外国切手研究会 第35回Zoom例会レポート・前編

20201219日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第35Zoom例会』レポート前編です。参加者11人中5人の発表で質疑応答が有りました。

1人目)以前の続きで、中華民国・重慶華南1版切手に関する紹介と考察、50から500,000迄の8種類、19494月発行で中華自民共和国成立の約半年前、平版印刷で製造状態も良く無い。

内陸の重慶を中心に出回ったが発行数は余り多く無かった、金通貨だがインフレが進んでおり、余り出回らなかった上に使い道の少なかった50の使用済は少ない。

上海大東5版切手と比べると、印刷状態が全体的にベタな印象、印面寸法や目打のバラェテイは確認されていない、用紙に関しては前シリーズ程では無いが薄い厚いが確認出来る物も有る。

四川省・重慶、昆明の使用例が大半で沿岸部は殆ど見かけ無い、429日には銀通貨となった為、殆どがその使用例。

194953日、ハワイ宛、5,00032枚貼計160,000カバーは銀通貨0.40に相当するが、当時の上海レートの為、重慶での料金として正しいかは不明。

1945527日、アメリカ宛、500,00020枚貼計10,000,000カバー、この時期は金の変換レートが場所と時間によって違っていた為、こちらも正確な郵便料金はよく分かっていない。

続く中華民国・重慶華南2版切手に関する紹介と考察、1分から500分迄の9種類、19496月発行で中華自民共和国成立の約4ヶ月前の発行、銀通貨だが使用期間も短かった為、高額切手のカタログ評価は高め。

印面寸法バラェテイは確認されていないが目打は2種類、用紙に関しては同じく薄い厚いが確認出来る物も有る、重慶華南12共に銘版は180番と200番の右側。

使用済は支配地域の四川省、福建省、広東省など、インフレが進んでいた為使用済はブロックが多い、新中国成立後も中国大陸では船山諸島・山西省の一部・甘粛省の一部・福建省の金門島の4カ所が当時は支配地域だった、拡大図の50分使用済は民国39年(1950年)4月、船山諸島定海の使用例で希少。

1949929日、広東発香港宛カバー、新中国成立直前で広東では銀がほぼ使えず、支払いは香港ドルの可能性が有る。

重慶地方裁判所宛カバーには、重慶華南2版切手に南川と加刷された切手の使用例を良く見かける。

2人目)蘭印切手より、興味深いカバーの紹介

1リーフ目、193669日バタビア発、ハンガリーブタペスト経由、チェコスロバキア宛、全部で20枚の切手貼、額面合計4グルデン80セント航空便大型カバー。

2リーフ目、19371126日スラバヤ発、本国アムステルダム宛、全部で24枚の切手貼、額面合計3グルデン30セント航空便大型カバー。

3リーフ目、1941829日バタビア発、アメリカ・デトロイト宛、1グルデン60セント貼書留カバー、この新女王図案の切手は1941年発行で、19423月にはこの地域に日本軍が進出した為、蘭印としての使用例は少ない。

4リーフ目、Money Order(為替送金)使用例、取扱い局チアンデルで 1942228日と34日の印、オランダの検閲印も押されている、ジャワには194231日に日本軍が進行、39日には首都バンドンを制圧、現地の郵便業務は312日より17日迄中断しており、その前後227日と319日のゴム印も押されている、切手に押されているフィールド事務所Aの印は比較的珍しいと思われる。

5リーフ目、194283日、日本軍政下の使用例、「大日本軍政府ノ印(紀元)2602年」の赤い印が押されている。

6リーフ目、日本軍政下の機械印使用例2通、共に標語印で1通目は「切手をきちんと貼りましょう」、2通目は「住所をきちんと書きましょう」と書かれているとの事です。

前編は以上で後編に続きます。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

スタンペックスジャパン2021出品受付終了のお知らせ

来年(2021年)4月に開催される、全国切手展「スタンペックスジャパン2021」に対する出品申込を、2020年11月1日(日)~2020年12月17 日(火)でお受けしており、昨日で終了いたしました。

おかげさまで本年も展示上限を超えるお申し込みを頂戴しました。出品要綱 第7項に従い、展示作品の選定を行い、元旦までにお申込者に連絡すると共にホームページで発表予定ですので、しばらくお待ちください。

