投稿者「吉田 敬」のアーカイブ

スタンペックスジャパン2021 展示決定作品の発表(一覧)

スタンペックスジャパン2021 [ 2021年4月10日(土)~13日(火) 、郵政博物館 ] の展示作品が決定しましたので発表します。

No 部門 Fr. 出品作品名称 出品者名 過去の最高賞
1 伝統郵趣 8 France 1849-1862 有吉伸人 国際G
2 伝統郵趣 5 新昭和切手 飯澤達男 国内G
3 伝統郵趣 5 Japan Definitives 1899-1908 内海省一 国内V
4 伝統郵趣 5 Japan Definitives 1937-1940 菊地恵実 国際V
5 伝統郵趣 5 South Korea 1945-1947 木戸裕介 国内V
6 伝統郵趣 5 和紙桜青 1銭 高橋卓雄 国内LV
7 伝統郵趣 8 Japan Definitive Issues 1914-1925 丹羽昭夫 国際G
8 郵便史 8 Early Cancellations of MIMASAKA, BIZEN, BICCYU-Han in OKAYAMA prefecture 安藤源成 国際LV
9 郵便史 5 配達証明・到達証明郵便 行徳国宏 国内LV
10 郵便史 5 Postal History of Transvaal during the Second Boer War 内藤陽介
11 郵便史 8 朝鮮半島に於ける日本の消印(1876-1945) 中野健司 国内LV
12 郵便史 5 大清国家郵政郵便史  1897-1912 藤本博嗣 国内LS
13 郵便史 5 郵便の効率化と機械化 水谷行秀 国内G
14 郵便史 5 Overseas Printed Matter 1877-1949 森田美佐子 国内V
15 郵便史 5 郵便に見る昭和  1937-1946 山本幸治
16 ステーショナリー 8 POSTAL CARDS OF JAPAN 1873-1874 斎享 国際LV
17 ステーショナリー 8 Postal Stationery of Japanese Occupation Naval Occupied Area 守川環 国内LG

スタンペックスジャパン2021
実行委員会

 

 

WEBセミナー「第3回 南方占領地のフィラテリー展 作品解説」アーカイブ配信のご案内(正会員・賛助会員 限定)

昨日、特定非営利活動法人 郵趣振興協会が後援し、南方占領地切手コレクターズクラブが主催した「WEBセミナー 第3回南方占領地のフィラテリー展 作品解説」は、27名のご参加を得て、無事開催されました。

収集人数の少ない南方占領地切手に専門家以外の方のご参加も得られ、主催者は大きな手応えを感じた様です。今後の改善に向けて、アンケートを募集していますので、ご視聴された方は、ご回答に協力してあげていただければ幸いです。

アンケート

残念ながらご視聴いただけなかった方や繰り返し見たい方の為に、こちらのセミナーの動画アーカイブ配信を、今月末まで当協会の正会員・賛助会員の皆様に提供します。

以下の方法でご覧いただけますので、ご利用ください。

(1)マイスタンペディア にアクセス
(2)以下の画面で一番右の黄色いタブ[特非)郵趣振興協会]をクリック
(3)WEBセミナーアーカイブ配信のリンクが表示されます。
(4)表示されているパスコードをご入力ください。
(5)始まりの12分ほどは無音ですので、飛ばしてご覧ください。

 

スタンペックスジャパン2021出品受付終了のお知らせ

来年(2021年)4月に開催される、全国切手展「スタンペックスジャパン2021」に対する出品申込を、2020年11月1日(日)~2020年12月17 日(火)でお受けしており、昨日で終了いたしました。

おかげさまで本年も展示上限を超えるお申し込みを頂戴しました。出品要綱 第7項に従い、展示作品の選定を行い、元旦までにお申込者に連絡すると共にホームページで発表予定ですので、しばらくお待ちください。

いよいよ本日から「第3回南方占領地のフィラテリー展」です

本日と明日の2日間の日程で開催される、郵政博物館特別コレクション展「第3回南方占領地のフィラテリー展」(12/14-15 月曜・火曜)が無事開場しました。

開場に先立ち、朝10時から会員の皆様による設営作業が行われました。当会からは菊地恵実理事が参加し、順次フレーム配置を行い、作品を丁寧にフレームに収めていきました。順調に作業が捗り、正午には展覧会をオープンすることができました。

