郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2020年度 展示団体の募集について

郵政博物館と特定非営利活動法人郵趣振興協会は、郵政博物館における「郵博特別切手コレクション展」2020年度 展示団体の募集を6月15日より開始いたします。

お申し込みにあたっては、募集要項をダウンロードしていただいた上で、10月15日までに申込用紙1枚をご提出ください。

郵博特別切手コレクション展2020年度募集要項(PDF、全4ページ)

 

 

(参考:募集要項抜粋)
*応募は、全3ページの募集要項内容をご了解いただいた上で、行ってください。

  1. 会場:郵政博物館 多目的スペース
  2. 募集会期:
    提出用書類2枚目に候補予定日が記載されています。 展覧会会期は土-日曜日の2日間を原則とします。会期初日を金曜日以前に早めることもス ケジュールによって可能です。希望する場合はご相談ください。
  3. 開催時間: 特別切手コレクション展の開催時間は、郵政博物館の開館時間である午前10:00-午後5:30 と同一です。なお会期初日の開始時間だけ、設営の為、午後1時とすることができます。 最終日も必ず17時30分まで開催し、撤去は閉館後1時間30分以内(遅くとも19時まで) で実施していただきます。
  4. 展示規模・設備 :40フレーム(1フレーム16リーフ)を原則とします。
  5. 展示団体負担金:50,000円 特別切手コレクション展の運営に関する実務は、博物館と本事業を共催する協会が担当 します。協会は非営利組織ですが、当該事務に要する諸経費相当額として、出展決定後に 50,000円の展示団体負担金を申し受けます。
  6. 展示団体負担金の減額 展示団体の申込者が、当協会の賛助会員である場合、展示団体負担金を一万円減額します。
  7. 申込期間・方法
    出展申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、協会あてご提出願います。 申込期間は、2019年6月15日から2019年10月15日の間とします。(必着) 出展の可否につ きましては、協会理事会において審査・選定作業を行った上で、1か月後を目処に決定し 結果をご連絡致します。
  8. お問合せ・申込み先 協会は限られた人的資源で運営されていますので、本事業に申し込まれる方は原則として 電子メールによる日常的な連絡・調整に支障のない方に限ります。また、本事業の実務は 全て協会が担当します。会場となる郵政博物館への直接のお問い合わせはできません。
  9. 2年連続して開催する展示団体の優遇 2年連続して開催する展示団体が前年と同時期の展示を希望する場合は、他の展示団体よ り優先的に開催時期を割りあてます。但し主催者行事が入る場合は、優遇致しかねます。
    ・連絡先Eメール info@kitte.com
    ・郵送物等の送付先 〒102-0083 海事ビル内郵便局留置
    特定非営利活動法人 郵趣振興協会 郵博特別展係

南方占領地の第2回フィラテリー展 無事開幕

『南方占領地の第2回フィラテリー展』が本日から明日まで郵政博物館で開催されます。(6/8-9)

本日は午前10時から展示団体「南方占領地のフィラテリー展実行委員会」の皆様が展示準備を行い、13:00の予定時刻より早く11:00過ぎには準備が完了したため、開場いたしました。

専門的な展示であるにも関わらず知的好奇心を大いに喚起できている用で、場所柄多い一般のご来場客にも好評を博しております。

本展覧会でもカラーパンフレットを500部準備し、無料配布していますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しましたので、参観の参考にし、どうぞご来場ください。[ダウンロード]

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:南方占領地の第2回フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:南方占領地のフィラテリー展実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/6/8,9 10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

南方占領地の第2回フィラテリー展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

6/8から9にかけて開催される『南方占領地の第2回フィラテリー展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

ダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第4回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:南方占領地の第2回フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:南方占領地のフィラテリー展実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/6/8,9 10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

郵便制度史展2019 大盛況の裡に閉幕す

標題の展覧会が5月18-19日の両日にわたり、郵政博物館で開催され、会期中に多くの来館者を得て無事に閉幕いたしました。

最終日の19日は閉館後に直ちに撤収作業に取り掛かり、同展実行委員会のみなさまのご協力により、僅か15分程度ですべての撤収作業を終えることが出来ました。

 

 

 

