーマニアに編入されたトランシルバニアイッシューのコレクションを紹介、ルーマニア占領下での発行だが、ギボンズカタログではハンガリーの扱いでミッヘルカタログではルーマニア、第1次と第2次が有り加刷の額面単位の字体の違いで分類出来る、台切手は当時流通していたハンガリー切手が多数使われており、加刷のバラエテイも多い。

4人目)韓国の郵趣情報についてのいくつか紹介。

大きな郵便局で無料配布されている韓国郵趣連合発行の月刊誌「郵票」の紹介、伝統郵趣の内容も有り郵便史の記事なども掲載、国内外切手のトピックス、韓国で人気の有るトピカルの話題、最新号のオピニオンでは、今までは無かった本格的な韓国切手専門カタログを現在製作途中で資料等の募集など、オークションも掲載されており、郵政の支援が有るとはいえ、無料とは思えない豊富な内容。

韓国でも現在個人が切手を貼って郵便を出すのは少なく、一番使われるのはおそらく軍人で、訓練所からの通信手段はほぼ郵便、訓練所に入る前の必需品リストにも切手が記載されているとの事です。

切手店について、第34回後編でも紹介した京城三越(現在でも新世界百貨店本店として使われている)の地下街では17の店舗が存在しており、他の地域を合わせたら20から30店位は営業していると思われるとの事、やはりネット店舗もいくつかは存在しているとの情報です。

ジュニア収集について、韓国ではネットコミュティーでも学生は日本より多いと思われる、郵趣連合でも育成事業の一貫として郵趣関係の教育を受けた先生が学校に配属され、サークル活動で切手を楽しむという事も行われているとの事、現在の日本からすれば羨ましい状況です。

5人目)スタンペックスジャパン2021開催に関連して自分の原点を振り返り、2010年に初めて切手展に出品した作品の紹介。

2010年全日展に出品した作品は約25年ぶりに作ったリーフで5フレーム、少年時代は1フレームは12リーフだったので16リーフになっていた事にも驚いた。

ゼネラル収集をしていたので、所有していた切手の大半は未使用短片、ジャーマンステーツの中ではカバーの非常に難しいステーツも有り、当時は現在程それらに力を入れてなかった事から、入手出来たカバーを各フレームの最下段に展示するという方法を取った。

現在では幾つかのステーツに絞って力を入れているが、この全ジャーマンステーツの作品を改良しながら国際切手展に出品し続けて得られた事、分かった事も多いとの事です。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

外国切手研究会 第50回Zoom例会レポート・前編

202143日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第50Zoom例会』レポート前編です。参加者10人中5人の発表で質疑応答が有りました。

1目)前回の続きで、ポルトガル領インド初期シリーズ(タイプ1D、アフィンサ専門カタログ番号CE35-36)、(タイプⅢ、CE37)、(タイプⅢACE38)、(タイプⅢBCE39-47)、(加刷切手、CE62-6364-65122-131)の紹介、途中でクラウンシリーズも発行されるが、毎年のようにタイプ違いが発行された数字図案シリーズは今回が最終。

1リーフ目、1876年発行タイプ1Dは 輪の特徴と額面数字が小さい、1877年発行タイプⅢは数字の上に花弁のデザインが入っているのと、REISの文字がセリフ付、1877年発行タイプⅢAは、REISの文字がセリフ無、2重円図案の中の輪が消えている。

2リーフ目、1877年発行タイプⅢBREISの文字がセリフ無、2重円図案の中に白い輪が入っている、唯一知られている2重印刷も紹介。

3リーフ目、1881年発行、10レイスに5レイスを加刷した切手、15レイスに5レイスを加刷した切手、加刷数字のタイプ違いが有りAタイプとBタイプに分類される、台切手別に整理。

4リーフ目、1881年発行、20レイスに5レイスを加刷した切手、20レイスに1 1/2レイスを加刷した切手、加刷数字のタイプ違でAタイプとBタイプ、数字が小さいCタイプに分類される、逆加刷や横加刷のバラエテイも有る、台切手別に整理。

5リーフ目、1881年発行、40レイスに4 1/2レイスを加刷した切手、100レイスに4 1/2レイスを加刷した切手、Local Currency Valueの加刷切手など。

