おすすめ投稿

今週 開催予定のオンライン郵趣イベント

[スタンペックスジャパン2023] 実行委員募集のご案内

2023年3月に開催を予定している全国切手展「スタンペックスジャパン2023」について、例年のように、展覧会の運営にあたり実行委員を募集しますので、ご応募ください。

募集:全国切手展「スタンペックスジャパン2023」実行委員

募集日程・人数・内容
3月23日(木)13:30-17:30 3名 展示作品の設営
3月25日(土)10:00-14:00 1名 会場監視員
3月26日(日)10:00-14:00 1名 会場監視員
3月27日(月)10:00-14:00 1名 会場監視員
3月27日(月)13:30-17:30 1名 会場監視員
3月28日(火)13:30-17:30 2名 撤去・発送

*なお、実際の集合時刻・解散時刻は若干変更になる可能性がございます。
*3月23日は、展示作品の設営終了後に作品を見学することができます。
*会場監視員は、業務に使用ない限り、作品を見学していただいて構いません。

謝礼:当協会の謝礼制度により、半日に相当する5,000円を謝礼としてお渡しします。

応募方法
電子メールで当協会までご応募ください。info@kitte.com
なお、切手コレクションを取り扱いますので、ご自分でリーフ作りをした経験のある方に限らせていただきます。

選考
実行委員会で随時選考を行い、結果を通知します。

 

スタンペックスジャパン2023 展示決定作品の発表(一覧)

スタンペックスジャパン2023 [ 2023年3月25日(土)-27日(月) 、郵政博物館 ] の展示作品が決定しましたので発表します。

No 部門 Fr. 出品作品名称 出品者名 過去の最高賞
1 伝統郵趣 8 Japan Etched Stamps 1871-1876 黒田 卓 (初出品)
2 伝統郵趣 8 Japan and China Tazawa Series 1914-1925 丹羽 昭夫 国際G
3 伝統郵趣 8 Japan Definitives 1937-1940 菊地 恵実 国際G
4 伝統郵趣 5 ビルマ農耕切手 木戸 裕介 (初出品)
5 伝統郵趣 5 Chinese Folk House Regular Series (Regular 23) 藤本 博嗣 国内V
6 伝統郵趣 8 France 1849-1862 有吉 伸人 国際G
7 伝統郵趣 8 HAWAII 山﨑 文雄 国際LG
8 郵便史 8 在中国初期外国郵便局 1745-1898 大場 光博 国際G
9 郵便史 8 Postal History of Jiaozhou in China 1898-1949 福田 真三 国際LV
10 郵便史 8 German Inflation 1922-1923 伊藤 文久 国際LV
11 郵便史 5 The U.S.Forces and Postal Censorship by General Headquarters in Japan 安藤 源成 国際V
12 ステーショナリー 8 Postal Stationery under Japanese Naval Occupation Area 守川 環 国際G

スタンペックスジャパン2023実行委員会

 

 

 

 

「東京ワンフレーム・チャンピオンシップ2023」(郵博 特別切手コレクション展、2023/7/8-17)展示作品の募集について

展示団体より参加要項を連絡頂きましたので掲載いたします。


「東京ワンフレーム・チャンピオンシップ2023」作品募集要項 ダウンロード

「東京ワンフレーム・チャンピオンシップ2023」出品申込書 ダウンロード

 

【リリース】 2023年度 郵博特別切手コレクション展の開催スケジュール決定

2023年度「郵博 特別切手コレクション展」につきまして、このたび開催スケジュールを共催者である通信文化協会(郵政博物館)および特定非営利活動法人 郵趣振興協会において決定いたしました。

ここに以下の通りリリースを作成しましたので、お知らせいたします。みなさま是非、今から参観のご予定にお加え下さい。なお、今後展覧会の追加の可能性がございます。

各展覧会の詳細につきましては、随時、このウェブサイトに掲載してまいりますので、どうぞご注目下さい。

「郵博 特別切手コレクション展」2023年度 出展者および開催スケジュールの予定について(告知)(1枚)

スタンペックスジャパン2023出品受付終了のお知らせ

来年(2023年)3月に開催される、全国切手展「スタンペックスジャパン2023」に対する出品申込を、2022年12月21 日(水)締め切りでお受けしており、昨日で終了いたしました。

作品募集要綱 第7項に従い、展示作品の選定を行い、元旦までにお申込者全員に対して郵便で連絡すると共に、元旦に出品決定作品の一覧をホームページで発表予定です。しばらくお待ちください。

日本郵便の後援が決定(全国切手展 スタンペックスジャパン2023)

来年3月25日から27日にかけて、郵政博物館(東京スカイツリータウン・ソラマチ)で開催される、全国切手展 スタンペックスジャパン2023に対して、日本郵便株式会社の後援が本日決定しましたので、ご報告いたします。

 

 

南方占領地切手コレクターズクラブ 第29回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第29回ZOOM例会レポート

2022年10月26日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)海軍地域 ロンボック赤紫加刷

海軍地域のロンボック周辺では小スンダ錨加刷によく似たタイプの加刷がなされました。本が木となり、錨の右側が途切れていることが多いのが特徴です。一説には小スンダ錨加刷が変化してこの加刷になったと言われています。この加刷は黒加刷が多いですが、赤紫で加刷されたものも存在します。