外国切手研究会 第34回Zoom例会レポート・後編

20201212日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第34Zoom例会』レポート後編です。参加者9人中6人の発表で質疑応答が有りました。

4人目)最近入手した韓国・手押標語印の紹介と考察、官白の仁川はハングルバージョン、朝鮮総督府官報によると、大正1371日より3種類が使われ始めたと有るが実際には4種類有る。

この印は鳴美の資料に詳しく載っているが、記載が間違っており意味の通じないハングルになっている、震災ハガキのカットは元山で使われた日本語バージョン。

昭和10123日朝鮮新聞の記事によると、京城三越(現在でも新世界百貨店本店として使われている)で京城郵標クラブ主催、趣味の郵便切手博覧会が開催されており、出品目録から朝鮮総督府逓信局出品の鮮内標語入消印集が確認出来る。

翌年には第2回趣味の郵便切手博覧会が開催されており、こちらも写真より当時の雰囲気が確認できるが、いずれも作品はリーフに見える物に展示されている事は非常に興味深い。

朝鮮半島で開催された切手展は、釜山郵標クラブが開催したのが最初で、こちらの京城郵標クラブが開催したのは2回目3回目に当たるとの事。

5人目)前回の続きで、南方占領地の台切手から米自治領フィリピンの部分を紹介、かってはスペイン領だったが、1898年の米西戦争後アメリカ領となった。

南方占領地の台切手の大半は英国領で図案も似通っており、僅かにオランダ領でそれらは女王図案が多かった為、アメリカ領のフィリピンは違う雰囲気が有る。

元々の加刷切手が台切手に使われている物も多く、台切手の加刷違いに対して日本の加刷は同じで、JPSのカタログではそれらを分類していない物も有り注意が必要。

アメリカ領という事で航空切手が台切手となった物も有るが、記念切手や公用切手としての加刷使用だった。

不足料加刷切手や公用加刷切手が台切手となったのもそれぞれ1種類有る。

6人目)最近入手した古いアメリカ製図入りゼネラルアルバムの紹介、1940年頃迄の採録だが残念ながら貼られていた切手は余り多くは無かった、このアルバムの有効活用についてのアドバイスが有ればとの事。

この実物が貼られたアルバムを調べながら、自分の気に入った国を探すのに使うのが良いのではという意見が有りました。

1人目その2)1973年日本発東ドイツ宛の私製ハガキ、切手が貼られておらず不足料扱になっているが、詳細が分からないのでアドバイスが有ればとの事。

手書きのTと消印のTが押されているが、輸送途中の切手脱落では無い事を判別する為、どちらかは日本で処理された物との事、消印のT50の数字は以前紹介のUPUフランでの不足料金ではとの事です。

お知らせ)前回紹介の、ベトナム半島に存在(1888-1890年)したと言われるセダン王国が、1889年に発行した切手の件ですが、とても詳しいコメントを頂いたので紹介させて頂きます、有難うございました。

郵趣百科事典で調べてみたら2つありました。
(1) Grosses Lexikon der Philatelie, 1. Auflage (Alexander Bunderz
/ 1923年刊)
Sedang-Marken, für den Eingeborenenstaat in Hinter-Indien, wurden von dem französischen Abenteuerer David Mayrena herausgegeben, es sind Schwindelmarken. Vergleich „Die Post „ 1906, S.148.

(2) Großes Lexikon der Philatelie II (Ullrich Häger/ 1978年刊)
Sedang, der Phantasie des franz. Abenteurers und Schwindlers Louis David de Mayrena entsprungenes angebl. Königreich am Fluß Mekong in Hinterindien, zu dessen „König“ Marie I. sich Mayrena selbst erhob.

Er kam nach Paris, um sich seine Würde von eigenen Gnaden durch die damalige Schutzmacht in Hinterindien, Frankreich, bestätigen zu lassen und ließ in Paris sieben Marken mit Inschrift DEH SEDANG und Wertangaben in einer erfundenen Sprache und erfundenen Währung (von 1/2 Math bis 1/2 Dollar) drucken, die er selbst (bzw. durch seine „Minister“) in Paris und Ostende 1889/90 ungebraucht oder mit einem Stempel versehen an Sammler und Händler verkaufte und reißend loswurde, bis der Schwindel herauskam.

