改元記念・皇室関係フィラテリー展、無事閉場す。

4/27から5/6にかけて開催いたしました『改元記念・皇室関係フィラテリー展』ですが、5,000人を超える、ご来場をいただき、十日間の会期ののち、昨日無事閉場いたしました。

その撤去作業を、日が変わり本日朝の開館と同時に行いました。新しい展示方法に要するフレーム数が通常展よりも少なかったことや、予めご出品者の野口喜義さん、横山裕三さん、郵政博物館の冨永さんがご協力をお申し出くださいましたこともあり、小一時間で撤収作業は完了いたしました。皆様に厚く御礼申し上げます。

本展覧会は、郵政博物館のご協力をいただき、郵博 特別切手コレクション展としては最長の十日間の開催を行なうことになり、色々と心配点もございましたが、スカイツリーの館内宣伝が大きく奏功し、多くの一般客にフィラテリーにふれて頂く機会を提供できたのではないかと思います。

また、事前のプレスリリースなども注力したため、いくつかのメディア掲載に繋がり、展示された方の満足度向上につながりました。今後も展覧会の価値を高めるべく、主催展では様々なイノベーションを行ってまいりますので、どうぞご期待ください。

さて、4月1日から始まった、当協会新年度の初月は、前島密没後 100年記念展と本展覧会の両建てで、非常に忙しい月となりましたが、主催展もしばらくはございません。ようやくひと段落つくことができます。

また主催展以外では、5月に郵便制度史展2019、6月に南方占領地のフィラテリー展が開催予定ですので、フィラテリストの皆様はどうぞ参観予定をご調整くださいませ。

改元記念・皇室関係フィラテリー展は、明日6日(月祝)まで開催中

4/27から5/6にかけて開催される『改元記念・皇室関係フィラテリー展』ですが、連日800人近くご来場をいただいております。

本展覧会は、郵政博物館のご協力をいただき、郵博 特別切手コレクション展としては最長の十日間の開催を行なっております。

なお、パンフレットは千部を準備いたしましたが、4月中には配布しきってしまい、残部はございません。ダウンロードできるPDF版を提供しておりますので、参観の参考にしていただけましたら幸いです。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第2回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:改元記念・皇室関係フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/27-5/6(GW中の十日間開催)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

「改元記念・皇室関係フィラテリー展」に是非おこしください

郵博特別コレクション展として、4/27日から5/6日の会期にて、「改元記念・皇室関係フィラテリー展」が開催されています。

本邦初公開の貴重なエッセーや、皇室への献上切手帖(郵政当局側の控え)など重要マテリアルの展示もございますので、是非足をお運びください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改元記念・皇室関係フィラテリー展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

4/27から5/6にかけて開催される『改元記念・皇室関係フィラテリー展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

 

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第2回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:改元記念・皇室関係フィラテリー展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/27-5/6(GW中の十日間開催)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

前島密没後100年記念展 郵政記念日式典に伴う追加開催を終え、本夕終了。

4/19から4/21にかけて(一般)開催された『前島密没後100年記念展』は、郵政記念日式典に伴う追加開催(日本郵便グループの方への限定公開)を本日4/22 の午後に5時間ほど実施いたしました。

500名以上のご来場が事前に予想されたため、カラーパンフレットを700部ほど準備して臨みましたが、ご職業がら皆さま、本切手展へのご関心が高く、閉場時の残部はほとんどありませんでした。(写真は混雑する本日の会場)

閉場後は、郵政博物館の学芸員の職員さんのお手伝いを頂き、撤収を行い、無事展覧会は閉幕いたしました。今回の企画展示は、フィラテリーを日本郵便の現場職員の方に訴求できる貴重な機会でありました。本企画の趣旨をご理解くださり、展示にご協力くださいました皆さまに改めて御礼申し上げます。

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第1回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:前島密没後100年記念展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/19-21(金土日)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

 

「前島密没後100年記念展」が開幕

東京スカイツリー ソラマチ9F の郵政博物館で、「前島密 没後100年記念展」が本日より開幕しました。

本日(4月19日)から3日間限定での開催で、最終日(4月21日)は17時で入場〆切となります。

この展覧会では、前島が先頭に立って整備された近代郵便制度の変遷がわかる郵便物・消印等で構成されたコレクションや、郵便の父といわれる前島密を描いた日本の普通切手など、前島密にまつわる各種の貴重なポスタル・ドキュメントが多数展示されていますので是非ご来館ください。

