アジア国際切手展SINGPEX2019入賞結果速報

2019年7月31日から8月4日の会期にて、シンガポールで開催されている同展ですが、日本からの出品物の入賞結果速報が判明しましたので、以下の通りお知らせします。ご入賞のみなさま、おめでとうございます。

名前(敬称略)、作品名、点数、メダル、特別賞の順です。
GPHCはグランプリドヌール候補、GPICはグランプリインターナショナル候補です(その後、井上和幸氏がグランプリインターナショナルに輝きました)

※ 速報のため、変更となる場合があります。ご了承ください。

正田幸弘 Postal History of Brazil 1795-1877, SP/GPHC

小山隆 Japan Hand-Engraved Stamps 1871-1876, 88, LV
井上和幸 Japan Definitives 1883-1892, 96, LG, SP/GPIC
山田祐司 “Japan Tazawa Series Unwatermarked White Paper Series & Watermarked Old Die Series”, 91, G
丹羽昭夫 Japan Definitive Issues 1914-1925, 92, G
吉田敬 Japan Definitives 1922-1937, 88, LV
赤塚東司雄 “Japan Definitives 1950-1951: Animal, Plant & National Treasure
Series”, 85, LV
石澤司 Ryukyus Air Mail Stamps 1950-60, 82, V
安藤裕 “Great Britain One Penny Black and Red-Brown from Black Plates
1840-1841”, 82, V
小林莞爾 Swiss Definitive Stamps 1854-1907, 85, LV
池田健三郎 “The Development of Japanese Express Delivery in Establishing and Expansive Period”, 90, G
伊藤文久 Poland Inflation 1922-1924, 83, V
虎頭雄彦 “World War II in Asia, Causes and Consequences”, 83, V

市川敏之 Czechoslovak Gallery, 未着
(株)鳴美 Japan The Cherry Blossom Issues 1874, 90, G
(株)鳴美 Study of the Nogi 2 Sen Issues 1937-1947, 78, LS
日本郵趣協会 “Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol 1, Vol 2, Vol 3”, 90, G

 

【国際切手展情報】 CHINA 2019 (FIP展) 受賞結果抜粋

グランプリ受賞結果

Grand Prix National
The 1897 Red Revenue Surcharges of China, Ding Jinsong

Grand Prix International
Australia: Private Printing Period in Victoria 1850-1859, Nagai Masayasu(永井正保)
その他の候補作品(調査中)

Grand Prix D’Honneur
The Postal History of Mongolia (1755-1921), Wei Gang
その他の候補作品
Geneva from the Cantonal Post to the Federal Post 1839-1862
Railway Postmarks of the Russian Empire from 1852 to 1917

 

日本からの出品作品の受賞結果

なお、会場での確認を含めて、現時点までに確認できた日本からの出品作品の受賞結果は以下の通りです。

部門 作品名称 F 作品オーナー 受賞結果
伝統郵趣 AOA Australia: Private Printing Period in Victoria 1850-1859 8 Nagai Masayasu LG+GPIC
伝統郵趣 AOA Japan Definitive Issues 1914-1925 8 Niwa Akio G
伝統郵趣 AOA Japan Definitives: Vocational Series 8 Sudani Nobuhiro G
伝統郵趣 AOA Japan Old Koban Series 1876-1879 8 Tabata Yuji G
伝統郵趣欧州 Slovenia 1919-1920, The First Issue 5 Enosawa Yuichi LS
伝統郵趣欧州 Kingdom of Prussia 1850-1867 8 Yoshida Takashi G
伝統郵趣アメリカ Hawaii, The Bank Note Issues 5 Yamazaki Fumio LV
郵便史AOA Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1865-1905 8 Itoh Sumihide LV
郵便史AOA Indian Campaigns 8 Koiwa Akihiko G+SP
郵便史欧州 Hungarian Inflation 1945-1946 8 Ito Fumihisa G+SP
ステーショナリ Postal Cards of Japan 1873-1874 Cherry Blossom Issue 5 Sai Touru LV
テーマティク Our Rotating Foot in Cities: Tramway 8 Enosawa Yuichi G
オープン Tonga Tin Can Mail History 1882-1947 5 Inoue Kazuyuki G
文献 How to make your exhibit for Japex (Japan Philatelic Exhibition as
one of national exhibitions in Japan)
Enosawa Yuichi 未着
文献 Gems on Paper Shoda Yukihiro S
文献 Japanese Stamp Specialized Catalogue Vol 1, Vol 2, Vol 3 Japan Philatelic Society,
Foundation
未着

