記念特殊切手コレクション展(10/7-9)来場者プレゼントのご案内

会期が来月(10/7-9)に迫った「記念特殊切手コレクション展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、来場者へのプレゼントのご案内がありましたので、ご紹介いたします。

来場者プレゼント品(各日先着20名様)

【国際切手展情報】2018年5月にエルサレムで国際競争切手展の開催が決定

当法人が本年1月と2月に報告した、イスラエルで2018年に開催される国際切手展について、主催者より、FIP(国際郵趣連盟)の役員会議(2018/8/7,バンドン)にて、FIP Patronageで開催することが決定した旨の公式発表がありましたので、お知らせいたします。

参考
【国際切手展情報】2018年、テルアビブ展に関する追加情報(2017.2.6)
【国際切手展情報】2018年の世界展スケジュールにテルアビブ展が追加(2017.1.20)

概要
名称:World Stamp Championship Israel 2018
会期:2018/05/27(日)-31(木)
会場:エルサレム国際展示場(地図)

競争展開催クラス
 1. World Stamp Championship
 2. 伝統郵趣
  A聖地イスラエル B欧州 Cアジアオセアニアアフリカ Dアメリカ
 3. 郵便史
  A聖地イスラエル B欧州 Cアジアオセアニアアフリカ Dアメリカ
 4. 現代郵趣(1980年以降) A伝統 B郵便史
 5. 文献
 *テーマティク部門は開催されません。

ホームページ
 WSC Israel 2018
 FEPA

当協会からは、実行委員会メンバーとも仲の良い、池田・吉田の2名が同展覧会を参観予定です。展示一覧や結果などがわかりましたら本ブログでお知らせしたいと思います。

当協会、フィラテリー必需品サプライ事業、2017年6-8月の報告

掲題の件を取りまとめました。
[期間: 2017/06/01 – 2017/08/31]

注文商品数 80個
(内訳)
マウント  61
コーナー  5
ヒンジ   14

注文商品の総額 89,000円

NPO郵趣振興協会では、フィラテリーの持続可能性を高めるために、本事業を今後も行って参ります。なお、当協会の同事業の詳細については以下をご覧ください。

3月より当協会「フィラテリー必需品サプライ事業」いよいよ開始!

アマゾンにおけるフィラテリー必需品の販売ページ

日本の記念特殊切手コレクション展 展示作品一覧

展示団体(出展者)より展示作品一覧をご連絡頂きました。

展覧会名:2017年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:日本の記念特殊切手コレクション展

開催期間:
2017/10/7(土)13:00-17:30
2017/10/8-9(日・月祝)10:00-17:30
*入場は17:00まで

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、特定非営利活動法人郵趣振興協会
展示団体:記念特殊切手研究会

展示作品一覧

作品名 F オーナー名 概要
記念切手に見る日本戦後史‐日本国憲法施行から大阪万博まで‐ 4 大久保幸夫 記念切手発行の歴史を辿ることで戦後日本史を辿る。切手+関係資料+写真で紹介。
第1次国立公園(戦前)-発売局使用例- 5 池田駿介 発売制限方式が取られた戦前の国立公園切手の使用例を単片・エンタイアを用いて展示。
第1次国立公園(戦後)-発行面と使用例- 5 神宝浩 第1次国立公園のうち戦後発行分を展示。各種使用例を中心に、発行関連のマテリアルも適宜取り上げた。
国際文通週間1958-1969 〜廣重と北斎〜 2 神田明彦 安藤廣重と葛飾北斎を図案に採用した初期国際文通週間12種について、どのように図案化されたのかを見るとともに、実逓使用例を示した。
東京オリンピック 3 神田明彦 1964年オリンピック東京大会の開催準備〜実施までの出来事について、実逓使用例を中心とした郵趣アイテムと他の資料も交えて構成している。
書状50円時代の記念切手 1976-1980 3 吉田敬 1976-80年に発行された記念切手162種を満月印や使用例を中心に展開した抜粋コレクション。
昭和30年代記念特殊切手の製造面要素 -目打型式とグラビアスクリーン‐ 5 永吉秀夫 工業技術の著しい発展期に登場した記念特殊切手の製造面バラエティを紹介する。記念切手は製造面も面白い。
昭和30年代記念特殊切手の製造面要素 -定常変種と目打型式による窓口シートの分類- 4 横山裕三 各切手の窓口シートは、定常変種と目打型式によって4面に分類できることを一部の切手から抜粋して示す。
年賀切手1936-1971 5 水谷行秀 年賀切手を旧来の手法でまとめた作品。単片でも小型シートの特徴が現れているものを示した。
ふるさと切手 花 62円 4 斎享 日本の消印の中で最大のバラエティの時期に発行されたふるさと切手花62円を満月消印で表現。