Nach dem Verschwinden Mayrenas hielt sich der Markendrucker mit seinen Forderungen insofern schadlos, als er die noch bei ihm lagernden Bestände (meist entwertet) verkaufte; das Interesse der Sammler an diesen Schwindelprodukten blieb noch einige Zeit erhalten. Diese Marken haben bestenfalls Kuriositätswert.

詳しい翻訳は興味のある方にお任せしますが、だいたい次のような内容です。
・フランスの冒険家で詐欺師のLouis David de Mayrenaが自分自身をMarie 1世王と名乗り、空想で作った先住民族国家のラベル。
・自分の威厳を確認してもらようと、当時そのあたりを統治していたフランスのパリにやってきた。
・自分で創造した言語と通貨による7種の切手(1/2 Math から1/2 Dollar)を印刷させた。国名表示は「DEH SEDANG」。
・これらの切手は1889年から1890年にかけて、パリとオステンデの収集家及び切手商に、その悪ふざけが露見するまで、未使用切手と使用済切手を販売した。
Louis David de Mayrenaが去ったのち、切手の印刷業者が自分の在庫(ほとんど使用済)を販売した。
・この詐欺師による作り物は、しばらくは収集家の関心を引いたが、価値はせいぜい興味本位のもの、という程度である。
以上、ご参考まで。

連絡事項)2021313()14() に開催予定されていた「スタンプショウ=ヒロシマ2021」ですが、残念がら9月開催に延期されたとの事です、宜しくお願いいたします。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

外国切手研究会 第34回Zoom例会レポート・前編

20201212日 2000PM – 22:00PM開催『外国切手研究会 第34Zoom例会』レポート前編です。参加者9人中6人の発表で質疑応答が有りました。

1人目)最近購入の資料書籍を2冊紹介、「中国・朝鮮地名別称索引」は、局名地名等が複数有る場所を調べる時に役立つとの事です、「中国抗日戦争史地図集」は、中国で出版された本なので内容は向こうの視点ながら図版も多く載っており、郵趣的に有りえない使用例やカバー、グレーゾーンなどを判別するのに役立つとの事でした。

2人目)ハワイ王国、一般的なアメリカ発以外のインカミンングカバーを紹介。

1通目、1888626日、フランス・パリ発ポスタルカード、受人のアドレスにスタンプディーラーと書かれている事から、切手商も営んでいる方宛と思われる。

2通目、1888814日、日本・周防国発書留カバー、当時の日本では書留ラベルは無かった、中継地のサンフランシコでは書留ラベルでは無く印が押されているが、この印が押されたカバーは非常に希少。

3通目、189069日、ドイツ・ベルリン発ポスタルカード、差出人戻しになっているが、ホノルルで押されている ”DEAD LETTER OFFICE” の印は現在5件しか確認されていない。

4通目、18921017日、ベルギー・アントワープ発カバー、額面付封筒に2枚の切手が貼り足された重量便カバー。

5通目、18971019日、リーワード諸島・モントセラト発モーニングカバー、カリブ地域からハワイ王国宛のカバーは比較的珍しい思われる。

3人目)前回の続きで、インドネシア独立戦争時代、インドネシア共和国が1946年から発行した正刷切手の紹介。

1946112日発行、牛を描く10Sen20Sen1番切手は、共に倍額の寄付金付で戦費の方に当てられたとの事、カラープルーフ、ダブルプリント、日本占領時代の農耕ハガキ上に貼られた使用例など。

194661日、71日発行の普通切手5種は、採用・不採用カラーのプルーフ、マトリクスプルーフと呼ばれる大型のダイプルーフも紹介、発行された切手には、目打、刷色、紙のバラエティが有る、日本占領時代の農耕ハガキの印面を生かし加貼されて無効にならなかった例、書留使用例など。

1946817日発行、牛を描く独立1周年記念切手の中から3Senを紹介、目打有と無目打が有り、比較的多くのバラェテイが確認されている、プレートBと呼ばれる3枚の未使用シートを紹介、1枚目・目打有粗紙のシートはアーリーインプレションで印刷は鮮明、2枚目・無目打白紙のシートもアーリーインプレションで印刷は比較的鮮明、3枚目・無目打粗紙のシートはウオーンインプレッションで印刷はやや不鮮明。