 

ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019 のご案内

2017年より毎年一度、フィラテリストの皆様にお集まりいただき、開催してまいりました社交の場を、「ジャパン・フィラテリスト・サミット」と命名し、本年は3月9日の「国際切手展凱旋展2019」二日目夜に開催する運びと相成りました。

昨年、一昨年の「ジャパン・フィラテリスト・サミット」にご参加された方はもちろん、初めての方のご参加も歓迎いたします。

なお本会食は、国際切手展でゴールドメダル以上の栄誉を得た最高レベルのコレクションを構築された本邦在住フィラテリストの皆様を称える「国際切手展凱旋展2019」の祝宴を兼ねております。

開催概要・申込方法をご覧いただき、多くのフィラテリストの皆様のご来臨の栄を賜りたく、ここにご案内申し上げます。

謹 白
2019年2月吉日
特定非営利活動法人 郵趣振興協会 役員一同
(行德國宏  有吉伸人  吉田 敬  池田健三郎)

昨年、一昨年開催された時のスナップより

第1回サミット(2017-6-3

 

第2回サミット(2018-4-21


ジャパン・フィラテリスト・サミット 2019 開催概要・申込方法

と き: 2019年3月9日(土)18時 開場 18時半 開宴
ところ: 日本外国特派員協会 パーティールーム
会 費: 5,000円(当日申し受けます)
食 事: フランス料理(コース、着席)
服 装: 上着・男性はネクタイの着用をお願いいたします

出欠のご連絡:恐れ入りますが、電子メール等の方法にて、お名前と参加者数のご連絡をお願い申し上げます。折り返し確認メールをお送りすることをもって受付完了となります。

ご連絡先:  info@kitte.com

備考
(1)日本外国特派員協会は今年移転し、昨年までの会場とは住所が異なります。ご注意ください。
(2)諸外国のフィラテリーのパーティーの慣行に従い、二杯目以降の飲料は有償です。
(3)本パーティーは午後8時15分頃に終了の予定です。
(4)本パーティーへの参加者には記念品を贈呈致します。

会場地図

東京都千代田区丸の内 3-2-3丸の内二重橋ビル5階(東京メトロ二重橋前駅2分)

国際切手展凱旋展2019 の開催趣旨について

すでにご案内の通り、特定非営利活動法人 郵趣振興協会は、来月3月8日から10日にかけて、「国際切手展凱旋展2019」を開催いたします。同展覧会の開催趣旨について、ご案内差し上げます。

 

【開催趣旨】

近年わが国では、国内競争切手展における上位入賞作品が、世界切手展およびアジア切手展(以降これらを一括して「国際展」と称します)に盛んに出品されるようになり、成績面でもグランプリや大金賞受賞者を輩出するなど目覚ましい成果を挙げていることは皆様ご承知の通りであります。

こうした勢いもあって、近年の出品作品数は総じて増加傾向にあり、国際郵趣界におけるわが国のプレゼンスは、2021年の日本郵便制度創業150周年及びそれを記念する世界切手展の実施(於 東京または横浜)に向け、次第に高まりつつあるといえましょう。

しかしながら、わが国での国際展開催は「10年に1度」という低頻度のチャンスであり、それ以外の国際展は当然、外国での開催となることから、日本在住のフィラテリストが全ての国際展を参観することはほぼ不可能となっています。

