第3回製造面勉強会 開催報告

NPO法人郵趣振興協会が後援し、無料世界切手カタログスタンペディ株式会社が主催する「第3回製造面勉強会」が、2017年7月1日(土)10時より18時まで東京・日本橋富沢町の綿商会館5Fホールで開催され、40名の参加者を得て盛況のうちに終了しました。

当協会の賛助会員は、通常の会費5,000円のところ、協会から1,000円の補助金が出ることから4,000円で参加できますが、今回は、過半の方が当協会の会員特典を利用しての参加でした。

会場入口の看板です。

前回よりもゆったりした会場設営となりました。

司会進行は池田健三郎が担当。

講演のトップバッターは、山田廉一氏。お題は「小判切手の版研究」です。活発な質疑応答も行われました。

昼食休憩をはさんで、午後のセッションは魚木五夫氏の「彫刻凹版とその切手」の講演でスタート。豊富な現物を前に詳しい解説が行われました(撮影禁止のためレジュメを掲載します)。

続いておやつタイムを60分とりました。会場内に設けられたエージェントスタンプ(渡会一裕)さんのブースや、4Fの切手市場で買い物を楽しむ方もあれば、会場内でお茶を飲みながら談笑する方もあり、和気藹々の時間が流れます。

続いては大村公作氏による「私流 昭和・新昭和切手の収集『銘版付きへの拘り、銘版を見極める』」と題した講演がありました。リタッチの細部がプロジェクターで拡大され見易いと好評でした。

最後は、本勉強会主催の吉田敬による「製造面分類が苦手な人も楽しめる『ルーペを使わない製造面研究』」。これにて4本建ての講演は無事終了しました。

終了後は有志による懇親会が近所の居酒屋で開催され、講師の方々も参加して夜更けまで郵趣談義が続きました。

次回の製造面勉強会は、2018年1月の予定です。

「製造面勉強会」事業がスタートします

当協会では、定款において「2. 国際的潮流を踏まえたわが国フィラテリーにおける調査研究活動の水準向上を図りその成果の有効な発信を推進する事業」を行うこととしています。

その具体策として、法人成立初年度にあたる2017年度においては、定款に定める「リサーチ及び研究推進事業」の位置づけにおいて「『製造面勉強会』の企画・運営事業:次年度(2018年4月以降)開催に向けた準備」の活動を非営利で行うこととしております。

ご存知の通り、現在の「製造面勉強会」は、当法人の共同代表である吉田が社長を務める無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社の事業として、これまで2回にわたり実施されていますが、営利企業の事業ながら赤字基調で収支のバランスをとることが難しく、直ちにこれをNPO法人の非営利事業として実施するには課題が多い状況となっていました。

もっとも、回を重ねるごとに参加者数は増えており、収支も改善傾向にありますのでこの際、私どもでは、本年4月の法人化を機に、「勉強会」を営利企業の事業から切り離し、来年度以降、当協会の非営利事業として継続開催すべく準備を進めております。

このたび、それに先立ちまして、当年度開催分の「勉強会」を当協会として「後援」することにより、次年度以降の「主催」に向けた準備を始めることとし、7月1日開催の「第3回製造面勉強会」から着手することと致しました。

従いまして、郵趣振興協会の賛助会員の皆様におかれましては、「会員特典」として一般参加費よりも1,000円低い会費でご参加いただけるよう、その差額分は当協会から無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社に補填することとなります。

このように、当協会の賛助会員にとっては非常に魅力的なプランとなっておりますので、既に賛助会員にご加入のみなさまは勿論、これから賛助会員へのご加入を検討されていらっしゃる皆様も、どうかふるって「製造面勉強会」にご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

・第3回製造面勉強会(7月1日開催予定)の詳細は無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社にお問い合わせください。

・特定非営利活動法人郵趣振興協会の賛助会員加入についてはこちらをご覧ください