2)海軍地域 ロンボック錨と小スンダ錨含むカバー

海軍地域ではスマトラやマライに比べてフィラテリックカバーが少ないです。それでも現地に収集家がいたようで、しばしばこのようなたくさん切手の貼ったカバーが見られます。このカバーにもロンボックの赤紫加刷切手が見られます。

3)スマトラ ジャンビー加刷

Nippon MAを始めとしたジャンビー加刷は他州の切手と比較し数が少ないです。そのうえで加刷の種類が数種類あり、中には大日本郵便加刷との二重加刷もあるため収集の難しい群です。そのうえ加刷の種類が数種類あり、大日本郵便加刷との二重加刷もあるので、収集が難しいです。

4)海軍地域 フィラテリックカバー

前述したとおり、数は少ないもののしばしばフィラテリックカバーが海軍地域にも見られます。このカバーで特筆すべき点は無加刷新女王切手の使用とフィッシュフック(日専T4錨)の使用が見られることです。いずれも使用例は非常に少ないです。

5)海軍地域 フロレス暫定切手

フロレス暫定切手の落札報告がありました。この切手は南方占領地一番のスター的存在です。くどくど書くのも野暮でしょう。

6)スマトラ パレンバンIPL 偽物

スマトラのパレンバン州、IPL枠付き加刷の偽物と見られるものです。IPL加刷は種類がたくさんあり、現在進行形で分類が進められている未完の分野です。しかしその中でも明らかな偽物が何種類か知られています。これは偽物と見られるものです。

7)北ボルネオ 昭和切手使用

北ボルネオはどの切手が貼られたものも少なく、人気があるため高価になりがちです。それゆえ、偽物も他地域以上に見られる印象があります。カバー、使用済み、未使用全てに注意が必要です。本品は本物と見られるものであり、昭和切手で統一された雰囲気の良いカバーです。

 

話題は主に以上でした。次回は11月23日 午後8時から開催予定です。

世界切手展 Capetown 2022 審査結果

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、国際郵趣連盟から下記の案内が発表されましたので、掲載します。

2022年11月8日から12日にかけて、南アフリカ・ケープタウン市で開催された世界切手展 Capetown 2022の最終日にグランプリ投票結果が発表され、アンダーラインを引かれた作品が、それぞれのチャンピオンに選出されました。

World Stamp Championship
Belgium’s First Issue, the EPAULETTES(Huys-Berlingin Jan, Lichtenstein)
Victorian Natal 1857 – 1899(Keith Klugman, USA)
British India Queen Victoria Postal Stationery(Jaiswal Sandeep, USA
Grand prix International
Prussia – The First Three Issues 1850 – 1859(Alfred Schmidt, Germany)
First United Kingdom aerial post 1911 – The first sustained air mail service in the world (Schøyen, Bjørn, Norway)
Republica Argentina – Classic Issues: Escuditos and Rivadavias (Reim, Pablo, Argentina)
Grand Prix National 
Zuid Afrikaansche Republiek – Transvaal 1869 – 1885 (Lars Jorgensen, Belgium)
The Postal Stationery of the Orange Free State (Smith, Michael, UK )
■ ご案内 本ブログポスト時点で、GPI,GPNの他の候補作品が公開されていないため、追って発表します。(11/18追記:実行委員会が会期終了からかなりの時間を経過した後に、RESULTをHPで発表しましたので、候補作品を転載します)
■ WSCチャンピオンは、タイブレイクの為、審査委員長による投票で決定しました。
全日本郵趣連合は、本展覧会への参加を取り止めましたので、日本からの出品者はいませんでした。

世界切手展 THAILAND 2023 開催に関する情報(続報)

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、THAILAND 2023 実行委員会が作成した周知チラシが入手できましたので案内します。

展覧会名称:THAILAND 2023
展覧会種類:世界切手展・World Stamp Championship(予定)
会期:2023年11月23日ー28日(木金土日月火の6日間)
会場:バンコク中央郵便局(バンコク市*1)
メインスポンサー:タイポスト

*1 正式名称は「クルンテープマハーナコーン」

 

なお、実行委員会はWorld Stamp Championshipとして開催する旨案内をしていますが、国際郵趣連盟(FIP)の承認はこれからの為、本日付報道では(予定)の文字を入れています。

 

 

 

世界切手展 THAILAND 2023 開催に関する情報

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、THAILAND 2023 実行委員会から世界切手展の開催について発表がありましたので、案内します。

展覧会名称:THAILAND 2023
展覧会種類:世界切手展・World Stamp Championship(予定)
会期:2023年11月23日ー28日(木金土日月火の6日間)
会場:バンコク中央郵便局(バンコク市*1)
メインスポンサー:タイポスト

*1 正式名称は「クルンテープマハーナコーン」

 

なお、実行委員会はWorld Stamp Championshipとして開催する旨案内をしていますが、国際郵趣連盟(FIP)の承認はこれからの為、本日付報道では(予定)の文字を入れています。