事実、世界で戦っている日本人フィラテリストによる世界最高レベルのコレクションを間近で鑑賞するには、相応の時間と費用をかけて開催地に赴くという負担が伴うだけに、そのチャンスは限定的であり、事後の郵趣団体機関誌における報告記事や参観者ブログ等を通じその一端に触れる程度にとどまらざるを得ません。

他方、出品者自身にとっても、各々の国際展で毎回華やかに開催される受賞祝賀会(パルマレス)に参加するには、やはり現地に渡航・滞在する必要があるため、世界中のフィラテリストはもとより、開催国要人や国際郵趣団体役員等の面前で晴れやかに賞状・メダルを受ける恩恵に浴しうる可能性は、実際のところかなり乏しいのが実情となっています。

こうした状況を踏まえ特定非営利活動法人郵趣振興協会では、国際展上位入賞コレクションをわが国のナショナルミュージアムのひとつである郵政博物館において広く来館者に展示公開し、その素晴らしさを間近で体感いただくとともに、その機会を捉えて出品者や多くのフィラテリストが集う場を設け、出品者である凱旋フィラテリストの皆様に祝意を伝えるとともに、フィラテリスト相互の交流を推進する機会をつくることとし、これを「国際切手展凱旋展 2019」として実施することといたしました。

特定非営利活動法人 郵趣振興協会

 

展示作品一覧

コレクション名 F オーナー名
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues 8 山田祐司
Japan: Showa Series, 1937-46 8 伊藤純英
Indian Feudatory state: Hyderabad 5 佐藤浩一
FRANCE 1849-1862 8 有吉伸人
The Development of Japanese EXPRESS DELIVERY Service in Early Period 8 池田健三郎
Advertised Postmarks in Japan 1 岩崎朋之

いずれの作品も今回を逃すと、日本国内で見る機会がすぐにはないコレクションばかりです。同期間には日本切手商協同組合による「JSDA切手まつり」も開催され、全国から東京にお越しになる方も多いのではないかと存じます。ぜひ今から参観のご計画をおたてください。

展覧会名:国際切手展凱旋展2019
(郵博 特別切手コレクション展、2018年度第8回)

開催日時:2019/3/8-10(金土日)10:00-17:30

場  所:郵政博物館

 

国際切手展凱旋展2019 出品作品の発表

来月3月8日から3月10日までの会期にて、郵政博物館で開催されます「国際切手展凱旋展2019」について、2月5日の出品申込締切までに多数お問い合わせを頂戴し、御礼申し上げます。

実行委員会にて展示作品を厳選し、以下の通りに出品作品が決定いたしましたので、発表いたします。

コレクション名 F オーナー名
Japan 1871-1876 Hand Engraved Issues 8 山田祐司
Japan: Showa Series, 1937-46 8 伊藤純英
Indian Feudatory state: Hyderabad 5 佐藤浩一
FRANCE 1849-1862 8 有吉伸人
The Development of Japanese EXPRESS DELIVERY Service in Early Period 8 池田健三郎
Advertised Postmarks in Japan 1 岩崎朋之

いずれの作品も今回を逃すと、日本国内で見る機会がすぐにはないコレクションばかりです。ぜひ今から参観のご計画をおたてください。

世界切手展 CHINA 2019 作品募集について

標題の国際切手展の日本国内居住者に対する作品募集の告知が、FIP加盟団体である(一社)全日本郵趣連合から発表されましたので、お知らせいたします。

詳細は、以下の(一社)全日本郵趣連合の公式ブログに掲載されたコミッショナーからの告知内容をお読みください。

http://alljapanstamp.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

留意点としては、エントリーフォームのコミッショナー送付締切りが2019年2月15日必着とされていることと、中国国内での開催となることから同国特有のリスク要因が存在すること等があります。当該箇所を熟読のうえご判断ください。

世界切手展THAILAND 2018(於 バンコク)受賞結果

標題の展覧会の審査結果が判明いたしましたので、現地より取り急ぎ、以下の通り非公式に速報いたします。日本からの一般競争作品16件のメダルは、LG=なし、G=5、LV=7、V=2、LS=2という結果でした。受賞されたみなさま、まことにおめでとうございます。

