WEBセミナー「競争切手展に向けた作品の改善方法(3回シリーズ)」第1回開催報告

我が国で開催される競争切手展の中で、FIPの審査基準に最も準拠する度合いが高く、審査結果が世界的に通用する競争切手展である「スタンペックスジャパン2021」の開催を記念し、当協会では、掲題のWEBセミナーを4月から6月にかけて開催しております(詳細や視聴方法はこちら)が、その第1回が盛況に終了しましたので、報告します。

開催日時 4月4日(日)15:00〜18:00

講演1  基調講演「審査員との駆け引き」(佐藤浩一)
講演2  講演「クリティークを活用するための準備」(吉田敬)

*両公演とも、講演者によるプレゼン(60分)と質疑応答(30分)

参加者は36名でした。本日午後にご参加者にアンケートの依頼をお送りする予定で、その結果で今後更なる改善を行いたいと考えています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です