スタンペックスジャパン2023のホームページを公開しました

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、2023年3月25から27日にかけて、郵政博物館(東京スカイツリータウン・ソラマチ)にて開催する全国切手展『スタンペックスジャパン2023』のホームページを本日公開しました。

現時点では、概要ページと、募集要項ページ(作品募集要項と申込書をダウンロード可)のみをご覧いただくことができます。今後、色々と拡充してまいりますので、どうぞご期待ください。

URL:http://kitte.com/stampex2023

スタンプショウ広島2022の後援について

当協会は、公益財団法人 日本郵趣協会 中国・四国地方本部 が主催する「スタンプショウ広島2022」(2022/9/3−4)の後援依頼を受諾しておりますので、会員の皆様にご案内差し上げます。

同展覧会には役員を派遣しますが、本後援・派遣に伴う協会からの支出はございません。

国際郵趣連盟の伝統郵趣委員会の会長に、佐藤浩一氏が選任されました

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、下記が判明しましたので、掲載します。


2022.8.4-8.9に開催された世界切手展 Indonesia 2022 では、国際郵趣連盟(FIP)の次期会長等の選挙が行われましたが、そのうちの一つとして開催された FIP Commissions’ Bureaux (伝統、郵便史、テーマ等の部門別の委員会)の選挙において、佐藤浩一氏が、伝統郵趣委員会の会長に選任されましたので、お知らせします。

事前にFIPのホームページで公表されていた候補者一覧には、STILWELL-WALKER Patricia 氏(USA)もエントリーされていましたが、佐藤浩一氏が4年間の任期で選任されたものです。なお会長を補佐するSecretaryにはこれまたアジアからAndrew Cheung氏(Hong Kong)が選任されました。

なお、伝統郵趣を始めとするFIPの各委員会の役割は、審査規則や運用のルール作りとFIP審査員教育です。国際郵趣連盟の理事や各委員会の役員に日本人が着任したのは、過去を遡っても、市田左右一氏(副会長)を除けば、史上初めてのことになります。

 

佐藤浩一(さとうこういち)氏の紹介

RDP, FRPSL
スタンペックスジャパン審査委員長
日本郵趣協会顧問
FIP Grand Prix Club 会員
PHILANIPPON 2011, 2021 Jury Secretary

 

 

外国切手研究会 第89回Zoom例会レポート

202264日 2000PM – 22:40PM開催『外国切手研究会 第89Zoom例会』レポートです。参加者11人中5人の発表で質疑応答が有りました。

1人目・山崎文雄氏)ハワイ・18622セント数字切手(SC16)の紹介、数字切手は暫定的に発行された為に数は少ないが、この切手は島内間郵便の基本料金として主に使用された為に少し多いが、カバーのカタログ評価は約3000ドルから4000ドルと決して安価ではない。

専門的分類ではPlate3Cから3G10枚ペーン構成、Pos.1から10Plate3FTypeⅢPos.1TypeⅡPos.2TypeIPos.3といった構成、紹介の4枚はいずれもTypeⅨPos.9でオリジナルとエラー切手とその修正版、島内間使用カバーの受取人はキング・カメハメハⅠ世の孫娘という貴重なマテリアル、貼られている切手はPlate3FTypeⅥPos.6

2人目・重山優氏)前回でも一部紹介した、百城版孫文切手についての解説、印刷場所は福建省南平市の福建百城印務局にて印刷、当時は北京や上海、天津などの主要都市は日本軍が抑えていた為、主に重慶を中心とした四川省に供給していた、重慶中信版と同じ原版を用いて製造された百城凸版は、いくつかの同一額面同一刷色切手が有り、JPSカタログ等でも僅かに解説されているが慣れないと難しい、百城凸版特徴のシークレットマークを拡大画像で解説して頂きました。

特に分類の難しい3円に関しては、百城凸版に使われた道林紙の網門紙で判別出来るとの事、裏面で見比べると比較的分かりやすい、4枚の中で左の使用済だけが百城凸版、その消印は1946年天津で発行当初は使用出来なかった地域の使用例。