なお正式な審査結果につきましては、(現時点で情報未掲載ながら)THAILAND 2018の公式サイト、またはわが国におけるFIP加盟組織である(一社)全日本郵趣連合の公式サイトをご覧願います。

※氏名(敬称略)、題名、メダルランク(スコア)の順で掲載

【FIPチャンピオンシップクラス】・大沼幸雄 L.V.Beethoven – His Life in a Historical Context and His Legacy

【一般競争クラス】
・岩崎善太 Siam 1883-1895 (Previous title: Siam Classic) LV(88)
・菊地恵実 Japan Definitives 1937-1940 V(80)
・吉田敬 Japan Definitives 1922-1937 LV(87)
・伊藤純英 Japan: Showa Series, 1937-46 G(92)
・丹羽昭夫 Japan Definitives Issues 1914-1925 (Previous title: Japan: Tazawa Series “Taisho” Watermarked Granite Paper Old Die) LV(86)
・斉藤環 Austria and Lombardy-Venetia the 1850 Issues G(90)
・吉田敬 Kingdom of Prussia 1850-1867 G(92)
・佐藤浩一 Republica Argentina: Sitting Liberty Series 1899-1903 G(90)
・伊藤純英 Foreign Mail in Nagasaki, Japan 1865-1905 LV(87)
・伊藤文久 Hungarian Inflation 1945-1946 LV(88)
・正田幸弘 Postal History of Brazil 1795-1877 (Previous title: Postal History of Brazil 1809-1877) G(93)
・和田文明 The U.S. Return Receipt Requested & Avis de Reception 1866-1945 V(83)
・安藤源成 Japanese Foreign Mail Postcards LV(86)
・立川賢一 South America Airmails by Graf Zeppelin (Previous title: Airmails Carried by Graf Zeppelin) LS(78)
・嘉ノ海暁子 Floriculture – Its History of Development Viewed Through Europe LS(78)
・江村清 The History of Artist’s Portraits – Traces of 600 Years Hand in Hand with Muses (Previous title: The History of Artist’s Portrait-the-transition of western art over 600 years) LV(88)

【文献】
・(公財)日本郵趣協会 Suomi Finland 1856-1875 V(80)
・正田幸弘 『紙の宝石』 S(73)
・Stampedia Inc Stampedia Philatelic Journal 文献未着のため審査対象外
・(公財)日本郵趣協会 『日本普通切手専門カタログ』vol.1、vol.2 LV(86)
・同上『沖縄切手総カタログ』 V(83)

【ワンフレーム】 点数のみでメダルの授与はなし
・菊地恵実 1943 Malay 4C Postal Card 78点
・川辺勝 Entry of the Crusaders in Constantinople by Delacroix (Previous title: Liberty Leading the People by Delacroix) 80点

【現代郵趣】
・須谷伸宏 Japan Definitives: 1980-1988 V(82)

【オープンクラス】
・荒井照夫 The Life of Richard Wagner S(73)

以 上

「日本国際切手展2021」開催に向け、郵政当局は前向きに準備中

昨日(2018年11月18日)11時から、東京都立産業貿易センター台東館4階にて開催された、全国切手展<JAPEX2018>表彰式において、来賓として出席中の日本郵便株式会社切手・葉書室担当部長から、「わが国での2021年国際切手展開催に向けて目下、前向きに準備中である」旨の発表がありました。これは日本郵便事業150周年における国際展開催に対する、わが国郵政当局からのコミットの表明であり、これをもって同展の開催は揺るぎないものとなったと受け止められています。

これは、不特定多数の方々が参加可能な公開スペースでのスピーチを通じた表明でしたので、既に多くの郵趣家に当該情報が届いていることと推定いたしますが、念のため本サイトでも皆様にお知らせしておきます。

