ジャパン・フィラテリスト・サミット2019 が盛大に開催されました

2019年3月9日(土)18時30分から、東京千代田区の丸ノ内二重橋ビル5Fにある日本外国特派員協会において、(特非)郵趣振興協会主催によるジャパン・フィラテリスト・サミット2019 が盛大に開催されました。

この会は、「国際切手展凱旋展2019」出品者の栄誉を称える機会とすることに加え、フィラテリストによる厳かで和やかな社交の場を設営し参加者相互の交流を深めることを目的としています。

今回の参加者は上述の趣旨にご賛同いただいた、「国際切手展凱旋展2019」への出品者6名を含む計37名で、いずれもわが国郵趣界をリードする皆様方でした。

 

 

 

 

集合写真です。

 

 

 

 

 

会場となった日本外国特派員協会のエントランス:有楽町電気ビルから丸ノ内二重橋ビルに移転して新装オープンしたばかりです

 

 

 

 

 

宴会場入口看板です

 

 

 

 

 

主催者挨拶をする吉田敬・代表理事:この後、スポンサー企業のご紹介と動画メッセージの披露がありました

 

 

 

 

 

続いて凱旋展出品者6名に対し、表彰状と副賞(金貨:貨幣司二分判)が郵政博物館長代理である(特非)郵趣振興協会の行徳國宏代表理事より授与されました。写真は山田祐司氏(右)と行徳代表理事(左)。

 

 

 

 

 

同じく授与を受ける伊藤純英氏(右)

 

 

 

 

 

 

賞の授与に続いて乾杯の発声は、FIP登録審査員・大原敏正氏がなさいました。

 

 

 

 

 

乾杯後にはディナーと懇談が始まり、その後6名の出品者それぞれから数分程度の興味深いスピーチがありました。続いて、FIP登録審査員・(特非)郵趣振興協会顧問の設楽光弘氏から祝辞が述べられました(写真)。

 

 

 

 

 

中締めのご挨拶は、南方占領地切手の専門家として知られ、(特非)郵趣振興協会特別顧問をおつとめの守川環氏(写真)がなさいました。

中締めの後は参加者全員で写真撮影を行い、20時20分には無事お開きとなりました。

【余話】

今回は主催者側による2次会の設営もあり、隣接する日本外国特派員協会メンバー限定のバー・スペースに移動しての有志による懇談が和やかに行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懇談中のみなさま

国際切手展凱旋展2019 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】


3/8から3/10にかけて開催される『国際切手展凱旋展2019』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2018年度 第8回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:国際切手展凱旋展2019

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主  催:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
後  援:AUKTIONSHAUS Christoph Gärtner GmbH & Co KG
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/3/8-10(土日)10:00-17:30
*最終入館時刻は毎日17時です

「切手コレクション展示パネル」の改修を準備

当協会が所有する「切手コレクション展示パネル」(写真)は、現在、 日本に存在する同種のパネルの中で格段に堅牢性が高いパネルです。郵 政博物館では、同パネル以外による切手コレクションの展示は許可されて おりませんが、貴重な郵趣マテリアルの保全および盗難対策としては当然 のことだと考えております。

このパネルは、PHILANIPPON 2001 の際に製造され、会期後に各 地の郵趣会に無償で配布されたもので、いまだに多くの郵趣会で活用さ れています。2011 年の国際展で使用されたパネルがコストカットが原因 で現在ほとんど活用されていない中、唯一の堅牢なパネルですが、地方 郵趣会の高齢化や規模縮小に伴い余剰になるケースが増えてきており、 2016 年に『スタンペディア・プロジェクト』に対して、壊れたものも含 めて 100 台近くの現物寄付の打診を頂戴致しました。全て問題なく稼働 すれば 200 フレーム規模の切手展を開催することも可能になる量です。

新たに堅牢なパネルを製造するより、壊れたものも含めて既存のパネル を管理・修繕して使用し続けることの方が経済的メリットが大きいという 判断ができましたが、修繕費用の金額も 100 万円を越えるだろうと予測 された為、短期長期で二つの方針を決定し、この二年間実行してまいり ました。すなわち、(1)当面の間は問題ないパネルを大事に活用してい くと共に、(2)課税されない会費寄付を修繕費用として積み立てるとい うことです。