3人目・武田幸作氏)第87回でも紹介のウクライナ切手「ロシアの軍艦、くたばれ」の第2弾の実逓書留FDCを紹介、こちらも切手の詳細は郵趣20226月号でも解説されているが、第1弾の100万枚に対して500万枚の発行ですが、やはり世界中で大評判の為に入手は困難になると思われます、郵趣では紹介されていない特印の印影は、撃沈された戦艦モスクワのように見えます。

4人目・槇原晃二氏)第37回前編と第38回後編で発表後、新たな入手品や研究等で再構成した、ウルグアイ・1番切手と2番切手の紹介。

1番切手は1856年発行の3額面、印面には国名や郵便といった文字が描かれておらず、上部の ”DILIGENCIA” は急行馬車の意味、当時は政府による郵便制度が出来ないまま民間の馬車会社を経営していたラピドという民間人を郵便管理官に任命して運営、地元モンテビデオのメジエ社が石版印刷で製造、シート構成は横735面、シェードバラエティや印面バラエティも多くプレーテイングが可能、版はひとつだけで60Cの版の額面を変更して80C1Rの版に造り変えたと言われており、同一ポジションに同じ特徴が有る、以下参考資料としてウルグアイ郵趣協会のサイトを紹介、ありがとうございます。

http://www.filateliauruguaya.com/estudio_e.html

http://www.filateliauruguaya.com/Yv1.pdf

2番切手は1858年発行の3額面、やはり国名表示は無いが首都モンテビデオと郵便物の意味 ”COREEO” が描かれた、シート構成は横530面、此処迄の民間半委託業務の特徴として、ペン消しは存在するが消印が使われなかった事、その為スコットカタログでも使用済の評価は無い、3額面の中でも120Cは入手困難、240Cは非常にシェードバラエティが多い、2番切手についても詳細はウルグアイ郵趣協会のサイトを参照して下さい、ありがとうございます。

http://www.filateliauruguaya.com/estudio_e.html

http://www.filateliauruguaya.com/Yv4.pdf

5人目・吉田敬氏)世界切手展HELVETIA2022日本コミッショナーとして参加された同氏より、現地で撮影された入賞作品等についての紹介と質疑応答が有りました、画像については割愛させて頂きます、現地ならではの情報として、切手展開催中に会場内で発行された、日替わり小型シート(加刷文字が変わる)の入手状況や実逓カバー作成などの紹介。

同氏が出品入賞された「Classic Switzerland 1843-18548フレーム作品についての紹介、今回注目点として、タイトルリーフを新たな試みで作成されたとの事、今後何らかの方法でフードバックを予定されているとの事です。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、興味の有るマテリアルを御持ちの方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

国際郵趣連盟 会長選挙の結果

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、下記の案内が発表されましたので、掲載します。

世界切手展 Indonesia2022 の会期最終日に開催された国際郵趣連盟(FIP)の第76回総会にて、新しいFIPのボードメンバーが選挙の結果、選任されました。副会長以上の役員を以下に記載します。

President: PRAKOB CHIRAKITI, Thailand (2022-26)
Vice-President America: REINALDO MACEDO, Brazil (2022-24)
Vice-President for Europe: YIGAL NATHANIEL, Israel (2022-24)
Vice-President for Asia: RICHARD TAN, Singapore (2022-26)

 

世界切手展 Indonesia 2022 審査結果

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど、実行委員会から下記の案内が発表されましたので、掲載します。

2022年8月4日から9日にかけて、インドネシア・ジャカルタ市で開催された世界切手展 Indonesia 2022に参加した日本の出品者の審査結果(得点とメダル等)です。

