昭和切手発行80周年記念展(6/3-4日)展示コレクション プレビュー その4

会期が来月に迫った「昭和切手発行80周年記念展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、展示コレクションにおける注目品の画像提供がありましたので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

第4回は、林国博コレクション「昭和切手」からカバーを1点ご紹介します。

画像は、1次昭和7銭と10銭の計17銭貼の書留書状です。それだけでは何の変哲もないのですが、よくみると差立て局の消印が「マラカル 17.6.1 郵便局」となっており、南洋発東京宛ての書状であることに気づきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名宛人は著名なフィラテリストなので、紛れもないフィラテリック・カバーですが、これ以外に存在が知られていないユニーク・マテリアルですので、それは致し方ないことであり、このカバーの名品としての地位は些かも揺らぐものではありません。

現物は来月開催の展覧会でご覧いただきたいと存じます。

プレビューはまだまだ続きますので、どうぞお楽しみになさってください。

※所有者の許可を得ない画像の使用は固くお断りします。

昭和切手発行80周年記念展(6/3-4日)展示コレクション プレビュー その3

会期が来月に迫った「昭和切手発行80周年記念展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、展示コレクションにおける注目品の画像提供がありましたので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

第3回は、林国博コレクション「昭和切手」から3点ご紹介します。

林コレクションは、わが国の昭和切手コレクションとしては唯一、国際切手展で金賞を獲得した実績を有する世界最高峰の収集です。日本国内で観ることができるチャンスは非常に限られますので、この機会をお見逃しなくご鑑賞いただきたいと存じます。

さて以下の3点は、1次昭和5厘、4銭、14銭の小型シートで、いずれも1938年のプラハにおける国際郵便切手展覧会への出品用として逓信省が特別に調製したものです。用紙は白紙で透かしもありませんので、郵政博物館が所蔵する「透かし入りのダイ・プルーフ小型シート」とは全く性質を異にするものです。

 

 

 

 

 

 

これらは、2005年5月のコリンフィラ(スイス)のオークションで競売されたものを入手した、ジャパンスタンプの鯛道治氏によりその存在が審らかにされ、一部は里帰りしてオークションに登場し熾烈な競争になりましたのでご記憶の方もおられることでしょう。現物は来月開催の展覧会でご覧いただきたいと存じます。

プレビューはまだまだ続きますので、どうぞお楽しみになさってください。

【参考記事】 http://www.japan-stamp.com/?s=%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8F

※所有者の許可を得ない画像の使用は固くお断りします。

当協会、フィラテリー必需品サプライ事業、2017年4月の報告

掲題の件を取りまとめました。
[期間:2017/04/01−2017/04/末]

注文商品数 11個
(内訳)
 マウント  8
 コーナー  0
 ヒンジ   3

注文商品の総額 18,940円

なお4/5に発表した2017年3月の報告に誤りがありましたので、同記事を訂正しました。

NPO郵趣振興協会では、フィラテリーの持続可能性を高めるために、本事業を今後も行って参ります。なお、当協会の同事業の詳細については以下をご覧ください。

3月より当協会「フィラテリー必需品サプライ事業」いよいよ開始!

アマゾンにおけるフィラテリー必需品の販売ページ

 

昭和切手発行80周年記念展(6/3-4日)展示コレクション プレビュー その2

会期が1か月後に迫った「昭和切手発行80周年記念展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、展示コレクションにおける注目品の画像提供がありましたので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

第2回は引き続き、斎享コレクション「昭和切手あれこれ」から2点ご紹介します。

1点目は、2次昭和切手3銭および7銭各2枚貼の外信書状です。中立国スイスあてですが、戦況悪化で外信便の逓送が途絶したために差出人戻しとなったものです。逓信省による検閲後の封緘紙が左端に認められます。2次昭和切手はその使用時期が大東亜戦争末期と重なることから、外信使用は極端に少ないことが知られており、これはその貴重な実例の一つといえましょう。

2点目は、3次昭和3銭「縦と桜」の田型です。

一見すると何が特別なアイテムなのかピンときませんが、実は珍しいのはこの用紙で、この切手では存在しないとされていた、「白紙」なのです。無論、田型はこれまでのところこれ1点という大珍品です。

