投稿者「吉田 敬」のアーカイブ

第7回ヨーロッパ切手展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

10/12から13にかけて開催される『第7回ヨーロッパ切手展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

ダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第6回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:第7回ヨーロッパ切手展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:ヨーロッパ切手展実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2019/10/12,13 10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

ステーショナリー展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

10/5から6にかけて開催される『ステーショナリー展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

ダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第5回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:ステーショナリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:ステーショナリー展実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2019/10/5,6 10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

オーストラリアで2021年に開催される国際展について

アジア郵趣連盟(FIAP)のホームページにて、掲題の件及びアラブ首長国連邦で2020年に開催されるUAE2020について掲載があります。

こちらについて、当協会で、FIAP及び加盟団体ホームページなどを調査し、現時点で判明している内容をご案内いたします。

展覧会名:MELBOURNE 2021

開催地 :オーストラリア・メルボルン市

開催時期:2021年2月

FIAP Patronageの展覧会であり、同展覧会はアジア展ではありますが、その結果をもって世界展に望むことができる展覧会です。

 

なお、UAE2020については展覧会名と主催国以上の情報は見つかりませんでした。

 

『切手コレクション展示パネル』改修委員会 より活動のご報告 その2

当協会では、3月に吉田敬代表理事を委員長とする『切手コレクション展示パネル』改修委員会 を設置し、郵政博物館の担当者、外注先も交えて、所有する『切手コレクション展示パネル』の一斉回収を今夏実施する方向で準備を進めてまいりました。今回の報告は、前回(6/27)の報告に継ぐものです。

改修は、大きく(1)改修部品6パーツの調達と(2)改修部品の工作/設置に分かれます。(1)の全ての確保の可能性およびその予算規模が本改修の成否を決める重要な点でしたが、関係各位のご協力により、前回報告後の2ヶ月間で全てのパーツの決定ならびに調達が完了いたしました。また、(2)の改修部品の工作作業についても、その大半の取り付けが完了いたしました。

一連の活動につきましては、当協会側は吉田代表理事が委員長として関与しておりますが、大半の事務・作業について、郵政博物館の担当者のご尽力に寄るところが大きかったことをご紹介させていただきます。

今後の予定について、本日、郵政博物館で作業ならびに打ち合わせをしてまいりましたが、10月に二回開催予定の郵博 特別切手コレクション展から、新しいパネルで開催する計画は問題なく進めることができる見込みです。また、一回の展示が40フレームを越える展覧会の開催は過去には困難でしたが、今後は可能になる見込みです。

経費面では、本改修にあたり、最大費用を150万円と見込んでおりましたが、その金額の範囲内で全ての改修作業を完了できると現時点では見積もっており、借入を実施せずに改修プロジェクトを完了できる見込みです。

『切手コレクション展示パネル』改修委員会
委員長 吉 田 敬

2019年度 郵博特別コレクション展の変更について

本年度の郵博特別コレクション展について、1つの展覧会の開催中止が決定いたしましたので、お知らせいたします。


2019年度「郵博 特別コレクション展」につきまして、このたび「製造面勉強会ワークショップ展」の開催中止を共催者(郵政博物館およびNPO法人郵趣振興協会)において決定いたしましたので、お知らせいたします。

 

2018年度 事業報告書等を東京都知事に提出

特定非営利活動法人郵趣振興協会は、関係法令及び定款の定めるところにより、2019年7月11日(木)に「2018年度 事業報告書等」を東京都知事に提出いたしました。

当法人の、2018年度は「2018年4月1日から2019年3月31日」までとなっております。

提出書類をご覧になりたい方は、以下をクリックしてご覧ください。

【特定非営利活動法人郵趣振興協会 2018年度 事業報告書等】

(1)2018年度事業報告書等提出書、事業報告書、活動計算書

(2)2018年度計算書類の注記、貸借対照表、財産目録

※ 役員名簿と社員名簿については個人情報が含まれるため、住所情報が削除されたものを東京都のウェブサイト上からご覧ください。なお、役員名簿(当法人役員は全員、無報酬で従事しています)はこのサイト上にも掲載されています。

また、事業報告書等の内容について、ご質問のある会員の方は、ご遠慮なく当法人あてにメールでご照会ください。少々お時間を頂戴いたしますが、後刻、ご返事を差し上げることとしております。

 

『切手コレクション展示パネル』改修委員会 より活動のご報告

3ヶ月ごとに発行する『郵趣振興協会 活動報告』で既報の通り、当協会では、3月に吉田敬代表理事を委員長とする『切手コレクション展示パネル』改修委員会 を設置し、郵政博物館の担当者、外注先も交えて、所有する『切手コレクション展示パネル』の一斉回収を今夏実施する方向で準備を進めてまいりました。

改修は、大きく(1)改修部品6パーツの調達と(2)改修部品の工作/設置に分かれます。(1)の全ての確保の可能性およびその予算規模が本改修の成否を決める重要な点でしたが、関係各位のご協力により、この3ヶ月間で大きく進捗し、塩ビ枠をパネル本体に設置するための「金具」以外の5パーツについては全て目処がつきましたので、途中経過としてご報告いたします。

6月までの進捗は以上となりますが、今後引き続き、最後のパーツとなる「金具」の調達を行なった上で、7月中旬以降、(2)を開始し、改修された『切手コレクション展示パネル』で秋以降の郵博 特別切手コレクション展は開催する予定で進めております。

なお、本改修にあたりましては、特定非営利活動法人 郵趣振興協会 設立以来の賛助会費の繰越金額等から設立3年目となる本年は150万円までの費用負担に耐えられると考えて開始いたしましたが、借入をせず、この金額の範囲内で全ての改修作業を完了できるのではないかと現時点では見積もっております。

