日本の記念特殊切手コレクション展 本日最終日

第4回郵博特別切手コレクション展「日本の記念特殊切手コレクション展」(展示団体:記念特殊切手研究会)は、10/7-9の会期で郵政博物館多目的ホールで開催されており、本日が最終日となります。

おかげさまで大盛況のうちに二日間を終えることができましたが、残念ながら本日17:30で閉幕となります。(郵政博物館への最終入場時刻は17:00ですのでお気をつけください)

本日も午前十時より皆様のご来場をお待ち申し上げます。

日本の記念特殊切手コレクション展 開場

第4回郵博特別切手コレクション展「日本の記念特殊切手コレクション展」(展示団体:記念特殊切手研究会)が本日より開場いたしました。当初は午後からの開場をご案内しておりましたが、設営が順調に進み、午前11時半には開場することができました。

この展覧会は、今年で設立10年を迎える記念特殊切手研究会による初の単独切手展で、40フレームの記念特殊切手コレクションが展示されています。

朝10時に集合して、順調に作業をこなし、予定より一時間半はやい開場にこぎつけました。作業をされた研究会のみなさま、お疲れ様でした。

この展覧会は本日より、来週月曜(祝日)までの三日間開催されます。どうぞご参観にいらしてください。(展示作品の掲載されたパンフレットを事前ダウロードできます。)

「心をつないだ年賀郵便の歩み ― そして未来へ」展 展示作品一覧

展示団体(出展者)より展示作品一覧をご連絡頂きました。

展覧会名:2017年度 第5回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:「心をつないだ年賀郵便の歩み ― そして未来へ」展

開催期間:
2017/11/11(土)13:00-17:30
2017/11/12(日)10:00-17:30
*入場は17:00まで

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、特定非営利活動法人郵趣振興協会

展示作品一覧

作品名 F オーナー名 概要
年賀状の歴史 8 安井浩司 開国により日本の近代化が本格化する嘉永7年(1854年)から戦後までの激動の日本の歴史を年賀状から振り返ります。
小判葉書の年賀状 3 那須伊允 明治9年に発行された小判葉書に限定した年賀状で、当時の郵便印、裏面の絵画、略暦等見て楽しいものを選択展示した。
28年年賀切手「御所人形」 3 横山裕三 年賀切手のうち、版欠点(定常変種)が最も多い昭和28年用に特化して、普通シート及び小型シートの分類を試みた。
年賀切手1936-1971 5 水谷行秀 年賀切手を旧来の手法でまとめた作品。単片でも小型シートの特徴が現れているものを示した。
年賀状の郵便史 8 吉田敬 経営の観点から年賀郵便の歴史をダイナミックに描いた郵便史作品です
昭和11〜31年用年賀切手 8 粟篤吉 昭和31年までの年賀切手です。大量生産・配布により生じた、多種のバラエティーや使用例を紹介します。
戦前絵入年賀印 4 粟篤吉 年賀状早期差立て奨励のため、昭和10〜13年に専用印が作られました。絵入で見た目に楽しく、機械印は後年に流用されてます。

*F=フレーム数

上記作品に加えて、郵政博物館の持つ、年賀郵便に関連する貴重な収蔵品を特別展示予定です。

*やむをえず展示内容が変更されることがあります

【ダウンロード可】記念特殊切手コレクション展 展示作品解説パンフレット

10/7から10/9にかけて、開催される『記念特殊切手コレクション展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でも白黒印刷したパンフレットを先着300名様に配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版(カラー)もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2017年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:記念特殊切手コレクション展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、特定非営利活動法人 郵趣振興協会
展示団体:昭和切手発行80周年記念展実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2017/10/7-9(土日月祝)10:00-17:30
*10/7の開始時刻は13時です
*最終入館時刻は毎日17時です

記念特殊切手コレクション展(10/7-9)来場者プレゼントのご案内

会期が来月(10/7-9)に迫った「記念特殊切手コレクション展」の実行委員会のみなさま(コレクション・オーナー)から、来場者へのプレゼントのご案内がありましたので、ご紹介いたします。

来場者プレゼント品(各日先着20名様)

【国際切手展情報】2018年5月にエルサレムで国際競争切手展の開催が決定

当法人が本年1月と2月に報告した、イスラエルで2018年に開催される国際切手展について、主催者より、FIP(国際郵趣連盟)の役員会議(2018/8/7,バンドン)にて、FIP Patronageで開催することが決定した旨の公式発表がありましたので、お知らせいたします。

参考
【国際切手展情報】2018年、テルアビブ展に関する追加情報(2017.2.6)
【国際切手展情報】2018年の世界展スケジュールにテルアビブ展が追加(2017.1.20)

概要
名称:World Stamp Championship Israel 2018
会期:2018/05/27(日)-31(木)
会場:エルサレム国際展示場(地図)