現物は来月開催の展覧会でご覧いただきたいと存じます。

プレビューはまだまだ続きますので、どうぞお楽しみになさってください。

※所有者の許可を得ない画像の使用は固くお断りします。

昭和切手発行80周年記念展(6/3-4日)展示コレクション プレビュー その1

会期が1か月後に迫った「昭和切手発行80周年記念展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、展示コレクションにおける注目品の画像提供がありましたので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。

第1回は斎享コレクション「昭和切手あれこれ」から2点ご紹介します。

1点目は、昭和切手の色調見本です。製造面を語る貴重な資料で、これが民間にあること自体が驚きです。

2点目は、2次昭和30銭厳島単貼の書留小包使用例(昭和19年3月1日女塚局差出)です。

昭和19年4月1日より小包料金が30銭になるので、その料金のエンタイアと思いがちですが、よく見ると日付はそれよりも早く、かつ書留小包です。1㎏までの書留小包の料金の期間は昭和17年4月1日から昭和19年の3月31日ですが、30銭の発行日の告示は19年1月8日、出現日が19年3月と発表されていますので、この切手の書留小包料金の適合期間は僅か1か月しかなく、これはまさに最初期使用に該当します。

もともと小包の使用例は逓送中に毀損したり、受取り後に無造作に破り捨てられたりするケースが多いことから、展示に適したマテリアルは少ないのですが、本例は他に報告されていない、稀少な使用例です。

プレビューはまだまだ続きますので、どうぞお楽しみになさってください。

※所有者の許可を得ない画像の使用は固くお断りします。

沖縄本土復帰45年記念展 展示作品一覧

展示団体(出展者)より展示作品一覧をご連絡頂きました。

展覧会名:2017年度 第2回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:沖縄本土復帰45年記念展

開催期間:2017/5/13(土)12:00-17:30、5/14(日)10:00-17:30
開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)

主催団体:郵政博物館、NPO郵趣振興協会
展示団体:琉球切手研究会

展示作品一覧

作品名 F オーナー名 概要
初期スタンプレスカバー/第1次普通切手/琉球における航空切手/沖縄本土復帰/復帰後のふるさと切手使用例他 8 秋吉誠二郎 切手発行が行われる前の1946年から復帰後まで、多彩なテーマに焦点を当てた大コレクションです。
沖縄初期郵便史/ドル表示数字切手 3 上田勝久 暫定切手や初期スタンプレスなど、国際展にも登場した琉球郵便史における逸品を展示します。
記念切手1964-1972、第二次普通切手 他 12 大井道夫 復帰にかけて乱発された記念切手の難関使用例が一堂に集結します。
ドル表示数字切手 他 2 柿原康人 B円からドルへの通貨切替時に暫定的に製造されたシリーズなど、未使用も交えて展示予定です。
記念切手1951-1963、動植物シリーズ、舞踊、花シリーズ 他 12 木戸裕介 B円時期の記念切手から、ドル通貨にかけての記念切手使用例を展示します。
年賀 1956-1972 2 三木伸一 切手、ステーショナリー、郵便史など、琉球郵便を年賀の切り口でご紹介いたします。

*F=フレーム数
*やむをえず展示内容が変更されることがあります

郵便制度史展 2017 無事に閉幕

特定非営利活動法人郵趣振興協会の主催事業として初めての展覧会事業が終わりました。

4月21日(金)-23日(日)の3日間にわたって、郵政博物館(東京都墨田区)多目的スペースにて開催された、「郵便制度史展2017」(2017年度 第1回郵博特別切手コレクション展)は、お陰をもちまして、会期の3日間で計1,116名のご来場者を得て成功裡に閉幕いたしました。

本格的な郵便制度史コレクションがずらりと並んだ展示場は熱心な参加者がたえず、「日本のナショナル・ミュージアムの特別展に相応しい充実した展覧会になった」との高い評価を多くの方々よりいただきました。

ご来場くださった皆様はじめ、出展団体の皆様、種々ご協力いただきました皆様には改めて厚く御礼申し上げます。

今年度の「郵博特別コレクション展」はあと7回予定されておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

▼ 会場入口での記念撮影に臨む郵便制度史展2017実行委員会(コレクション・オーナー)の皆様

前列左から:行德実行委員長、郵政博物館・冨永様、町屋委員

後列左から:片山委員、石川委員、森下委員、吉田委員

 