 

 

慣れた手つきで粛々と撤収作業を行う実行委員会のみなさま

 

 

 

 

撤収作業終了後の実行委員会のメンバーのみなさまです

 

郵便制度史展2019 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

5/18から19にかけて開催される『郵便制度史展2019』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第3回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:郵便制度史展2019

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:郵便制度支店2019実行委員会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/5/18, 19 10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

改元記念・皇室関係フィラテリー展、無事閉場す。

4/27から5/6にかけて開催いたしました『改元記念・皇室関係フィラテリー展』ですが、5,000人を超える、ご来場をいただき、十日間の会期ののち、昨日無事閉場いたしました。

その撤去作業を、日が変わり本日朝の開館と同時に行いました。新しい展示方法に要するフレーム数が通常展よりも少なかったことや、予めご出品者の野口喜義さん、横山裕三さん、郵政博物館の冨永さんがご協力をお申し出くださいましたこともあり、小一時間で撤収作業は完了いたしました。皆様に厚く御礼申し上げます。

本展覧会は、郵政博物館のご協力をいただき、郵博 特別切手コレクション展としては最長の十日間の開催を行なうことになり、色々と心配点もございましたが、スカイツリーの館内宣伝が大きく奏功し、多くの一般客にフィラテリーにふれて頂く機会を提供できたのではないかと思います。

また、事前のプレスリリースなども注力したため、いくつかのメディア掲載に繋がり、展示された方の満足度向上につながりました。今後も展覧会の価値を高めるべく、主催展では様々なイノベーションを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。

さて、4月1日から始まった、当協会新年度の初月は、前島密没後 100年記念展と本展覧会の両建てで、非常に忙しい月となりましたが、主催展もしばらくはございません。ようやくひと段落つくことができます。

また主催展以外では、5月に郵便制度史展2019、6月に南方占領地のフィラテリー展が開催予定ですので、フィラテリストの皆様はどうぞ参観予定をご調整くださいませ。

改元記念・皇室関係フィラテリー展は、明日6日(月祝)まで開催中

4/27から5/6にかけて開催される『改元記念・皇室関係フィラテリー展』ですが、連日800人近くご来場をいただいております。

本展覧会は、郵政博物館のご協力をいただき、郵博 特別切手コレクション展としては最長の十日間の開催を行なっております。

なお、パンフレットは千部を準備いたしましたが、4月中には配布しきってしまい、残部はございません。ダウンロードできるPDF版を提供しておりますので、参観の参考にしていただけましたら幸いです。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第2回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:改元記念・皇室関係フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/27-5/6(GW中の十日間開催)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

「改元記念・皇室関係フィラテリー展」に是非おこしください

郵博特別コレクション展として、4/27日から5/6日の会期にて、「改元記念・皇室関係フィラテリー展」が開催されています。

本邦初公開の貴重なエッセーや、皇室への献上切手帖(郵政当局側の控え)など重要マテリアルの展示もございますので、是非足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改元記念・皇室関係フィラテリー展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

4/27から5/6にかけて開催される『改元記念・皇室関係フィラテリー展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第2回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:改元記念・皇室関係フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/27-5/6(GW中の十日間開催)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

前島密没後100年記念展 郵政記念日式典に伴う追加開催を終え、本夕終了。

4/19から4/21にかけて(一般)開催された『前島密没後100年記念展』は、郵政記念日式典に伴う追加開催(日本郵便グループの方への限定公開)を本日4/22 の午後に5時間ほど実施いたしました。

500名以上のご来場が事前に予想されたため、カラーパンフレットを700部ほど準備して臨みましたが、ご職業がら皆さま、本切手展へのご関心が高く、閉場時の残部はほとんどありませんでした。(写真は混雑する本日の会場)

閉場後は、郵政博物館の学芸員の職員さんのお手伝いを頂き、撤収を行い、無事展覧会は閉幕いたしました。今回の企画展示は、フィラテリーを日本郵便の現場職員の方に訴求できる貴重な機会でありました。本企画の趣旨をご理解くださり、展示にご協力くださいました皆さまに改めて御礼申し上げます。

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第1回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:前島密没後100年記念展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/19-21(金土日)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です