投稿者「吉田 敬」のアーカイブ

from 1896 to 2016 の延期について

郵政博物館が主催する『世界切手展 第3部 from 1896 to 2016』ですが、同博物館より、展示に協力する当協会に対して、開催日程を延期する旨のご連絡を頂戴いたしました。

これまでご案内していた開催予定期間:3/20(金)〜3/29(日)
今回ご連絡いただいた新しい開催期間:4/1(水)〜4/5(日)

以上の通りとなりますので、ご案内差し上げます。

PHILANIPPON 2021 の会場・日程が発表

3月10日、日本郵趣協会は、同社HPにて、世界切手展PHILANIPPON2021の会場・日程を発表しました。

会場:パシフィコ横浜 展示ホールB,C(横浜市)
日程:2021/8/25-8/30

本件、日本郵便のHPには掲載されていませんが、日本郵趣協会は同展実行委員会の主力であることと、電話取材した上で確認が取れた事から、掲載します。

配布済みのこちらのスタンペックスジャパン2020 の招待券は、延期された4/3-5にもお使いいただけます。

スタンペックスジャパン2020の宣伝の一貫で、切手商や郵趣メディアを通じて、以下の図のようなご招待券を1月から2月にかけて千枚以上配布させていただきました。

こちらの招待券は「新日程である4/3-5にも使えますか?」というご質問を頂戴しました。

券面に記載された通り、こちらのチケットは、2/22から4/5まで有効な郵政博物館の招待券です。スタンペックスジャパン2020の延期日程である4/3-4/5も当該期間に含まれ、変わらずご利用いただけますことを改めてご案内申し上げます。

 

 

 

第12回 活動報告

特定非営利活動法人 郵趣振興協会(以下「当協会」と略す。)は、その活動について広く伝えるため、3ヶ月に一度レポートを発行し、電子メール等で賛助会員にお伝えすると共に、無料でご掲載いただける雑誌媒体に同一内容を提供しております。今回より同レポートを公式ホームページでも発表させていただきます。ダウンロードしてご覧くださいますようお願い申し上げます。

活動報告対象期間:2019年12月6日~2020年3月4日

第12回活動報告 ダウンロードしてご覧ください。

 

NZ 2020 の出品作品が発表されました

NZ 2020 実行委員会は、2020年3月19-22日にニュージーランド・オークランド市で開催する「NZ 2020」にて展示する作品の一覧を発表しました。(こちら

同一覧より日本からの出品を選択してご紹介いたします。

部門 作品名 F 作品オーナー
チャンピオン Japan Definitives 1883-1892 8 Inoue, Kazuyuki
伝統郵趣 Ryukyu Air Mail Stamps 1950-60 5 Ishizawa, Tsukasa
伝統郵趣 Imperial Korea 1884-1905 5 Iwasaki, Zenta
伝統郵趣 Japan Definitive Issues 1914-1925 8 Niwa, Akio
伝統郵趣 Japan Definitives 1922-1937 8 Yoshida, Takashi
伝統郵趣 Romania “King Ferdinand I” Series 1920-1926 8 Itabashi, Yuki
郵便史 Mails between Japan and USA Until 1941 5 Komiyama, Satoshi
郵便史 Austrian Inflation 1921-1925 5 Ito, Fumihisa
ステーショナリ Commemorative Postal Cards of Japan 5 Sudani, Nobuhiro
テーマティク The Development Story of Floriculture 5 Kanomi, Satoko
テーマティク Following the Tracks on City Roads … 8 Enosawa, Yuichi
オープン Tonga Tin Can Mail History 1882-1947 8 Inoue, Kazuyuki
文献 How to Make Your Exhibit for JAPEX 0 Enosawa, Yuichi
文献 Gems on Paper 0 Shoda, Yukihiro
文献 Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol.1, Vol.2 and Vol.3 0 Japan Philatelic Society Foundation