『スタンペディア・プロジェクト』からスピンアウトする形で、当 NPO 法人が設立されたのは、この税制の理由が最も大きなものになります。 賛助会員の皆様からお預かりした会費は二年間分なるべく手をつけず に積み立ててまいりましたが、3 年目の賛助会費により、100 万円を 越える修繕費用の支出も可能になりましたので、本年7−9月の、「郵 博 特別切手コレクション展」の開催をゼロにし、その間に修繕が行え るように、2 月より計画を立てることになりました。詳細は来年度予算 計画としてまとめる予定で、賛助会員の皆様にはまたご報告いたします。

ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019 のご案内

2017年より毎年一度、フィラテリストの皆様にお集まりいただき、開催してまいりました社交の場を、「ジャパン・フィラテリスト・サミット」と命名し、本年は3月9日の「国際切手展凱旋展2019」二日目夜に開催する運びと相成りました。

昨年、一昨年の「ジャパン・フィラテリスト・サミット」にご参加された方はもちろん、初めての方のご参加も歓迎いたします。

なお本会食は、国際切手展でゴールドメダル以上の栄誉を得た最高レベルのコレクションを構築された本邦在住フィラテリストの皆様を称える「国際切手展凱旋展2019」の祝宴を兼ねております。

開催概要・申込方法をご覧いただき、多くのフィラテリストの皆様のご来臨の栄を賜りたく、ここにご案内申し上げます。

謹 白
2019年2月吉日
特定非営利活動法人 郵趣振興協会 役員一同
(行德國宏  有吉伸人  吉田 敬  池田健三郎)

昨年、一昨年開催された時のスナップより

第1回サミット(2017-6-3

 

第2回サミット(2018-4-21


ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019 開催概要・申込方法

と き: 2019年3月9日(土)18時 開場 18時半 開宴
ところ: 日本外国特派員協会 パーティールーム
会 費: 5,000円(当日申し受けます)
食 事: フランス料理(コース、着席)
服 装: 上着・男性はネクタイの着用をお願いいたします

出欠のご連絡:恐れ入りますが、電子メール等の方法にて、お名前と参加者数のご連絡をお願い申し上げます。折り返し確認メールをお送りすることをもって受付完了となります。

ご連絡先:  info@kitte.com

備考
(1)日本外国特派員協会は今年移転し、昨年までの会場とは住所が異なります。ご注意ください。
(2)諸外国のフィラテリーのパーティーの慣行に従い、二杯目以降の飲料は有償です。
(3)本パーティーは午後8時15分頃に終了の予定です。
(4)本パーティーへの参加者には記念品を贈呈致します。

会場地図

東京都千代田区丸の内 3-2-3丸の内二重橋ビル5階(東京メトロ二重橋前駅2分)

国際切手展凱旋展2019 の開催趣旨について

すでにご案内の通り、特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、来月3月8日から10日にかけて、「国際切手展凱旋展2019」を開催いたします。同展覧会の開催趣旨について、ご案内差し上げます。

 

【開催趣旨】

近年わが国では、国内競争切手展における上位入賞作品が、世界切手展およびアジア切手展(以降これらを一括して「国際展」と称します)に盛んに出品されるようになり、成績面でもグランプリや大金賞受賞者を輩出するなど目覚ましい成果を挙げていることは皆様ご承知の通りであります。

こうした勢いもあって、近年の出品作品数は総じて増加傾向にあり、国際郵趣界におけるわが国のプレゼンスは、2021年の日本郵便制度創業150周年及びそれを記念する世界切手展の実施(於 東京または横浜)に向け、次第に高まりつつあるといえましょう。

しかしながら、わが国での国際展開催は「10年に1度」という低頻度のチャンスであり、それ以外の国際展は当然、外国での開催となることから、日本在住のフィラテリストが全ての国際展を参観することはほぼ不可能となっています。

