「心をつないだ年賀郵便の歩みーそして未来へ」展、無事閉場

第5回 郵博 特別切手コレクション展『「心をつないだ年賀郵便の歩みーそして未来へ」展』は、本日17時30分に無事閉場いたしました。開催期間中、特に二日目に当たる日曜日午後には一般客のご来場も多く、年賀状というわかりやすい展示をお楽しみいただくことでフィラテリーを訴求できたのではないかと考えております。

写真は一般客の質問に丁寧にご回答される、本展覧会の冒頭展示コレクション「年賀状の歴史」のオーナーである安井浩司さん。

郵博特別切手コレクション展の一つの特色は、郵政博物館の所蔵するアーカイブ類から選んで展示が可能なことで、今回は事前の告知にあったポスター類に加えて、戦前の年賀切手のアーカイブや年賀消印のパーツなどを展示していただきました。

このような展示が可能なのは、セキュリティ万全な博物館における展示会だからこそで、今後も展覧会の趣旨に合致する資料の展示を博物館側に依頼していく予定です。

展示会終了後には、展示者の皆様に加えて、振興協会より、池田・吉田が参加し、撤去作業を行い、約1時間ほど汗を流しました。最後には資料の参観会を実施し、至福の時間を過ごしました。

次回の 郵博 特別切手コレクション展は第6回となり、2017/12/9-10に開催いたします。展示団体はヨーロッパ切手展実行委員会で、展示内容は「第5回ヨーロッパ切手展」です。どうぞお楽しみになさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です