作業にご参加いただいた方による記念撮影(この一瞬だけマスクを外しました)

オープン後の会場の様子。今回の展覧会は、2019年に逝去した故・橋本道弘氏のコレクションを展示する最初で最後の展覧会となります。

 

本展覧会は、COVID-19感染症の流行に伴う博物館の土日休館・時間短縮を受けて、大半の展覧会が中止になる中で唯一開催される2020年度の郵博展です。博物館へのご入場に際しては、マスクを着用し、入場口で手の消毒を行った上でご入館ください。

 

 

 

WEBセミナー「出品者による作品紹介」アーカイブ配信のご案内(正会員・賛助会員 限定)

第15回活動報告でご案内しましたが、特定非営利活動法人 郵趣振興協会が、2020年11月29日に主催した、「WEBセミナー 出品者による作品紹介」は、好評を博しました。

残念ながらご視聴いただけなかった方や繰り返し見たい方の為に、こちらのセミナーの動画アーカイブ配信を、今月末まで当協会の正会員・賛助会員の皆様に提供します。

以下の方法でご覧いただけますので、ご利用ください。

(1)マイスタンペディア にアクセス
(2)以下の画面で一番右の黄色いタブ[特非)郵趣振興協会]をクリック
(3)WEBセミナーアーカイブ配信のリンクが表示されます。
(4)表示されているパスコードをご入力ください。
(5)始まりの13分ほどは無音ですので、飛ばしてご覧ください。

第15回 活動報告

特定非営利活動法人 郵趣振興協会(以下「当協会」と略す。)は、その活動について広く伝えるため、3ヶ月に一度レポートを発行し、電子メール等で賛助会員にお伝えすると共に、無料でご掲載いただける雑誌媒体に同一内容を提供しております。今回より同レポートを公式ホームページでも発表させていただきます。ダウンロードしてご覧くださいますようお願い申し上げます。

活動報告対象期間:2020年9月1日~2020年12月3日

第15回活動報告 ダウンロードしてご覧ください。

 

第3回南方占領地のフィラテリー展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

12/14から12/15にかけて開催される『第3回南方占領地のフィラテリー展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

ダウンロード

 

 

展覧会詳細

展覧会名:2020年度 第1回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:第3回南方占領地のフィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:南方占領地切手コレクターズクラブ
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2020/12/14 12:00-16:00、 2020/12/15 11:00-16:00
*最終入館時刻は毎日15時半です

 

富士鹿切手発行100周年を記念する展覧会の展示作品の募集について

 万国郵便連合第 7 回総会(1920 年、スペイン)決議を受けて料金改正された 国際郵便向けの切手である『富士鹿切手』は、1922年1月1日(大正11年) に発行され、まもなく一世紀を迎えます。
 郵趣振興の為に設立された当協会では、『富士鹿切手』発行百周年を記念し、 国内の関連するコレクションを展示する展覧会を企画し、郵趣家だけでなく一 般層の来場機会も多い郵政博物館で開催することになりました。
 この展覧会への展示作品の募集要項(添付ファイル)を発表しますので、コレクションを所有 されていらっしゃる方のご参加をお待ちしております。

展覧会名 :2021年度 第3回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名 :富士鹿切手展
切手展の性格:非競争切手展

開催期間:2021/12/28(火)〜2022/1/11(火)*1
開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)

主催団体:郵政博物館、特非)郵趣振興協会
展示団体:特非)郵趣振興協会
*1 展示期間につきましては、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行状況等が原因で、博物館の 開館スケジュールが変更される可能性がございます。

 

【プレスリリース】 2021年度 郵博特別切手コレクション展の開催スケジュール決定

COVID-19の流行状況を鑑みて、過去展示を行った団体にご案内し選定手続を進めておりました、2021年度「郵博 特別切手コレクション展」につきまして、このたび開催スケジュールを共催者(郵政博物館およびNPO郵趣振興協会)において決定いたしました。

先行き見えない中であるにも関わらず、ハイクォリティかつバラエティ豊かなラインナップとなりました。まことに有難く存じます。ここに以下の通りプレスリリースを作成しましたので、お知らせいたします。みなさま是非、今から参観のご予定にお加え下さい。

各展覧会の詳細につきましては、随時、このウェブサイトに掲載してまいりますので、どうぞご注目下さい。

2021年度-郵博展-スケジュール決定について(1枚)