作品名 Fr. 出品者 点数 メダル等
チャンピオンクラス Postal History of the Korean Peninsula 1876- 1909 8 Inoue Kazuyuki WSCC
伝統 Japan Definitives 1937 – 1940 8 Kikuchi Emi 92 G
伝統 Japan Definitives Issues 1914 – 1925 8 Niwa Akio 92 G
伝統 Kingdom of Prussia 8 Yoshida Takashi 96 LG
郵便史 Japanese Occupation in Java March 1942-August 1945 8 Masuyama Saburo 88 LV
郵便史 Postal History of the Jiaozhou in China 1898- 1949 5 Fukuda Shinzo 87 LV+SP
郵便史 Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1875-1905 8 Itoh Sumihide 83 V
ステーショナリー Postal Stationery under Japanese Naval Occupation Area 8 Morikawa Tamaki 93 G+SP
ステーショナリー Postal Cards of Japan 1873-1874 8 Sai Touru 96 LG+SP GPIC
文献 The Cherry Blossom Issues Narumi Co. 90 G
文献 Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol 1, Vol 2, Vol 3 Japan Philatelic Society Foundation 88 LV
文献 Specialized Catalogue of the Showa Definitives Issues 1966-1983 Narumi Co. 92 G
また、8月7日(日)に開催されたパルマレスパーティーには下記の作品がグランプリ候補等にエントリーされ、審査員の投票により、アンダーラインを引かれた作品が、それぞれのチャンピオンに選出されました。
World Stamp Championship
Postal History of the Korean Peninsula 1876- 1909(Inoue Kazuyuki, JAPAN)
The First issues of the Spanish Mail(Barreras Jose Alberto, Spain
Iceland until 1901(Storckenfeldt Douglas, SWEDEN)
Hong Kong Designs, Proofs, Specimens and Other Archival Materials(Kwan William, Hong Kong)
Grand prix International
Coiling Dragon and its Overprints 1897-1912(Lin Tzu-Mu, Taipei)
Belgium’s First Issue, the EPAULETTES(Huys-Berlingin Jan, Lichtenstein)
The Mail SYstem in the Viceroyalty of Peru(Ponce Lozada Julio Cesar, Peru)
Postal Cards of Japan 1873-1874 (Toru Sai, JAPAN)
Grand Prix National 
The Development of KLM and KNILM Operation in the Netherlands Indies 1920-1942 (Tono Dwi Putranto, Indonesia)
■ 訂正のお知らせ:8/9 19:45
日本人の受賞メダルの掲示漏れ(1件)とグランプリ候補者に関する情報(作品名、氏名)の一部(2件)に誤りがあることが判明しましたので、再度照合し、修正いたしました。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第26回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第26回ZOOM例会レポート

2022年7月27日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)海軍地域 セラム加刷ハガキ

セラム地域では切手にはない、日章旗やセラム民政部之印という加刷がなされたハガキが発行されました。加刷の色や形にバラエティがあり、その組み合わせがいろいろありますが、そのどれもが貴重品です。今回は3種類の回覧がありました。

 

2)スマトラ 統一機械加刷エンタイア

南方ではいろいろな検閲印が使われました。表にはスマトラの箱型検閲印があり、裏に二重円の検閲印があります。

3)スマトラ パレンバン加刷封書

パレンバンの昭和切手25戦とパレンバンの大日本枠加刷5cent切手が貼られた書留郵便です。

4)スマトラ 大東亜戦争一周年記念特印

大東亜戦争一周年を記念したスマトラの特印です。文字しか書かれていない地味な特印ですが、貴重品です。

5)スマトラ バンカビリトン裏写り

南方切手ではしばしば裏に別の加刷が裏うつりしているものがあります。原因としては①加刷された為替証紙に切手を貼ったものを水剥がししたもの、②加刷切手を作った上に置かれた切手に裏うつりした、などが考えられます。たくさん見られるものではなく、楽しいものです。

6)スマトラ バンカビリトン加刷 未発見品

バンカビリトン加刷では37.5c切手に20c加刷が行われた切手が台切手の一つとして使われました。紫加刷が一般的ですが、赤加刷は未見品です。

7)スマトラ 満洲切手特印

スマトラやマライでは数多くの記念品が作られました。内地から郵趣家が切手を送り、現地で押印してもらったものがしばしば見られます。本品はスマトラの特印が押された満洲切手です。