『切手コレクション展示パネル』改修委員会
委員長 吉 田 敬

【国際切手展情報】 CHINA 2019 (FIP展) 受賞結果抜粋

グランプリ受賞結果

Grand Prix National
The 1897 Red Revenue Surcharges of China, Ding Jinsong

Grand Prix International
Australia: Private Printing Period in Victoria 1850-1859, Nagai Masayasu(永井正保)
その他の候補作品(調査中)

Grand Prix D’Honneur
The Postal History of Mongolia (1755-1921), Wei Gang
その他の候補作品
Geneva from the Cantonal Post to the Federal Post 1839-1862
Railway Postmarks of the Russian Empire from 1852 to 1917

 

日本からの出品作品の受賞結果

なお、会場での確認を含めて、現時点までに確認できた日本からの出品作品の受賞結果は以下の通りです。

部門 作品名称 F 作品オーナー 受賞結果
伝統郵趣 AOA Australia: Private Printing Period in Victoria 1850-1859 8 Nagai Masayasu LG+GPIC
伝統郵趣 AOA Japan Definitive Issues 1914-1925 8 Niwa Akio G
伝統郵趣 AOA Japan Definitives: Vocational Series 8 Sudani Nobuhiro G
伝統郵趣 AOA Japan Old Koban Series 1876-1879 8 Tabata Yuji G
伝統郵趣欧州 Slovenia 1919-1920, The First Issue 5 Enosawa Yuichi LS
伝統郵趣欧州 Kingdom of Prussia 1850-1867 8 Yoshida Takashi G
伝統郵趣アメリカ Hawaii, The Bank Note Issues 5 Yamazaki Fumio LV
郵便史AOA Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1865-1905 8 Itoh Sumihide LV
郵便史AOA Indian Campaigns 8 Koiwa Akihiko G+SP
郵便史欧州 Hungarian Inflation 1945-1946 8 Ito Fumihisa G+SP
ステーショナリ Postal Cards of Japan 1873-1874 Cherry Blossom Issue 5 Sai Touru LV
テーマティク Our Rotating Foot in Cities: Tramway 8 Enosawa Yuichi G
オープン Tonga Tin Can Mail History 1882-1947 5 Inoue Kazuyuki G
文献 How to make your exhibit for Japex (Japan Philatelic Exhibition as
one of national exhibitions in Japan)
Enosawa Yuichi 未着
文献 Gems on Paper Shoda Yukihiro S
文献 Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol 1, Vol 2, Vol 3 Japan Philatelic Society,
Foundation
未着

 

役員の退任・新任のお知らせ

有吉 伸人 監事より、関西への転勤に伴い、当協会の事業への関わりが難しくなることから退任の お申し出がありました。これに伴い、2019年 5 月に総会を開催し、新しい監事に横山 裕三 さんを 選出いたしました。

なお横山 裕三 監事の任期は、有吉 伸人 監事の残任期間である 2019 年度末までとなります。

役員体制

なお、このページは、ホームページ右上の「団体概要」を押した先のページからも行くことができます。

郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2020年度 展示団体の募集について

郵政博物館と特定非営利活動法人郵趣振興協会は、郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2020年度 展示団体の募集を6月15日より開始いたします。

お申し込みにあたっては、募集要項をダウンロードしていただいた上で、10月15日までに申込用紙1枚をご提出ください。

郵博特別切手コレクション展2020年度募集要項(PDF、全4ページ)

 

 

(参考:募集要項抜粋)
*応募は、全3ページの募集要項内容をご了解いただいた上で、行ってください。

  1. 会場:郵政博物館 多目的スペース
  2. 募集会期:
    提出用書類2枚目に候補予定日が記載されています。 展覧会会期は土-日曜日の2日間を原則とします。会期初日を金曜日以前に早めることもス ケジュールによって可能です。希望する場合はご相談ください。
  3. 開催時間: 特別切手コレクション展の開催時間は、郵政博物館の開館時間である午前10:00-午後5:30 と同一です。なお会期初日の開始時間だけ、設営の為、午後1時とすることができます。 最終日も必ず17時30分まで開催し、撤去は閉館後1時間30分以内(遅くとも19時まで) で実施していただきます。
  4. 展示規模・設備 :40フレーム(1フレーム16リーフ)を原則とします。
  5. 展示団体負担金:50,000円 特別切手コレクション展の運営に関する実務は、博物館と本事業を共催する協会が担当 します。協会は非営利組織ですが、当該事務に要する諸経費相当額として、出展決定後に 50,000円の展示団体負担金を申し受けます。
  6. 展示団体負担金の減額 展示団体の申込者が、当協会の賛助会員である場合、展示団体負担金を一万円減額します。
  7. 申込期間・方法
    出展申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、協会あてご提出願います。 申込期間は、2019年6月15日から2019年10月15日の間とします。(必着) 出展の可否につ きましては、協会理事会において審査・選定作業を行った上で、1か月後を目処に決定し 結果をご連絡致します。
  8. お問合せ・申込み先 協会は限られた人的資源で運営されていますので、本事業に申し込まれる方は原則として 電子メールによる日常的な連絡・調整に支障のない方に限ります。また、本事業の実務は 全て協会が担当します。会場となる郵政博物館への直接のお問い合わせはできません。
  9. 2年連続して開催する展示団体の優遇 2年連続して開催する展示団体が前年と同時期の展示を希望する場合は、他の展示団体よ り優先的に開催時期を割りあてます。但し主催者行事が入る場合は、優遇致しかねます。
    ・連絡先Eメール info@kitte.com
    ・郵送物等の送付先 〒102-0083 海事ビル内郵便局留置
    特定非営利活動法人 郵趣振興協会 郵博特別展係