スタンペックスジャパン2020小型印の使用日程の変更について

本日夕方、日本郵便の「小型印」に関するホームページで、当スタンペックスジャパン2020小型印の使用日程の変更についてお知らせが掲載されました。

小型印の使用日程が、当初予定の3/6(金)~3/7(土)から4/3(金)~4/4(土)に変更となりましたので、お知らせします。(なお、日本郵便のホームページでは「開催期間が変更」と表示されていますが、「小型印の使用期間が変更」と読み替えてください)

スタンペックスジャパン2020延期日程確定のご案内

2月28日にスタンペックスジャパン2020の開催延期をご案内しましたが、本日午後、延期日程について確定いたしました。その中で、『4月3日〜5日を候補とした日程への延期を現在、郵政博物館と調整』中だった詳細が確定しましたので、ご案内いたします。

スタンペックスジャパン2020の新しいスケジュール

会期:
 2020年4月3日(金) 10時〜17時半*最終入場17時
 2020年4月4日(土) 10時〜17時半*最終入場17時
 2020年4月5日(日) 10時〜16時半
セミナー:
 2020年4月5日(日) 10時半〜(クリティーク含む)

*博物館の臨時休館(3月19日まで)終了時点で新型コロナウイルス感染症の状況を見て、再度、延期・中止を行う可能性がございます。
*ジャパンフィラテリストサミットとディーラーブースは今年は開催しません。
*作品提出日時については別紙の通りです。

 

スタンペックスジャパン2020延期のご案内

新型コロナウイルス感染症が拡大している中、当協会でも2月25日にジャパンフィラテリストサミット2020の開催を中止するなど対応をとってまいりました。

しかしながら、これに加えて26日(水)に、首相記者会見で今後2週間の大規模イベントの「中止」「延期」要請があり、国立博物館をはじめとする文化施設の休館が決まる中で、本日午前11時半頃に、郵政博物館の臨時休館(3月2日〜19日)が決定いたしました。

開催一週間前のご案内となり、大変心苦しいのですが、この決定により『スタンペックスジャパン2020』は、予定通りの開催ができなくなり、4月3日〜5日を候補とした日程への延期を現在、郵政博物館と調整しております。

ご参観を予定されていた皆様には、お詫び申し上げると共に、まずは速報をお知らせいたします。延期日程の詳細は、郵政博物館との協議が終了し次第、お知らせいたします。

 

 

 

スタンペックスジャパン2020 公式参観ガイド【ダウンロード可】

(2.28追記)
=ここから===
本展覧会は延期が決定しました。詳細はこちらをご覧ください。
=ここまで===

 

3/6から3/10にかけて開催される全国切手展『スタンペックスジャパン2020 』の公式参観ガイドが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

ダウンロード

スタンペックスジャパン2020におけるセミナー・クリティークの形式の変更について

スタンペックスジャパン2020 の開催まで十日を切りました。多くの方に、ご興味・ご関心を持っていただき、準備は順調に進んでおります。

一方で、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑みて、先週より当協会内で開催可否の検討を行なっておりました。その結果、感染症予防の観点から、狭いエリアに人が密集する催事の一部については、形式の変更を行い、開催を行う事としましたので、ご報告申し上げます。

・3/8(日)に開催を予定している特別セミナーについては、狭いエリアに人が密集することを避ける為、資料配布に企画を変更して実施します。既に講師陣は資料作成に取り掛かっており、出品者の皆様には(たとえ会場にお越しいただかなくても)ご提供いたします。

・3/8(日)に開催を予定しているクリティークについては、狭いエリアに人が密集することを避ける為、また本来のクリティークの意義を高める為、審査員と出品者の1対1の対話として実施いたします。審査員と該当出品者の方は、1メートル程度離れた場所での見学は可としますが、審査員と当該出品者の会話への参加は禁止いたします。


この点を除き、全国切手展『スタンペックスジャパン2020』 は、予定通り作品展示と審査を実施いたします。

郵政博物館も、入居しているソラマチ施設の閉鎖という事態にならない限り開館が維持される予定ですが、今後の状況次第で、現時点で実施を予定している催事(ディーラーブース含む。)についても変更する可能性がございます。今後の変更については、スタンペックスジャパン2020 のホームページに掲載するとともに、適宜周知いたします。