8)海軍地域 偽物

本品は偽物です。ニューギニア切手に独特の錨加刷が行われたものです。いろいろな噂がありますが、あまり見られるものではないため密かな人気があります。

9)マライ 縦ガッター

コルフ印刷所で作られた正刷切手は400面構成でした。田の字の□部分に100面のシートがあるイメージです。本品は日構成部分からとったガッターブロックです。消印は2605年9月2日と見られます。

10)海軍地域 バンジェルマシン暫定切手

バンジェルマシン暫定切手は未使用・使用済みともにあまり見られません。本品は為替用紙の裏に貼られたものであり、為替受取人が期限内に来なかった際の手数料の支払いとして非常に珍しい使用例です。

 

話題は主に以上でした。

 

次回は8月24日 午後8時から開催予定です。

外国切手研究会 第88回Zoom例会レポート

2022521日 2000PM – 21:45PM開催『外国切手研究会 第88Zoom例会』レポートです。参加者10人中6人の発表で質疑応答が有りました。

1人目・槇原晃二氏)ウルグアイ・1877年シリーズの紹介、1866年数字図案シリーズに代わる切手を発行するにあたり1876年にデザインの公募をした所、ウエルカー氏だけの応募でエッセイも作成されたが、ドイツ1875年発行の切手と似ているとの事で不採用になった、そこでアメリカンバンクノート社に発注して発行されたシリーズ、凹版印刷でルーレットの810×10100面シート。

5センティシモは国内基本料金、バラエテイは少ない、カバーはモンテビデオ発、隣国のアルゼンチン・ブエノスアイレス宛だが国内宛封書と同等料金で送られている。

1883年この切手に”1883 Provisorio”と加刷した暫定切手が発行された、既に別の5センティシモ切手が発行されていたがそれが不足した事と、この切手が大量に余っていた為と思われる、加刷発行後は無加刷の切手は無効とされた、赤色加刷はエッセイ、急いで発行された為バラエテイが多く有る。

2人目・武田幸作氏)ソ連・1931年発行ツエッペリン切手の紹介、この50コペイカ切手の刷色は本来ダークブラウンだが、ダークブルーのエラーが有る、未使用切手は両方所有していたが、エラー切手と思われるカバーをebayで購入したが画像の見え方でエラーの方では無かったとの事、但し状態も良く買い物としては悪く無かったとの事。

同出品者より購入した沖縄切手多数貼りカバーの紹介、左下に貼られている1962年東西対抗剣道3セント切手のカバーが非常に少ない事が知られており、質疑応答によると単片貼内国便は現存1通のみとの事、発行枚数も普通で理由は分かっておらず、この様なカバーも少ないと思われる、同封筒に貼られている直前に発行された1962年切手趣味週間のカバーは普通に有るとの事です。

3人目・藤本博嗣氏)前回の続きで、新中国・1986年発行、各地の民家シリーズ1分切手の紹介、このシリーズは100面シートと60面シートが有るが1分は60面シートのみ、シート画像より銘版、トンボ、カラースケール、票銘などの位置関係が分かる、この切手は右マージンの目打部分に線が入っている、バラエテイとして第4コーナーの票銘横に点が有る無しを見つけた、所有しているシートの版番号から最初は点が無く、有る時期に点が有る版が使われ、後に再び点が無い版が使われたとの推測。

1分切手の適正料金は盲人用市内便で入手は困難と思われる、使用例として3枚貼印刷物、2枚貼市内便ハガキ最終便、10枚ブロック貼日本宛など、基礎知識としてはJPS郵趣200911月号巻頭特集「中国切手・バラエテイ事情」の記事が参考になると思われます。

4人目・山崎文雄氏)ハワイ・キングカメハメハ3世13セント(SC6)の紹介、4×520面でフルシートが1点現存している、旧石川良平コレクションにも大きなブロックが存在していた、この切手は左下13の額面数字に特徴が有りプレーテイングが可能、全画像が掲載されている参考サイト、http://www.hawaiianstamps.com/bg_pl13.html

