外国切手研究会 第43回Zoom例会レポート・前編

2021213日 2000PM – 22:30PM開催『外国切手研究会 第43Zoom例会』レポート前編です。参加者11人中6人の発表で質疑応答が有りました。

1人目)アメリカ切手貼外国便転送カバーの紹介、UPUの規定で転送便は切手が不要との解釈から、別理由が有っての切手貼付と思えたが、質疑応答より一旦受取った郵便物を別住所への転送と回答が得られた。

1通目、188578日発イギリスよりAlbany,NewYork着、2セント切手を貼りCooperstown,NewYorkに転送されている、名前の最後にEsqが付いている事から受人は弁護士、最初の住所Albanyは州都、到着季節が夏、転送先のCooperstownは野球殿堂が有る所だが比較的田舎、以上の情報から別荘等を持っていた受人が夏季休暇でそちらへ行っていた為、使用人等が当時の国内料金分の切手を貼って転送したと思われる。

2通目、アメリカよりLondon,England着、2 1/2ペンス切手を貼りNaples,Itaryへ転送されている、印刷された転送先付箋にCARE OF(気付)と入っている事、付箋の上にLONDONの消印が掛かっている事などから、元住所の住人等に現住所の受人が転送を託けていたと思われる。

2人目)前回の続きで 、ハワイ王国・1893年発行暫定政府の赤色加刷切手、スコットNo572セント・青紫切手の紹介、POST OFFICE IN PARADISE – Provisional Government Issue: Beardsley Quantity Analysis (hawaiianstamps.com)

上記参考サイトによると1,115,865枚の発行、暫定政府の赤色加刷切手の中では一番発行枚数が多く、多くの加刷エラーやバラェテイが有りそれらを紹介、最初のリーフ1段右側の使用済はハワイのオワフレールウエイ鉄道郵便消で非常に希少。

比較的使用例が多い為、1899年発行ピクトリアルイッシュー改色切手2セント切手と同様、タウンキャンセルコレクションが楽しめる、リーフ記述は局名年号、メイ&ハリス書籍の消印番号。

2セントは島内間基本料金だが、カバーはアメリカ本土宛、ラッパー、コーナーカード付封筒、2枚貼重量便、3枚貼重量便などを紹介。

最近国内インターネットオークションに出品・落札されたハワイクラッシック宣教師5セント切手について、今回例会の参加者も状況を観察されていた方が多く話題となりました、日本のハワイ切手第一人者の紹介者見解も含め、今回落札された切手は本物では無いと思われます、参考品とされた他の額面も同時に出品されていたとの事ですが、この5セント切手は鑑定書付でした。

この鑑定書には切手の真偽については記載されていない、切手下の説明文自体がおかしい、鑑定者個人名だけで所属団体が記載されていない等怪しい点が有る、この辺りは丁度JPS郵趣202011月号より3回に渡り魚木五夫先生が切手鑑定書の記事を書かれています。

ちなみに本物の画像を提供して頂きましたので、対比画像も掲載しておきます、 単片1枚だけの画像が本物で、5の数字や全体的に線が太いなど怪しい所が多いが、数字周りの模様が本物と全然違う所が決定的との事です。

以下参考際資料としての話、現在5セント切手については未使用12点、使用済37点、オンピース2点、カバー10通が確認されており、全てにセンサスが付れられているとの事です。

近年の宣教師切手新発見の報告としては、13セント(スコットNo.3)の未使用切手で、フランスのBouleというオークション会社での出品が有ったとの情報です、未使用切手としてハンマーは42,000ユーロ、27%のコミッションは別途で、600万を超える金額だったとの事でした。

Boule Live auctions (boule-auctions.com)

その後この切手は2018年にPFPhilatelic Foundation)の鑑定書を取ってサンフランシスコのSchuylerRumseyのオークションに昨年掛けられていた事が解り、その鑑定書では未使用ではなく、使用済の鑑定で(Uncanceled, appear unused)のコメントが有ったとの事です。

Hawaii, 1851-52, 13¢ blue “Missionary”, type I, uncanceled (appears unused), margins clear to close at lower right, strong color, minor small expert repairs at left and upper right, light violet handstamp on reverse which shows faintly on face (not mentioned on certificate), Very Fine appearance, with Scott catalog value for examples with minor damage the has been skillfully repaired; with 2018 P.F. certificate.
Scott No. 3    $29,000.

従ってこの切手は未使用ではなく、使用済だった事が判明したとの事です、Bouleでのセールは鑑定書がなかったため、後日、鑑定書を取ったのではないかと推測されます、その鑑定書画像も掲載しておきます。220225.pdf (rumseyauctions.com)

以上から現在13セント切手については未使用7点、使用済49点、オンピース3点、カバー12通が確認されているとの事です。

前編は以上で後編に続きます。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です