最後に数回に渡り解説して頂いた、アフィンサ専門カタログのタイプ判別ページを紹介。

2人目)アメリカ関係のカバーをいくつか紹介。

1通目、1847年発行ファーストシリーズ10セント、1847年フランス宛、切手は300マイル超の基本料金用としての発行でニューヨーク迄の国内料金としての使用、当時は郵便料金の前納が義務付されてなかった為この切手の使用例は少なく、発行年使用例特に少ない、フランス海外宛は更に希少な物、当時の郵便条約によるフランスでの料金支払い内容等もリーフに解説。

2通目、184764日ニューオーリンズよりフランス・パリ宛スタンプレスカバー、ファーストシリーズは71日発行だがその少し前の使用例。

3通目、184179日イリノイ州アルビオンよりニューヨーク経由、イギリス・バッキンガムシャー宛スタンプレスカバー。

4通目、1861年シリーズ切手が計48セント分貼られたカバー、質疑応答や調査等より、ニューヨーク交換局経由でイギリス・リンカーンに宛てられたが、ゲインズボローに転送されたと思われる、48セントは当時のイギリス宛て2倍重量便、ニューヨーク交換局の赤い消印の38の数字は、当時の英国宛郵便の場合には英国のクレジットの記載をする必要が有った為、英国迄のクレジット額を示しており、シングルレートは19セント、尚アメリカクラッシックカバー料金等に参考になるサイトを紹介して頂いたのでリンクを貼らせて頂きます。

www.philamercury.com/browse.php

前編は以上で後編に続きます。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

[スタンペックスジャパン2021] 本日16:30に閉幕しました。

全国切手展スタンペックスジャパン2021は、4/10-13で、郵政博物館にて開催され、本日16:30に無事閉幕しました。

実行委員の方にお集まりいただき、明日正午過ぎより撤収作業・作品返却を行う予定です。また、4月末日までに、報告書を発行し、今後の見通しについても取りまとめたいと考えております。



写真は最後の来場者が退場した直後の会場の様子。この5秒後に企画展示室=会場の扉が施錠されました。

[スタンペックスジャパン2021] クリティークを実施しました。

スタンペックスジャパン2021は本日から来週火曜日までの4日間(4月10日ー13日)東京・押上の郵政博物館にて開催されています。

公開二日日の4月10日に審査委員会によるクリティークが行われました。午前11時から午後1時までの2時間をかけて、出品者16名の内12名が参加し、国際競争切手展で評価される為の作品に改善する為の方法について、審査員との質疑応答を通じて学びました。



なお今回のクリティークの実施については、協賛のスタンペディアプロジェクトにより、遠隔地ご在住(宮城県、山形県、静岡県、米国)の出品者にZOOMを活用したオンラインフィードバックを提供し、大変好評でした。遠隔クリティークは、コロナ禍であるなしに関わらず有効なノウハウ習得の機会であることが確認できましたので、来年以降の開催に活かせないか考えて参りたいと思います。

 

 

 

 

[スタンペックスジャパン2021] 来週火曜日まで開催しております

スタンペックスジャパン2021は本日から来週火曜日までの4日間(4月10日ー13日)東京・押上の郵政博物館にて開催しております。

本日は開催初日ということで、開幕前から20名強の方がお並びになられましたが、郵政博物館の定めるCOVID-19対策にご協力いただき、ご入場いただきました。

本年のブース出店は、COVID-19対策の為、広いスペースに一店舗だけの出店に限定し、静岡県浜松市から日本切手社様にご出店いただきました。昨日ご紹介の写真に加えて何枚かご案内します。
最後の写真は店主の松島さん。結構広いスペースをお取りしましたが、会場と共に全ての椅子が埋まり、夕方まで客足が絶えませんでした。スタンペックスジャパン2021は来週火曜日まで開催されますが、日本切手社ブースは明日日曜日で終了となりますので、ご来場にはお気をつけください。

明日は審査委員会より出品者に対するクリティークを実施します。

外国切手研究会 第49回Zoom例会レポート

2021327日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第49Zoom例会』レポートです。参加者9人中5人の発表で質疑応答が有りました。

1人目)カタログコレクション、イラン初期3番目シリーズ辺りからを紹介、1番切手発行は日本と同時期、イランは1979年の革命で王制は廃止されたが、当時の王朝は1926年に成立したパフラヴィー朝で、初期の切手はそれより以前のガージャール王朝時代に発行された物、その王朝交代時には古い切手に暫定加刷した物も多く発行されている。