この切手の特徴として、右側の縦枠がほぼ二重線になっている事、偽物を見分ける点のひとつ、紹介の切手はPos14と思われるが印面全体がゴースト状になっており、今迄未見の変種と思われる。

5人目・重山優氏)同氏のブログでも紹介している、孫文切手百城凸版70円貼カバーについて、https://ameblo.jp/sonbun99/entry-12744199994.html

1946513日上海発アメリカ宛航空便、料金は封書190円+航空料金90円=280円、第81回でも紹介したカバーと同様、航空料金が封書料金より安価だった短期間の使用例、百城凸版とは同時期の重慶中信版の製造が間に合わなかった為、同じ原版を用いて福建省南平の百城印刷局で製造された切手、用紙バラエティの分類や入手も難しく、額面によってはメインナンバーでも入手困難な切手も有り、カタログコレクションでも揃えにくいとの事、日中戦争中から戦争後にかけて発行されており、年代が後に成る程使用地域が広がっている、このカバーも日中戦争後の使用例で、切手発行時では日本占領下に有った上海使用例は存在しない。

6人目・比留間晃則氏)前回紹介のシーラカンス切手、コモロ・1954年発行の切手とその無目打、アメリカ宛書留カバーなど、今回入手分を暫定的にレイアウトした状態で紹介、カバーに貼られている1952年発行の戦車図案の切手は目打有と無目打が貼られており、比較的高価なマテリアル。

今回は以上です。詳細は下記画像をクリックして頂ければ大きな画像で見て頂く事ができます例会内容に興味が有る方や御質問、感想等頂ける方、興味の有るマテリアルを御持ちの方、些細な事でも結構ですのでコメントをお待ちしております。

INDONESIA 2022 World Stamp Championshipの出品作品(一覧)

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。INDONESIA 2022の実行委員会は、2022年8月4-8月9日にインドネシア・ジャカルタ市で開催される「INDONESIA 2022」にて展示される作品の一覧の公開を行いましたので、ご案内します。

展示一覧(部門別)*会場における展示順とほぼ同一

展示一覧(国別)

 

 

INDONESIA 2022 World Stamp Championshipの出品作品が判明しました

特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、活動の一環として、国際切手展情報の充実に注力しています。このほど「北陸郵趣」誌の情報提供により、2022年8月4-8月9日にインドネシア・ジャカルタ市で開催される「INDONESIA 2022」にて展示される日本人の作品が判明しました。

当協会では、実行委員会もしくはそれに類する機関による一次情報の提供により国際展の出品一覧を掲載していますが、本展覧会の実行委員会は開幕まで半月と迫る本日になってもHPで出品一覧を掲載しなかった為、同誌発行人に転載のご許可をいただき、掲載します。発行人の山﨑文雄様、ありがとうございました。

Exhibit Title Frame Name
チャンピオンクラス Postal History of the Korean Peninsula 1876- 1909 8 Inoue Kazuyuki
伝統アジア Japan Definitives 1937 – 1940 8 Kikuchi Emi
伝統アジア Japan Definitives Issues 1914 – 1925 8 Niwa Akio
伝統欧州 Kingdom of Prussia 8 Yoshida Takashi
郵便史ナショナル Japanese Occupation in Java March 1942-
August 1945
8 Masuyama Saburo
郵便史アジア Postal History of the Jiaozhou in China 1898- 1949 5 Fukuda Shinzo
郵便史アジア Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1875-1905 8 Itoh Sumihide
ステーショナリー Postal Stationery under Japanese Naval Occupation Area 8 Morikawa Tamaki
ステーショナリー Postal Cards of Japan 1873-1874 8 Sai Touru
文献・単行本 The Cherry Blossom Issues   Narumi Co. 
文献・カタログ Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol
1, Vol 2, Vol 3
  Japan Philatelic Society
Foundation 
文献・カタログ Specialized Catalogue of the Showa
Definitives Issues 1966-1983
  Narumi Co.