※ 以下の写真は会場の風景等です

前島密没後100年記念展 展示作品解説パンフレット【ダウンロード可】

4/19から4/21にかけて開催される『前島密没後100年記念展』の展示作品解説パンフレットが完成しました。

当日、会場となる郵政博物館でもパンフレットを配布いたしますが、事前にダウンロードできるPDF版もご用意しました。参観の参考にしていただき、どうぞご来場ください。

パンフレットのダウンロード

展覧会詳細

展覧会名:2019年度 第1回 郵博 特別切手コレクション展
企画展名:前島密没後100年記念展

開催場所:郵政博物館(東京スカイツリータウン ソラマチ9F)
主催団体:郵政博物館、(特非)郵趣振興協会
展示団体:(特非)郵趣振興協会
後  援:無料世界切手カタログ・スタンペディア株式会社

開催期間:2018/4/19-21(金土日)10:00-17:30
*初日のみ13:00開場となります。最終入館時刻は毎日17時です

国際切手展凱旋展2019が無事閉幕しました。

国際切手展凱旋展2019を、3月10日17時半に無事閉幕いたしました。即日作品の撤去作業を行い、全作品について無事出品者のお手元に返却を完了いたしました。

本展覧会には、全国から多くのフィラテリストにお集まりいただきましたが、首都圏の地上波ならびにFM放送などでご案内いただいた事やスカイツリーという場所柄、一般の若い層の参観も多かったと感じております。

一般の観客の審美にも耐えうるアンティークコレクションを展示することは、フィラテリーの社会的地位の向上に資すると当協会では考えておりますので、その点からも大成功だったのではないかと考えております。

この水準の展覧会を毎年開催することは難しいとは思いますが、また数年後に開催したいと計画しておりますので、出品・参観の双方でどうぞご期待いただければと思います。

ジャパン・フィラテリスト・サミット2019 が盛大に開催されました

2019年3月9日(土)18時30分から、東京千代田区の丸ノ内二重橋ビル5Fにある日本外国特派員協会において、(特非)郵趣振興協会主催によるジャパン・フィラテリスト・サミット2019 が盛大に開催されました。

この会は、「国際切手展凱旋展2019」出品者の栄誉を称える機会とすることに加え、フィラテリストによる厳かで和やかな社交の場を設営し参加者相互の交流を深めることを目的としています。

今回の参加者は上述の趣旨にご賛同いただいた、「国際切手展凱旋展2019」への出品者6名を含む計37名で、いずれもわが国郵趣界をリードする皆様方でした。

 

 

 

 

集合写真です。

 

 

 

 

 

会場となった日本外国特派員協会のエントランス:有楽町電気ビルから丸ノ内二重橋ビルに移転して新装オープンしたばかりです

 

 

 

 

 

宴会場入口看板です

 

 

 

 

 

主催者挨拶をする吉田敬・代表理事:この後、スポンサー企業のご紹介と動画メッセージの披露がありました

 

 

 

 

 

続いて凱旋展出品者6名に対し、表彰状と副賞(金貨:貨幣司二分判)が郵政博物館長代理である(特非)郵趣振興協会の行徳國宏代表理事より授与されました。写真は山田祐司氏(右)と行徳代表理事(左)。

 

 

 

 

 

同じく授与を受ける伊藤純英氏(右)

 

 

 

 

 

 

賞の授与に続いて乾杯の発声は、FIP登録審査員・大原敏正氏がなさいました。

 

 

 

 

 

乾杯後にはディナーと懇談が始まり、その後6名の出品者それぞれから数分程度の興味深いスピーチがありました。続いて、FIP登録審査員・(特非)郵趣振興協会顧問の設楽光弘氏から祝辞が述べられました(写真)。

 

 

 

 

 

中締めのご挨拶は、南方占領地切手の専門家として知られ、(特非)郵趣振興協会特別顧問をおつとめの守川環氏(写真)がなさいました。

中締めの後は参加者全員で写真撮影を行い、20時20分には無事お開きとなりました。

【余話】

今回は主催者側による2次会の設営もあり、隣接する日本外国特派員協会メンバー限定のバー・スペースに移動しての有志による懇談が和やかに行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懇談中のみなさま