事実、世界で戦っている日本人フィラテリストによる世界最高レベルのコレクションを間近で鑑賞するには、相応の時間と費用をかけて開催地に赴くという負担が伴うだけに、そのチャンスは限定的であり、事後の郵趣団体機関誌における報告記事や参観者ブログ等を通じその一端に触れる程度にとどまらざるを得ません。

他方、出品者自身にとっても、各々の国際展で毎回華やかに開催される受賞祝賀会(パルマレス)に参加するには、やはり現地に渡航・滞在する必要があるため、世界中のフィラテリストはもとより、開催国要人や国際郵趣団体役員等の面前で晴れやかに賞状・メダルを受ける恩恵に浴しうる可能性は、実際のところかなり乏しいのが実情となっています。

こうした状況を踏まえ特定非営利活動法人郵趣振興協会では、国際展上位入賞コレクションをわが国のナショナルミュージアムのひとつである郵政博物館において広く来館者に展示公開し、その素晴らしさを間近で体感いただくとともに、その機会を捉えて出品者や多くのフィラテリストが集う場を設け、出品者である凱旋フィラテリストの皆様に祝意を伝えるとともに、フィラテリスト相互の交流を推進する機会をつくることとし、これを「国際切手展凱旋展 2019」として実施することといたしました。

特定非営利活動法人 郵趣振興協会

 

展示作品一覧

コレクション名 F オーナー名
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues 8 山田祐司
Japan: Showa Series, 1937-46 8 伊藤純英
Indian Feudatory state: Hyderabad 5 佐藤浩一
FRANCE 1849-1862 8 有吉伸人
The Development of Japanese EXPRESS DELIVERY Service in Early Period 8 池田健三郎
Advertised Postmarks in Japan 1 岩崎朋之

いずれの作品も今回を逃すと、日本国内で見る機会がすぐにはないコレクションばかりです。同期間には日本切手商協同組合による「JSDA切手まつり」も開催され、全国から東京にお越しになる方も多いのではないかと存じます。ぜひ今から参観のご計画をおたてください。

展覧会名:国際切手展凱旋展2019
(郵博 特別切手コレクション展、2018年度第8回)

開催日時:2019/3/8-10(金土日)10:00-17:30

場  所:郵政博物館

 

「第7回ヨーロッパ切手展」(郵博 特別切手コレクション展、2019/10/12-13)展示作品の募集について

展示団体より参加要項を連絡頂きましたので掲載いたします。


第7回ヨーロッパ切手展 出品要項

さてこのたび、郵政博物館とNPO郵趣振興協会との共催により、本年10月12-13日の両日、郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)内の多目的スペースを使用して「第7回ヨーロッパ切手展」を40フレーム規模で開催しようというプロジェクトが始動いたしました。

ヨーロッパ切手展は2013年の第1回展覧会の開催以来、毎年一つテーマを決めて、ヨーロッパのフィラテリーを日本で展示する唯一の切手展です。2019年は、テーマを「英国・英領」とし、フィラテリーの世界でも人気のある同テーマの切手コレクションを一堂に会した切手展としたいと考えております。

ご出品を希望される方は、電子メールや郵便等にて下記あてにご連絡を頂戴いたしたく、よろしくお願い申し上げます。

ご返信先: 事務局 菊地 電子メール emi@stampedia.net

■開催概要
名  称:第7回ヨーロッパ切手展
展示団体:第7回ヨーロッパ切手展実行委員会(委員長:小林彰)
テーマ :英国・英領に関するコレクション
募集形態:フレーム単位で1~8フレーム
日  時:10月12日(土)~13日(日)の両日
※10月12日は午前に設営・午後1時に開場予定です
会  場:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9階)多目的スペース
出品料 :1フレームあたり2,000円
作品提出:10/12に現地で設営いただくか、10/9(水)に指定場所にご郵送いただきます
作品返却:10/13(日)17:30 会場引取か、着払返送。

出品申込:添付資料をご覧の上、記載の連絡先にお申し込みください。
2019 ヨーロッパ展 出品要項

募集締め切りは設けませんが、既にいくつかの作品の展示が決定しておりますので、ご関心のある方は早めのご連絡をお願いいたします。ご相談も歓迎いたします。


国際切手展凱旋展2019 出品作品の発表

来月3月8日から3月10日までの会期にて、郵政博物館で開催されます「国際切手展凱旋展2019」について、2月5日の出品申込締切までに多数お問い合わせを頂戴し、御礼申し上げます。