図案の多くはライオンの紋章か国王肖像、比較的短期間でモデルチェンジして発行されていた、スコットカタログには比較的多くの加刷切手を掲載しているが、未掲載の加刷切手も所有しており、偽物なのか掲載漏れかは不明との事です。

2人目)前回でも紹介の有った中国切手の偽物と思われるカバーの話題など、内容は非公開とさせて頂きます。

チャイナクリッパーのバックナンバーDVDの紹介、ロンドン版は送料別だが、50ドル以下で過去の膨大な会報資料を入手する事が出来るとの事です。

3人目)第46回の続きで、オランダ領東インドの3番シリーズ、1883年より発行された数字図案シリーズ切手の紹介、額面は5種類で色違いが1種類でカタログメインナンバーは6種類、目打やシェードの分類が幾つか有る。

1セントはシェードと目打違い、図案右下の印刷が潰れた版欠点のようなバラェテイが有る、2セントもシェードの濃い物と薄い物、目打違い、印面バラェテイを紹介、2 1/2セントは目打が3種類有る。

1セント多数貼カバーは、10セント切手付封筒に表面裏面合わせて14枚貼り足し、合計24セントの18921123日スイス宛、2セント貼カバーは1893220日ジャワ島内封書使用。

3セントと5セント、5セント色違いの目打は1種類のみ、シェードバラェテイと印面バラェテイを紹介。

12 1/2セント切手付封筒に同料金分切手貼り使用例、18921216日ドイツ宛は数字抹消印、4番はBatavia局、15セント切手付封筒に10セント分切手貼り使用例、1899429日同じくドイツ宛、PREMBOEN局の箱型手押印。

4人目)前回の続きで、ポルトガル領インド初期シリーズ(タイプ1C、アフィンサ専門カタログ番号CE21-22)、(タイプⅡACE23-25)、(タイプⅡBCE26-34) の紹介、毎年のようにタイプ違いが有り、判別や区分はやや難しい。

1874年発行タイプ1CINDIAの”A”が”逆”V”になっている、1875年発行タイプⅡA2重円図案の中の薄い輪が消えている、又最初のシリーズより額面数字が小さい、1876年発行タイプⅡBSERVICOの”V”が逆”A”になっている、やはり最初のシリーズより額面数字が小さいなど。

1通目カバー、20レイス・タイプⅡB 切手貼国内便モーニングカバー、他の額面カバーの入手は中々難しい、1876410日・11Pangim発 、Margao宛。

2通目カバー、20レイス・タイプⅠD切手と英領インド切手多数貼書留コンビネーションカバー、

1876731Pangim発、81Sawantwari経由、82Belgaum経由、84Coompta経由、86Mangalore経由、89Cochin着、一部欠損は有るが多数の中継印が押されており逓送ルートが良く分かる、当時は鉄道が未だ開通していない為、メールカート若しくは飛脚のような物で運ばれたと思われる。

3通目カバー、20レイス・タイプⅠD切手と英領インド切手の田型貼コンビネーションカバー、1877730Bombay発、Pangim宛。

5人目)eBayで購入した詳細不明だが面白そうなカバーについて、質疑応答より貼られている切手は旧中国銀円の航空切手に加刷した台湾切手、一見すると日本の船内印でのパックポー便のように見えるが、この切手は旧台湾幣のもので、1949年にデノミネーションが実施され新台湾幣となった、無線電信局印のような消印は1969年で既にこの切手は使えない年代、おそらく記念品のようなカバーではないかとの事。

6人目)前回の続きでドイツ・ジャーマンステーツ、ハノーファーを紹介、ここははサッカーのイメージも強いが、今の英国王室も実はこの地の王国から迎えられたとの事、ハノーファー自体は後にプロイセンが統一したドイツの傘下となる。

ハノーファー王国の紋章を描く1番切手は1850年発行、刷色変更された2番切手は1851年発行、共に額面は1Ggr. その後通貨単位が変更され、18517月には距離別郵便料金に対応した1Sgr. 2Sgr. 3Sgr.3種額面の切手が発行された、

1859年からは国王図案の切手や高額切手、郵便ラッパのデザインの切手が発行された、後にこれら無目打の切手が目打入になって発行される。

ハノーファーの切手で面白いのは3番目シリーズ、2色刷切手の2色目を薄い連続紋様で印刷したもので偽物製造を防ぐ為に大国でも使われた手法、コーナーだと派手な紋様が全周に渡って印刷されている。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