第1期(2017年4月-2018年3月)賛助会員ご加入のお願い

当協会は2017年4月14日付で特定非営利活動法人(NPO法人)として正式に認証され、新たな活動を開始いたしました。これに伴い、協会の活動趣旨(以下の「特定非営利活動法人 郵趣振興協会のあらまし」、「設立趣旨書」及び「2017年度事業計画」ご参照)にご賛同下さる賛助会員を以下の【募集要項】に従って募集いたします。

当協会はNPO法人であり、営利を目的としておりませんので、その活動は、賛同者である会員の皆様からの会費により原資の基礎部分が賄われ、関係法令の定めるところにより適正なガバナンスおよび情報開示の下で運営されることになります。

組織運営も当然、ボランティア・ベースで行われるため、支援者の皆様が享受できる実利は限られたものとならざるを得ませんが、何とか現時点において、ひと月あたり500円のご負担に対し相応のお得感ある会員特典をご用意することができました。今後も活動の充実に邁進する傍ら、可能な限り、メリットの向上にも配意してまいる所存でございます。

この機会にぜひ賛助会員としてご加入いただき、わが国における郵趣振興にご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

【第1期(2017年4月-2018年3月)賛助会員 募集要項】

1. 募集目標: 100名

2. 年会費 :1口6,000円 (何口でもご加入可)、期中のどこから加入されても同額です

3. 賛助会員の多彩な特典: 1口以上のご加入者に以下のメリットをご用意(年度内に順次整備してまいります)

(1) 協会主催および協会が関係する各種行事への優先参加およびご優待
当協会が実施または関与する様々な事業・イベント等に優先的にご参加いただけるほか、有料のものについては参加費をご優待します(例:製造面勉強会、国際切手展ルール勉強会)

(2) 「競争切手展データベース」へのアクセス・閲覧
当協会で構築した「競争切手展データベース」(わが国における過去の競争切手展の作品タイトル・出品者名・メダルランク)がいつでも検索できます

(3) 単行本『日本郵趣記事索引』印刷版の贈呈
無料世界切手カタログスタンペディア株式会社が、スタンペディア日本版の会員にオンラインで提供中の「郵趣記事データベース」を印刷・製本したものを一冊贈呈いたします

(4) オンラインショップ(Amazon)郵趣付属品 割引クーポンの贈呈
当協会の「フィラテリー必需品サプライ事業」として実施しているオンラインショップ(ヒンジ・透明マウント・カバー用コーナー)の割引クーポンを差し上げます

(5) 「郵政博物館 特別切手コレクション展」出展者負担金の減免
わが国のナショナル・ミュージアムの特設スペースを利用して開催する権威あるコレクション展の公募に際し、出展者が賛助会員で構成される場合(個展を含む)、通常の負担金(現行:50,000円)が10,000円減額されます(2018年度以降分)

(6) 競争切手展出品相談および書籍出版支援
ご希望により、当協会役員等が内外競争切手展へのご出品に関する相談に無料で応じるほか、分野別アドバイザーのご紹介、翻訳及びリーフ作成者の斡旋、書籍出版ご予定者へのご相談等もお受けします

(7) インターネット・メーリングリスト・サービスのご提供
一つのアドレスにメールを送信するだけで、複数の人に同時に電子メールを配信することができるメーリングリスト・サービスを提供します(特定の話題に関心を持つグループなどの情報交換へのご利用を想定)

(8) 切手コレクション展示フレーム(パネル)の有償貸与
地方等における切手展の開催を支援するため、国際切手展での使用にも耐える堅牢な切手展示パネルを有償で貸与します

(9) 名刺の実費頒布
当協会の顧問・評議員・アドバイザー等のお役職をお引き受けいただいた方につきましては、ご希望により、当協会ロゴ入りの名刺を実費にて頒布いたします

4. 賛助会員へのご加入方法:
まずは電子メールにてinfo@kitte.com あてに以下の情報をご連絡下さい。
① お名前(ふりがな)、②ご住所、③メールアドレス、④日中連絡の取れる電話番号、⑤賛助会員加入口数

折り返し、協会から会費のお支払い方法についてご連絡を差し上げます。ご入金が確認され次第、会員登録完了となります。

※電子メールがお使いになれない場合は、以下に郵便でご連絡願います。
〒102-0083 海事ビル内郵便局留置 特定非営利活動法人郵趣振興協会 賛助会員係

 