*F=フレーム数

*やむをえず展示内容が変更されることがあります

郵博 特別切手コレクション展の開催期間の変更について

本年10月に開催される下記の展覧会について、開催期間を二日から三日に延長することになりましたので、お知らせいたします。

展覧会名称:2017年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
展示の名称:日本の記念特殊切手コレクション展
展示団体名:記念特殊切手研究会

開催期間
 旧)  :2017/10/7-8(土・日)
 新)  :2017/10/7-9(土・日・月祝)

5口以上賛助会員の皆様対象の「2017年度特別ご優待」について(ご案内)

特定非営利活動法人郵趣振興協会 は、2017年度賛助会員にご加入頂いた皆様のうち、5口以上のご協力をいただい た皆様に対しまして、通常のご優待内容に加え、以下の要領にしたがって2つの「特別ご優待」をご用意することとなりま したの 、ここにご案内申し上げます。多くの皆様のご加入をお待ちしております。

5口以上賛助会員の皆様への優待プランご案内

【国際切手展情報】BANDUNG 2017(世界展)展示作品一覧

本年(2017年)8月3日から8月7日にかけて、インドネシア・バンドン市のトランス・スタジオ・コンベンションセンターで開催される、世界切手展 BANDUNG 2017 の展示リスト(出品点数:XXX)が、公式ホームページにて公開されました。

バンドン2017展示作品リスト

詳細は上記公式ページをご覧いただければと思いますが、皆様の利便の為に、日本からの出品だけを抽出して掲載いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

部門orタイトル F 出品者
●伝統郵趣(蘭印、インドネシア)
Japanese Occupation in Java 1942-1945 8 Masuyama Saburo
●伝統郵趣(アジア、オセアニア、アフリカ)
Japan : Tazawa Series “Taisho” Watermarked Granite Paper, Old Die 5 Niwa Akio
Japanese Occupation of the Philippines 1942-1945 5 Kaburaki Akira
Japan Chrysanthmum Series 1899-1908 5 Murayama Kousuke
Japan : Showa Series, 1937-46 8 Itoh Sumihide
Japan Showa Issues 1937-1947 5 Wada Teruhiro
Ryukyus Air Mail Stamps 1950-60 5 Ishizawa Tsukasa
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues 8 Yamada Yuji
●伝統郵趣(ヨーロッパ)
Napoleon non laure France 1852-1862 5 Ariyoshi Nobuto
Kingdom of Prussia 1850-1867 5 Yoshida Takashi
●伝統郵趣(アメリカ)
Republica Argentina : Sitting Liberty Series 1899- 1903 5 Sato Koichi
●郵便史(アジア、オセアニア、アフリカ)
Postal History of the Cape of Good Hope 5 Ikeda Kenzaburo
Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1865-1905 8 Itoh Sumihide
Japan Courier Mail (Previous title: The Japanese Couriers 1601-1873) 8 Yamazaki Yoshiyuki
●郵便史(ヨーロッパ)
Hungarian Inflation 1945-1946 8 Ito Fumihisa
●郵便史(アメリカ)
The U. S. Return Receipt Requested & Avis de Reception 1866-1945 5 Wada Fumiaki
●テーマティク(カルチャー)
CZESLAW SLANIA The great works of his engraving stamps (Previous title: Czeslaw Slania – The World of Engraving Stamps) 5 Murayama Ryoji
A History of Hong Kong 8 Naito Yosuke
●テーマティク(テクノロジー)
Tramway – The Origin of Transport 8 Enosawa Yuichi
●文献(単行本)
Japan Hand Engraved Stamps 1871-1876 Narumi Co.,
Japan Courier Mail Narumi Co.,
●文献(雑誌)
Stampedia Philatelic Journal Stampedia, inc.
●文献(カタログ)
Visual Japanese Stamp Catalog Vol.1, Vol.2, Vol.3, Vol.4, Vol.5 Japan Philatelic Society, Foundation
Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol.1 Japan Philatelic Society, Foundation
Encyclopedia of Japanese Scenic Cancellations 1931- 2017 Vol.1, Vol.2 Japan Philatelic Society, Foundation
Encyclopedia of Japanese Showa Issues 1942-1952 Narumi Co.,