[スタンペックスジャパン2021] 審査結果発表

スタンペックスジャパン2021は本日から来週火曜日までの4日間(4月10日ー13日)東京・押上の郵政博物館にて開催されています。

非公開日の4月9日に審査委員会による審査が行われ、採点の結果、最終結果がまとまりましたので、開場に合わせて発表します。

審査結果

また、出品要項記載の範囲内で、出品者の作品の最初の8リーフを紹介する動画を作成しましたので、どうぞご覧ください。

 

(4/11追記)審査結果をコピペしやすい方法で掲載します。報道その他の用途にご利用ください。

部門 Frame 作品名称 出品者名 Tr Im St&Kn Co Ra Pr Total
伝統郵趣 8 France 1849-1862 有吉伸人 18 8 33 8 18 5 90
伝統郵趣 5 新昭和切手 飯澤達男 16 7 29 8 17 4 81
伝統郵趣 5 Japan Definitives 1899-1908 内海省一 15 7 28 8 15 4 77
伝統郵趣 5 Japan Definitives 1937-1940 菊地恵実 18 7 31 8 17 4 85
伝統郵趣 5 South Korea 1945-1947 木戸裕介 16 7 29 6 16 4 78
伝統郵趣 8 Japan Definitive Issues 1914-1925 丹羽昭夫 18 8 33 9 18 5 91
郵便史 8 Early Cancellations of MIMASAKA, BIZEN, BICCYU-Han in OKAYAMA prefecture 安藤源成 16 6 30 8 16 4 80
郵便史 5 配達証明・到達証明郵便 行徳国宏 16 7 30 7 16 4 80
郵便史 5 Postal History of Transvaal during the Second Boer War 内藤陽介 16 7 28 7 16 4 78
郵便史 8 朝鮮半島に於ける日本の消印(1876-1945) 中野健司 15 7 30 7 15 3 77
郵便史 5 大清国家郵政郵便史  1897-1912 藤本博嗣 16 7 28 7 15 3 76
郵便史 5 郵便の効率化と機械化 水谷行秀 18 7 31 8 17 4 85
郵便史 5 Overseas Printed Matter 1877-1949 森田美佐子 15 6 27 7 16 4 75
郵便史 5 郵便に見る昭和  1937-1946 山本幸治 17 7 30 8 17 4 83
ステーショナリー 8 POSTAL CARDS OF JAPAN 1873-1874 斎享 19 9 34 9 19 5 95
ステーショナリー 8 Postal Stationery of Japanese Occupation Naval Occupied Area 守川環 16 8 31 8 17 4 84

55-59 B 60-64 SB  65-69 S 70-74 LS 75-79 V 80-84 LV 85-89 G 90- LG

[スタンペックスジャパン2021] 本日より来週火曜日まで4日間開催します

スタンペックスジャパン2021は本日から来週火曜日までの4日間(4月10日ー13日)東京・押上の郵政博物館にて開催いたします。

本日はブース設営と作品審査が並行して行われました。ブースは静岡県浜松市から日本切手社様がご出店されます。COVID-19対策の為、本年は広いスペースに一店舗だけの出店に限定致しましたので、是非博物館の感染対策をお守りいただいた上でご利用ください。同社のセール内容の一部をご紹介します。

 

 

 

[スタンペックスジャパン2021] 開場まで、あと2日

スタンペックスジャパン2021の開催を土曜日から(4月10日ー13日)に控え、あと2日となりました。

本日、出品作品の展示が完了しましたので、ご報告申し上げます。

作業は午後12時半より行い、予め募集した実行委員の方にご参加いただき、午後4時半に予定通り終了しました。写真は実行委員の方の内、ブログにお顔を出してもOKな方達だけの集合写真です。皆様、個人でも色々とご予定のある中、お時間を割いて、出品者のために作品のご展示をしてくださいまして、誠にありがとうございました。

なお展示作業は、貴重品を預かっていること、並びにCOVID-19対策から、施錠した展示室でマスクを着用して、密を避けてを行いました。

 

スタンペックスジャパン2021は今週土曜日から(4月10日ー13日)郵政博物館にて開催されます。詳細はHPでご確認の上、ご来場ください。