前編は以上で後編に続きます。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

いよいよ本日から「第3回南方占領地のフィラテリー展」です

本日と明日の2日間の日程で開催される、郵政博物館特別コレクション展「第3回南方占領地のフィラテリー展」(12/14-15 月曜・火曜)が無事開場しました。

開場に先立ち、朝10時から会員の皆様による設営作業が行われました。当会からは菊地恵実理事が参加し、順次フレーム配置を行い、作品を丁寧にフレームに収めていきました。順調に作業が捗り、正午には展覧会をオープンすることができました。

作業にご参加いただいた方による記念撮影(この一瞬だけマスクを外しました)

オープン後の会場の様子。今回の展覧会は、2019年に逝去した故・橋本道弘氏のコレクションを展示する最初で最後の展覧会となります。

 

本展覧会は、COVID-19感染症の流行に伴う博物館の土日休館・時間短縮を受けて、大半の展覧会が中止になる中で唯一開催される2020年度の郵博展です。博物館へのご入場に際しては、マスクを着用し、入場口で手の消毒を行った上でご入館ください。

 

 

 

WEBセミナー「出品者による作品紹介」アーカイブ配信のご案内(正会員・賛助会員 限定)

第15回活動報告でご案内しましたが、特定非営利活動法人 郵趣振興協会が、2020年11月29日に主催した、「WEBセミナー 出品者による作品紹介」は、好評を博しました。

残念ながらご視聴いただけなかった方や繰り返し見たい方の為に、こちらのセミナーの動画アーカイブ配信を、今月末まで当協会の正会員・賛助会員の皆様に提供します。

以下の方法でご覧いただけますので、ご利用ください。

(1)マイスタンペディア にアクセス
(2)以下の画面で一番右の黄色いタブ[特非)郵趣振興協会]をクリック
(3)WEBセミナーアーカイブ配信のリンクが表示されます。
(4)表示されているパスコードをご入力ください。
(5)始まりの13分ほどは無音ですので、飛ばしてご覧ください。

第15回 活動報告

特定非営利活動法人 郵趣振興協会(以下「当協会」と略す。)は、その活動について広く伝えるため、3ヶ月に一度レポートを発行し、電子メール等で賛助会員にお伝えすると共に、無料でご掲載いただける雑誌媒体に同一内容を提供しております。今回より同レポートを公式ホームページでも発表させていただきます。ダウンロードしてご覧くださいますようお願い申し上げます。

活動報告対象期間:2020年9月1日~2020年12月3日

第15回活動報告 ダウンロードしてご覧ください。

 

外国切手研究会 第33回Zoom例会レポート・後編

2020125日 2000PM – 22:15PM開催『外国切手研究会 第33Zoom例会』レポート後編です。参加者12人中7人の発表で質疑応答が有りました。

4人目)前回の話題に出た、第2次世界大戦後にヒットラー図案切手の顔を消したり見えなくする目的で発行した加刷切手を紹介。

オーストリアが1945年に発行した切手は、ヒットラーが牢獄に入っているような加刷で有名、同国では同年にワシ図案と風景図案の普通切手を発行しており、これら加刷切手はドイツより解放の記念品目的と思われる。

他に国名を縦に加刷したタイプも数種類発行されており、ドイツの記念切手に加刷したのも有る、これらもやはり記念品目的と思われ、使用済や実逓便は未見との事です。

5人目)前回の続きで、中華民国・上海大東5版切手に関する紹介と考察、50から100,000迄の12種類、1版から4版迄は凹版印刷だが、この5版は平版印刷。

未使用も多く残っており、外国切手未使用パケット等でもよく見かけた切手、印面寸法も数種類確認されており、やはり厚紙薄紙が有る、中国国民党最末期の発行で上海以外の使用済は希少。

前研究者の資料より100,000圓の印刷原版は10面の版を20回転写して200面シートを構成したと思われ、他の額面も同様と考えられる。

印刷の質も落ちており、偶発変種も見かける事が有る。

前回の上海中央版の1020200面フルシートを紹介、銘版は左右の上下に有り合計4カ所、左上に計数番号、版番号はシート下部でトンボの位置で裁断した場合、版番号が見えないシートも存在する事から、少なくとも縦に2面以上で印刷されたのではないかと思える。