無論、「郵趣界としてのプロセス」という側面でみれば、FIP世界展の開催確定のためには、FIPにおける機関決定を待つ必要がありますが、これは多分に形式的なものとなっており、開催国の郵政当局からの発表が先行することは別段、珍しいことではありません。したがって、今回の公表を契機に、FIPでの決定プロセスも加速していくものと推察され、「あとはFIPでの正式決定を待つばかり」という段階まで到達したものと思われます。

ご参考までに、国の予算においては、現在、来年度(2019年度)予算の概算要求が財務省から公表されており、郵政事業関係は総務省予算となりますが、当方が確認した限りでは、概算要求書中に日本郵便150周年関係費が計上されている事実は確認できませんでした。

したがって、少なくとも来年度当初予算を見る限り、本件は総務省予算を通じて「国の事業として150周年を祝う」ものではなく、事業主体である日本郵政グループにおける事業計画・予算を裏付けとする周年事業の一環として、今後、推進されていくものと判断されます(あるいは2019年度はまだ準備段階なので未だ国費には計上すべき費目がない可能性もあります)。

いずれにせよ、今後、今回のような公式の発表やそれに準ずる動きがございましたら、本サイトでも可能な限りフォローしていくことといたします。

世界切手展 CHINA 2019

標題の展覧会については、開催予定日まで一年を切っていたことから、フィラテリストの関心が高まっていたところですが、このほど同展に関する情報がアジア郵趣連盟(FIAP)のウェブサイトで更新され、FIP展として2019年6月に中国・武漢市で行われる旨が決まった模様です。

https://www.asiaphilately.com/Calendar.html

それによれば、同展の概要は以下の通りです。

・会期 :2019年6月(日付は現状未記載)

・場所;中華人民共和国 湖北省 武漢市(Wuhan)

・FIP Consultant:Tay Peng Hian

・位置付け:FIP Patronage /FIAP Auspices

このほか、既に現地メディア「Wuhan News」にも以下のような記事が掲載されており、「会場はWuhan International Expo Center(武漢国際展覧中心)、会期は6月 11-17日、規模3500フレーム」と報じられています。今後、さまざまな媒体で情報が更新されていくことと思われますので、これに先行し、現状の最新の参考情報としてお知らせしておきます。

http://news.cnhubei.com/xw/wuhan/201811/t4183552.shtml

※ 日本からの出品募集等につきましては、わが国におけるFIP加盟組織である(一社)全日本郵趣連合からの正式発表をお待ちください。

2021年5月6-9日(木金土日)独エッセンで世界展開催か?

ドイツの歴史ある国際展「IBRA」の主催者は、3年後の2021年が、(1)1871年開始の、ドイツ帝国郵便の150周年に当たること、(2)ドイツ郵趣連盟[BDPh.]75周年に当たること、から、既にFEPA展として開催予定だった「IBRA2021」を12月2日にバンコクで開催予定の第75回国際郵趣連盟の会議で、世界展申請することにしました。

既にヨーロッパ郵趣連盟[FEPA]の会議では満場一致でFEPA Recognitionを与えることが承認されていた「IBRA 2021」ですが、今年8月に開催された世界展PRAGA2018で、国際郵趣連盟[FIP]理事会のメンバーと会議が持たれ、非常に好意的な反応だったため、FIP Patronageを得る事を追加するものです。

展覧会名:INTERNATIONALE BRIEFMARKEN AUSSTELLUNG

会期:2021/5/6-9(木金土日)

会場:Messe Essen, Hall 1+2

種類:特別FEPA世界展(The Specialized World Stamp Exhibition)

競争部門:チャンピオンクラス、伝統、郵便史、テーマ、オープン、絵葉書、文献

 

日本人がFEPA展に出品することは不可能ではありませんが、広く開放された方法とも言えません。我が国では、外国切手収集対象としても人気のドイツでは、長らく国際展が開催されていませんでしたので、ドイツ切手を楽しまれている方にとっては、願っても無い機会になるのではないでしょうか。郵趣振興協会では、第75回国際郵趣連盟会議で、本展覧会がFIP展に認定されるか否かも含めて、今後とも情報を追ってお伝えしたいと思います。