実行委員会にて展示作品を厳選し、以下の通りに出品作品が決定いたしましたので、発表いたします。

コレクション名 F オーナー名
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues 8 山田祐司
Japan: Showa Series, 1937-46 8 伊藤純英
Indian Feudatory state: Hyderabad 5 佐藤浩一
FRANCE 1849-1862 8 有吉伸人
The Development of Japanese EXPRESS DELIVERY Service in Early Period 8 池田健三郎
Advertised Postmarks in Japan 1 岩崎朋之

いずれの作品も今回を逃すと、日本国内で見る機会がすぐにはないコレクションばかりです。ぜひ今から参観のご計画をおたてください。

「ステーショナリー展」(郵博 特別切手コレクション展、2019/10/5-6)展示作品の募集について

展示団体(出展者)より参加要項をご連絡頂きましたので掲載いたします。


ステーショナリー展の企画展示の募集を開始しました。

この度、郵政博物館と(特非)郵趣振興協会共催の2018年度「郵博 特別コレクション展」の1つとして10月5日~6日にかけて「ステーショナリー展」を開催いたします(展示パネル40フレーム規模)。

ステーショナリーは、フィラテリーにおける人気分野の一つですが、競争展における展示規則では、使用面よりも製造面に重きを置くことが求められるため、大半のテーマが低評価にとどまり、収集家による積極的な展示の妨げとなってまいりました。

この状況を打破するには、非競争の展覧会を定期的に開催し、ステーショナリー収集家の展示機会を確保することが重要であるとの考えから、この度ステーショナリー展を開催することにいたしました。この展覧会をご覧になった方の中からぜひ新しいステーショナリー収集家が登場することを期待しています。

本展覧会にコレクションの展示を希望される方は以下をご覧の上、ご連絡ください。

■開催概要
名  称:ステーショナリー展
展示団体:ステーショナリー展実行委員会
テーマ :ステーショナリーに関するコレクション
募集形態:フレーム単位で1~8フレーム
日  時:10月5日(土)~6日(日)の両日
※10月5日は午前に設営・午後1時に開場予定です
会  場:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9階)多目的スペース
出品料 :1フレームあたり2,000円
作品提出:10/5に現地で設営いただくか、10/2(水)に指定場所にご郵送いただきます
作品返却:10/6(日)17:30 会場引取か、着払返送。

出品申込:添付資料をご覧の上、記載の連絡先にお申し込みください。
 2019 ステーショナリー展 出品要項

募集締め切りは設けませんが、既にいくつかの作品の展示が決定しておりますので、ご関心のある方は早めのご連絡をお願いいたします。ご相談も歓迎いたします。


第2回いずみ展 大盛況のうちに閉幕

去る2019年2月2(土)-3日(日)の両日、郵政博物館において郵博特別コレクション展「第2回いずみ展」(展示団体=いずみ切手研究会)が盛大に開催され、メンバー渾身の40フレームに及ぶ作品群を、参観者は熱心に鑑賞していました。

いずみ切手研究会はわが国を代表する、有力な地域フィラテリー・サークルで、そのレベルの高さと圧倒的な組織力で知られる、パワフルな集団です。

今回の展示もその名に恥じない充実したラインナップとなり、大変充実した展覧会となりました。

 

 

 

 

 

会場全景です。スカイツリー関係のマテリアルを冒頭に配置して、参観者を惹きつけるなど展示にも工夫がみられます。

 

 

 

 

 

いずみ切手研究会メンバーによる郵趣品の即売も行われました。写真は渡会一裕さんのブースです。通常よりも1-2割安とあって大勢の来店客で賑わっていました。

 

 

 

 

 

会期終了後のメンバーによる撤収作業。人数が多いのであっという間に撤収が完了しました。

 

 

 

 

 

 

無事に撤収作業を終えて、近辻会長(中央)を囲みメンバー一同で記念撮影。また来年の開催をお楽しみになさってください。