【以下はご参考】

特定非営利活動法人 郵趣振興協会のあらまし
1.当協会とは
郵趣振興協会は、2016年7月22日に行德國宏、有吉伸人、吉田敬、池田健三郎の4名(年齢順)を発起人として創設された、フィラテリーを振興する非営利団体です。当初は任意団体として設立され、2017年4月14日以降は特定非営活動法人(NPO法人)となっています。設立趣旨および事業計画につきましては、「設立趣旨書」、「事業計画書」をご一読ください。

2.役員体制
役員は内外競争展上位入賞経験を有するフィラテリストで、組織運営・企業経営等の実務にも精通し、全員ボランティア(無報酬)で職務を遂行しています。今後、活動内容の拡大に伴って順次、組織・人員を拡充していく予定です。
※当法人は共同代表制を採っており理事3名は全員代表権を有します

役職名 氏名 略歴等 専門領域及び競争出展歴
理 事

(代表理事)

行德國宏

ぎょうとく くにひろ

同志社大商卒・同大院修。三菱マテリアルテクノ(株)勤務等(豊富な海外勤務経験有)を経て定年退職。元(財)日本郵趣連合理事、元(財)郵便文化振興協会理事。現在は大宮郵趣会会長。 日本郵便制度史

国内展:金銀賞他複数受賞

国際展:金銀賞受賞

吉田敬

よしだ たかし

東大法卒。楽天(株)常務取締役、楽天球団社長等を歴任。現在はピー・アンド・エー(株)社長、無料世界切手カタログ・スタンペディア(株)社長。 スイス、ドイツ

国内展:大金賞他複数受賞

国際展:大金銀賞他複数受賞

池田健三郎

いけだ けんざぶろう

金沢大法卒・早大院修。日本銀行、浜松大特任教授、民間シンクタンク役員等を経る。現在は経済評論家、(特非)日本郵便文化振興機構代表理事。 日本急速郵便史、喜望峰郵便史

国内展:大金賞他複数受賞

国際展:金賞他複数受賞

監 事 有吉伸人

ありよし のぶと

京大文卒。団体職員。

外国切手出品者の会会員。

フランス・クラシック

国内展:大金賞他複数受賞

国際展:金賞受賞

3.事務局
郵送物等の送付先=〒102-0083 海事ビル内郵便局留置 特定非営利活動法人 郵趣振興協会
事務局所在地[こちらに郵便物は送らないでください] =東京都港区六本木7-8-5 藤和六本木 C2-902 吉田方

 

特定非営利活動法人郵趣振興協会 設立趣旨書

この法人は、「内外の郵便制度や郵便切手類に関する調査研究、史料収集(コレクション組成)、普及啓発、成果発表及び情報共有等の文化活動、並びにこれら文化活動に付随もしくは関連する諸活動」と定義する郵趣(以下、フィラテリーという)のさらなる振興を図るとともに、特定分野における非営利活動を通じ、文化活動としてのフィラテリーが多様な場面において社会的利益をもたらすことにより、もって社会の健全な発展に寄与することをめざします。
フィラテリーは、1840年に英国が他国に先駆けて料金前納制による近代郵便制度を確立した際に、料金前納証紙として初めて「郵便切手」を導入したことを嚆矢として、19世紀から今日に続く郵便制度という社会インフラに連関した伝統的かつ国際的文化活動であり、英国王室はじめ多くの君主・王族等により実践されたことから「王者のホビー」と呼ばれ、また後に広く一般にも拡がりあらゆる人々に親しまれていることから「ホビーの王者」とも称されています。
この歴史ある崇高な文化活動を時代に即した形でさらに発展させることは、郵便文化研究の発展に資するという学術的効果のみならず、青少年育成面における教育的効果や国際交流・親善の促進にも役立ち、健全な余暇活動の推進を通じ多くの人々に豊かな時間と精神的潤いをもたらすなど社会厚生に寄与するところ大であることは、多くの国々で認識されているところであります。
かかる公益を推進していくためには、わが国においてもその活動を安定的に実践していく母体が必要となることから今般、当協会の設立が計画されました。
少子高齢化が進行するわが国において、フィラテリーという文化活動が持続可能性を持って健全に発展していくためには、次世代における担い手の育成が重要であることは論を待ちませんが、その具体策として、
(1) フィラテリーの普及啓発及びこれに関連する各種インフラ(とくに国内における展覧会及び啓発イベント)の継続・発展を支援する事業
(2) 国際的潮流を踏まえたわが国フィラテリーにおける調査研究活動の水準向上を図りその成果の有効な発信を推進する事業
(3) わが国に関連するフィラテリーを国際的に発信する事業
(4) 一般国民なかんずく青少年に対する普及啓発を図ると共に、人材の育成やフィラテリー関係者の相互交流を推進する事業、
等の不断の取り組みが欠かせません。
したがって当協会では、これらの諸点を柱としつつ幅広い活動を展開していくことを企図しており、その実施を円滑に行うためには、この際、新法人を設立することにより社会的な位置づけを明確にした上で、組織運営における透明性確保や説明責任にも意を用い、多くの方々の賛同を得て能動的に活動を推進していくことが最良の途と判断したところであります。