競争展開催クラス
 1. World Stamp Championship
 2. 伝統郵趣
  A聖地イスラエル B欧州 Cアジアオセアニアアフリカ Dアメリカ
 3. 郵便史
  A聖地イスラエル B欧州 Cアジアオセアニアアフリカ Dアメリカ
 4. 現代郵趣(1980年以降) A伝統 B郵便史
 5. 文献
 *テーマティク部門は開催されません。

ホームページ
 WSC Israel 2018
 FEPA

当協会からは、実行委員会メンバーとも仲の良い、池田・吉田の2名が同展覧会を参観予定です。展示一覧や結果などがわかりましたら本ブログでお知らせしたいと思います。

当協会、フィラテリー必需品サプライ事業、2017年6-8月の報告

掲題の件を取りまとめました。
[期間: 2017/06/01 – 2017/08/31]

注文商品数 80個
(内訳)
マウント  61
コーナー  5
ヒンジ   14

注文商品の総額 89,000円

NPO郵趣振興協会では、フィラテリーの持続可能性を高めるために、本事業を今後も行って参ります。なお、当協会の同事業の詳細については以下をご覧ください。

3月より当協会「フィラテリー必需品サプライ事業」いよいよ開始!

アマゾンにおけるフィラテリー必需品の販売ページ

日本の記念特殊切手コレクション展 展示作品一覧

展示団体(出展者)より展示作品一覧をご連絡頂きました。

展覧会名:2017年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:日本の記念特殊切手コレクション展

開催期間:
2017/10/7(土)13:00-17:30
2017/10/8-9(日・月祝)10:00-17:30
*入場は17:00まで

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、特定非営利活動法人郵趣振興協会
展示団体:記念特殊切手研究会

展示作品一覧

作品名 F オーナー名 概要
記念切手に見る日本戦後史‐日本国憲法施行から大阪万博まで‐ 4 大久保幸夫 記念切手発行の歴史を辿ることで戦後日本史を辿る。切手+関係資料+写真で紹介。
第1次国立公園(戦前)-発売局使用例- 5 池田駿介 発売制限方式が取られた戦前の国立公園切手の使用例を単片・エンタイアを用いて展示。
第1次国立公園(戦後)-発行面と使用例- 5 神宝浩 第1次国立公園のうち戦後発行分を展示。各種使用例を中心に、発行関連のマテリアルも適宜取り上げた。
国際文通週間1958-1969 〜廣重と北斎〜 2 神田明彦 安藤廣重と葛飾北斎を図案に採用した初期国際文通週間12種について、どのように図案化されたのかを見るとともに、実逓使用例を示した。
東京オリンピック 3 神田明彦 1964年オリンピック東京大会の開催準備〜実施までの出来事について、実逓使用例を中心とした郵趣アイテムと他の資料も交えて構成している。
書状50円時代の記念切手 1976-1980 3 吉田敬 1976-80年に発行された記念切手162種を満月印や使用例を中心に展開した抜粋コレクション。
昭和30年代記念特殊切手の製造面要素 -目打型式とグラビアスクリーン‐ 5 永吉秀夫 工業技術の著しい発展期に登場した記念特殊切手の製造面バラエティを紹介する。記念切手は製造面も面白い。
昭和30年代記念特殊切手の製造面要素 -定常変種と目打型式による窓口シートの分類- 4 横山裕三 各切手の窓口シートは、定常変種と目打型式によって4面に分類できることを一部の切手から抜粋して示す。
年賀切手1936-1971 5 水谷行秀 年賀切手を旧来の手法でまとめた作品。単片でも小型シートの特徴が現れているものを示した。
ふるさと切手 花 62円 4 斎享 日本の消印の中で最大のバラエティの時期に発行されたふるさと切手花62円を満月消印で表現。

*F=フレーム数

*やむをえず展示内容が変更されることがあります

郵博 特別切手コレクション展の開催期間の変更について

本年10月に開催される下記の展覧会について、開催期間を二日から三日に延長することになりましたので、お知らせいたします。

展覧会名称:2017年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
展示の名称:日本の記念特殊切手コレクション展
展示団体名:記念特殊切手研究会

開催期間
 旧)  :2017/10/7-8(土・日)
 新)  :2017/10/7-9(土・日・月祝)

5口以上賛助会員の皆様対象の「2017年度特別ご優待」について(ご案内)

特定非営利活動法人郵趣振興協会 は、2017年度賛助会員にご加入頂いた皆様のうち、5口以上のご協力をいただい た皆様に対しまして、通常のご優待内容に加え、以下の要領にしたがって2つの「特別ご優待」をご用意することとなりま したの 、ここにご案内申し上げます。多くの皆様のご加入をお待ちしております。

5口以上賛助会員の皆様への優待プランご案内