6人目)前回の続きで、南方占領地の台切手から蘭領インドの部分を紹介、先にオランダ王国についても作品より紹介、蘭領インドの1番切手は1864年に発行された。

南方占領地の台切手になったのはウィルヘルミナ女王の時代で、かってのABCD包囲網の’D’はオランダ(Dutch)の事である。

1937年より発行されていた低額面普通切手農耕シリーズ、中額面ウィルヘルミナ女王シリーズ、高額面ウィルヘルミナ女王シリーズ大型の多くが台切手となり加刷された。

1941年発行の改正・ウィルヘルミナ女王シリーズ(小型)と、改正・ウィルヘルミナ女王シリーズ(中・大型)も全てが台切手となり加刷された、いずれも台切手が無加刷の使用時期は非常に短い為、こちらの方が伝統郵趣的に収集が難しいと思われる。

1941年発行の数字シリーズ5セント切手、1941年踊り子シリーズ切手も台切手となったが、これらも同様に思われる。

1933年発行の航空切手、1913-1940年発行の不足料切手も台切手となった、珍しい例として、本国向けに用意されていたオランダ切手が台切手になったのも2種類存在する。

7人目)1946年インドネシア独立戦争時期、ジャワで使われた南方占領地ハガキの紹介、印面は手書でインドネシア独立と文字が書かれている様、他にも日本語の部分はペンで消されている、100パーセント無料と書かれた印も押されており、この印は何種類かのパターンが確認されている。

詳細は調べている途中で情報も募集中ですが、自然な使用例で好ましいハガキです。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

外国切手研究会 第33回Zoom例会レポート・前編

2020125日 2000PM – 22:15PM開催『外国切手研究会 第33Zoom例会』レポート前編です。参加者12人中7人の発表で質疑応答が有りました。

1人目)インドネシア独立戦争時のジャワ切手とその使用例、日本の敗戦後1945817日スカルノ大統領が独立を宣言したが、再植民地化を狙うオランダとの間で1949年迄戦争が続き、その間2つの郵政が存在する事となった。

この時期のジャワ切手は大きな分類として4つに分けられる、日本の南方占領地切手やオランダ領東インド切手を無加刷で使用した例、それら切手の国名をペンなどで消した切手、それら切手の国名抹消とインドネシア共和国名を加刷した切手、インドネシア共和国としての正刷切手は1946年に発行された。

国名の抹消にはペン以外にタイプライターで行ったもの、手押印で行ったものも有る。

プロパガンダキャンセレーションと言われている大きめの手押印、それらより小さ目の手押印でインドネシア共和国名を入れたもの。

機械加刷で台切手の国名抹消とインドネシア共和国の国名を入れた正加刷切手。

台切手のバラェティや定常変種、加刷バラエティなども紹介、バンドン・コルフ印刷所で加刷された切手は比較的精度が高く、ジャカルタで加刷された切手はその逆と言われている。

以上、正刷切手発行迄を紹介した貴重なコレクション。

2人目)以前の続編、ハワイ王国切手とアメリカ切手との書留コンビネーションカバーで、ゴシック体 TYPEⅡと呼ばれる ”REGISTERED” 印が押された希少なカバーを、発表者が確認済の4通を紹介。

1通目、1875823日ホノルル発、ゴシック体 TYPEⅡの最後期使用例、187593日サンフランシスコ中継、ニューヨーク宛。

2通目、1875225日発、ゴシック体TYPEⅡの最初期使用例、1875321日サンフランシスコ中継、通常約10日程の到着が約1ヶ月程掛かっており、船積が1本遅れて送られたと思われる。

3通目、オークション紙より抜粋、1875610日発、イギリス宛、旧ホノルルアドバタイザーコレクション。

4通目、オークション紙より抜粋の白黒画像、1875630日発、イギリス宛。

3人目)かってベトナム半島に存在(1888-1890年)したと言われるセダン王国が、1889年に発行した切手の紹介、スコットカタログには未掲載。

フランス・パリで印刷製造されたと言われている、セダン王国は国家として認められなかった為に切手としては使用出来なかった、注文元が引き取れ無かった様で製造元が資金回収の為、マーケットに流した物らしい。

最近のイギリス・ペニーブラック切手購入についての注意勧告、8枚の切手が貼られているリーフだが本物は最上段真ん中の1枚だけ、偽物は透かしが入って無いが、現物確認が出来ないインターネットオークション等では特に注意が必要との事です、最上段左の切手は1950年ロンドン切手展の記念シールをスキャンして加工した物。

前編は以上で後編に続きます。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。