2017年度事業計画書

定款の事業名

(定款第5条)

事業内容 実施予定

日時

実施予定場所
1. フィラテリーの普及啓発及びこれに関連する各種インフラ(とくに国内における展覧会及び啓発イベント)の継続・発展を支援する事業 エキシビション事業:郵政博物館における「特別切手コレクション展」の企画運営、展示用フレームの維持管理

 

フィラテリー必需品サプライ事業:Amazonを通じ郵趣に必要不可欠な用品をインターネット利用者に対し安定供給

年度内に8回開催

 

年度を通じ継続的に実施

東京都墨田区

(郵政博物館)

 

法人の事務所

2. 国際的潮流を踏まえたわが国フィラテリーにおける調査研究活動の水準向上を図りその成果の有効な発信を推進する事業 リサーチ及び研究推進事業:「製造面勉強会」の企画および運営 次年度開催に向けた準備 東京都中央区

(綿商会館)

3. わが国に関連するフィラテリーを国際的に発信する事業 フィラテリックPR事業:ウェブサイトの設置及び運用 年度を通じて継続的に実施 法人の事務所
4. 一般国民なかんずく青少年に対する普及啓発を図ると共に、人材の育成やフィラテリー関係者の相互交流を推進する事業 次世代育成事業:青少年向け冊子「スタンプクラブ」の制作および無料配布 次年度からの実施に向けた準備 法人の事務所

【ご報告】当協会がNPO法人として認証されました

郵趣振興協会は、昨夏の創設以来、法人格のないNPO(任意団体)として活動してまいりましたが、このたび 小池百合子 東京都知事より特定非営利活動法人(NPO法人)として認証されましたので、ご報告いたします。今後の事業計画などは、6月3日(土)に予定される「特定非営利活法人 郵趣振興協会 設立記念祝賀会」にて正式に発表いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【法人概要】

法人名:特定非営利活動法人 郵趣振興協会
役員:行德國宏(代表理事)、吉田敬(同)、池田健三郎(同)、有吉伸人(監事)※当協会は代表理事3名による共同代表制をとります

法人所在地[こちらに郵便物は送らないでください] :港区六本木7-8-5 藤和六本木 C2-902 吉田方
連絡先[郵送物等の送付先]:〒102-0083 海事ビル内郵便局留置  (特非) 郵趣振興協会
メールアドレス: info@kitte.com

事業年度:4月より翌年3月まで

法人の目的:内外の郵便制度や郵便切手類に関する調査研究、史料収集(コレクション組成)、普及啓発、成果発表及び情報共有等の文化活動、並びにこれら文化活動に付随もしくは関連する諸活動」と定義する郵趣(以下、フィラテリーという)のさらなる振興を図るとともに、非営利活動を通じ、文化活動としてのフィラテリーが多様な場面において社会的利益をもたらすことにより、もって社会の健全な発展に寄与することをめざす。

 

 

【ダウンロード可】郵便制度史展2017 展示作品解説パンフレット

4/21から4/23にかけて、開催される『郵便制度史展2017』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

こちらは当日、会場となる郵政博物館でも白黒印刷のものを先着300名様に配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版(カラー)もご用意しました。

参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2017年度 第1回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:郵便制度史展2017

開催期間:2017/4/21(金)12:00-17:30、4/22-23(土日)10:00-17:30
開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)

主催団体:郵政博物館、NPO郵趣振興協会
展示団体:郵便制度史展実行委員会

後援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
協賛:特定非営利活動法人日本郵便文化振興機構