 

当協会、フィラテリー必需品サプライ事業、2017年5月の報告

掲題の件を取りまとめました。
[期間:2017/05/01−末日]

注文商品数 9個
(内訳)
マウント  4
コーナー  2
ヒンジ   3

注文商品の総額 10,940円

NPO郵趣振興協会では、フィラテリーの持続可能性を高めるために、本事業を今後も行って参ります。なお、当協会の同事業の詳細については以下をご覧ください。

3月より当協会「フィラテリー必需品サプライ事業」いよいよ開始!

アマゾンにおけるフィラテリー必需品の販売ページ

郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2018年度 展示団体の募集を開始

郵政博物館と特定非営利活動法人郵趣振興協会は、郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2018年度 展示団体の募集を本日より開始いたします。

お申し込みにあたっては、募集要項をダウンロードしていただいた上で、9月末日までに3枚の用紙をご提出ください。

郵博特別切手コレクション展2018年度募集要項(PDF、全6ページ)

 

 

(参考:募集要項抜粋)
*応募は、全6ページの募集要項内容をご了解いただいた上で、行ってください。

  1. 会場:郵政博物館 多目的スペース
  2. 募集会期:
    提出用書類2枚目に候補予定日が記載されています。 展覧会会期は土-日曜日の2日間を原則とします。会期初日を金曜日以前に早めることもス ケジュールによって可能です。希望する場合はご相談ください。
  3. 開催時間: 特別切手コレクション展の開催時間は、郵政博物館の開館時間である午前10:00-午後5:30 と同一です。なお会期初日の開始時間だけ、設営の為、午後1時とすることができます。 最終日も必ず17時30分まで開催し、撤去は閉館後1時間30分以内(遅くとも19時まで) で実施していただきます。
  4. 展示規模・設備 :40フレーム(1フレーム16リーフ)を原則とします。
  5. 展示団体負担金:50,000円 特別切手コレクション展の運営に関する実務は、博物館と本事業を共催する協会が担当 します。協会は非営利組織ですが、当該事務に要する諸経費相当額として、出展決定後に 50,000円の展示団体負担金を申し受けます。
  6. 展示団体負担金の減額 展示団体の申込者が、当協会の賛助会員である場合、展示団体負担金を一万円減額します。
  7. 申込期間・方法
    出展申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、協会あてご提出願います。 申込期間は、2017年6月1日から2017年9月30日の間とします。(必着) 出展の可否につ きましては、協会理事会において審査・選定作業を行った上で、1か月後を目処に決定し 結果をご連絡致します。
  8. お問合せ・申込み先 協会は限られた人的資源で運営されていますので、本事業に申し込まれる方は原則として 電子メールによる日常的な連絡・調整に支障のない方に限ります。また、本事業の実務は 全て協会が担当します。会場となる郵政博物館への直接のお問い合わせはできません。
  9. 2年連続して開催する展示団体の優遇 2年連続して開催する展示団体が前年と同時期の展示を希望する場合は、他の展示団体よ り優先的に開催時期を割りあてます。但し主催者行事が入る場合は、優遇致しかねます。
    ・連絡先Eメール info@kitte.com
    ・郵送物等の送付先 〒102-0083 海事ビル内郵便局留置
    特定非営利活動法人 郵趣振興協会 郵博特別展係

 

2017/6/15追記)募集期間を2017/9/30まで延長いたしました。

【ダウンロード可】昭和切手発行80周年記念展 展示作品解説パンフレット

6/3から6/4にかけて、開催される『昭和切手発行80周年記念展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

こちらは当日、会場となる郵政博物館でも白黒印刷のものを先着300名様に配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版(カラー)もご用意しました。

参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2017年度 第3回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:昭和切手発行80周年記念展

開催期間:2017/6/3-4(土日)10:00-17:30
開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
*最終入館時刻は17時までです

主催団体:郵政博物館、特定非営利活動法人 郵趣振興協会
展示団体:昭和切手発行80周年記念展実行委員会

後援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社
協賛:特定非営利活動法人日本郵便文化振興機構