投稿者「三木」のアーカイブ

南方占領地切手コレクターズクラブ 第29回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第29回ZOOM例会レポート

2022年10月26日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)海軍地域 ロンボック赤紫加刷

海軍地域のロンボック周辺では小スンダ錨加刷によく似たタイプの加刷がなされました。本が木となり、錨の右側が途切れていることが多いのが特徴です。一説には小スンダ錨加刷が変化してこの加刷になったと言われています。この加刷は黒加刷が多いですが、赤紫で加刷されたものも存在します。

2)海軍地域 ロンボック錨と小スンダ錨含むカバー

海軍地域ではスマトラやマライに比べてフィラテリックカバーが少ないです。それでも現地に収集家がいたようで、しばしばこのようなたくさん切手の貼ったカバーが見られます。このカバーにもロンボックの赤紫加刷切手が見られます。

3)スマトラ ジャンビー加刷

Nippon MAを始めとしたジャンビー加刷は他州の切手と比較し数が少ないです。そのうえで加刷の種類が数種類あり、中には大日本郵便加刷との二重加刷もあるため収集の難しい群です。そのうえ加刷の種類が数種類あり、大日本郵便加刷との二重加刷もあるので、収集が難しいです。

4)海軍地域 フィラテリックカバー

前述したとおり、数は少ないもののしばしばフィラテリックカバーが海軍地域にも見られます。このカバーで特筆すべき点は無加刷新女王切手の使用とフィッシュフック(日専T4錨)の使用が見られることです。いずれも使用例は非常に少ないです。

5)海軍地域 フロレス暫定切手

フロレス暫定切手の落札報告がありました。この切手は南方占領地一番のスター的存在です。くどくど書くのも野暮でしょう。

6)スマトラ パレンバンIPL 偽物

スマトラのパレンバン州、IPL枠付き加刷の偽物と見られるものです。IPL加刷は種類がたくさんあり、現在進行形で分類が進められている未完の分野です。しかしその中でも明らかな偽物が何種類か知られています。これは偽物と見られるものです。

7)北ボルネオ 昭和切手使用

北ボルネオはどの切手が貼られたものも少なく、人気があるため高価になりがちです。それゆえ、偽物も他地域以上に見られる印象があります。カバー、使用済み、未使用全てに注意が必要です。本品は本物と見られるものであり、昭和切手で統一された雰囲気の良いカバーです。

 

話題は主に以上でした。次回は11月23日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第28回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第28回ZOOM例会レポート

2022年9月28日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)スマトラ パレンバンローカル madjidサイン加刷

パレンバンのmadjid赤サインの回覧がありました。(台切手は農耕3.5c)

スマトラのパレンバン州では日本占領までの間に切手が略奪にあったと言います。そのため、略奪された切手と郵便局から販売された切手を区別するため何らかの印をつけよと通達が出されたと言います。したがって各郵便局でそれぞれの印が切手になされました。Pagaralam局では局員のサインがなされました。サインのインクには2種類あり、青黒と赤色があります。一般的には青黒でサインされており、赤はより希少品です。

2)スマトラ クタチャネ局偽造消印

南方切手は偽造品との戦いでもあります。本品は加刷、消印、封筒と全てが偽物ですが、消印自体はよくできた偽物であるため取り上げておきます。クタチャネの偽造消印は稀少な加刷切手(旧女王10c切手にスマトラ統一加刷等)でしばしば見られます。

また余談ですがコタノパン局のものも精巧な偽消があり、注意が必要です。

3)ジャワ バンカビリトン封皮使用

しばしばバンカビリトンの軍政印を押した封皮にジャワ切手を貼り、ジャワの消印が押されたものが見られます。これは収集家がバンカビリトン封皮を台紙として使用し、作成した郵趣品です。

 

 

今回はオークションの話題が多く、マテリアルは主に以上でした。

 

 

次回は10月26日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第27回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第27回ZOOM例会レポート

2022年8月24日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)スマトラ ベンクーレン枠加刷ペア

蘭印では三角航空30c切手にも加刷がされましたが、この切手はテートベッシュのごとく、隣り合う切手の天地が逆で印刷されました。したがって加刷されたものには逆加刷がしばしば見られ、参加者から2通りのペア(逆加刷の含まれるペア、額面数字に対して縦に加刷されたペア)が発表されました。

2)海軍地域 フィッシュフックに日の丸

フィッシュフックは海軍地域の珍しい錨加刷で人気があります。本品は北セレベスの日の丸加刷もなされた珍品です。

3)ビルマ 二重加刷封皮

ビルマの封皮は占領前のジョージ6世の図案を抹消した加刷がなされました。本品は加刷が二重となっているものです。

4)ビルマ Okkanエンタイア

ビルマのOkkan局では通常の消印とは凹凸が逆となっている消印が使われました。独特の消印のため、この消印はビルマ収集家の中で密かな人気があります。

5)ビルマ セント再加刷カバー

ビルマのセント再加刷切手には頭を悩ませられます。そもそも加刷は本物なのか?郵便料金は合致しているのか?そもそも宛名書きはどこを示しているのか?本品はほとんどいずれもクリアしているものの、不足料15c表示があり、郵便料金のさらなる解明が待たれます。

6)ビルマ 収納印カバー

マライや蘭印では収納印を用いたカバーがしばしば見られますが、本品はビルマの例と思われる品であり、未発表品です。他に例が有るのでしょうか?

 

7)スマトラ 統一手押し紫加刷

スマトラでは各州で異なる加刷をした切手を使用しましたが、占領後しばらくして全州で統一の〒加刷が発行されました。通常は黒加刷ですが、手押し左書加刷にはごく少数紫加刷が存在します。過去には偽物説もありましたが、使用済みが発見されたことから現在は真正品であるとされています。

 

話題は主に以上でした。

次回は9月28日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第26回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第26回ZOOM例会レポート

2022年7月27日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)海軍地域 セラム加刷ハガキ

セラム地域では切手にはない、日章旗やセラム民政部之印という加刷がなされたハガキが発行されました。加刷の色や形にバラエティがあり、その組み合わせがいろいろありますが、そのどれもが貴重品です。今回は3種類の回覧がありました。

 

2)スマトラ 統一機械加刷エンタイア

南方ではいろいろな検閲印が使われました。表にはスマトラの箱型検閲印があり、裏に二重円の検閲印があります。

3)スマトラ パレンバン加刷封書

パレンバンの昭和切手25戦とパレンバンの大日本枠加刷5cent切手が貼られた書留郵便です。

4)スマトラ 大東亜戦争一周年記念特印

大東亜戦争一周年を記念したスマトラの特印です。文字しか書かれていない地味な特印ですが、貴重品です。

5)スマトラ バンカビリトン裏写り

南方切手ではしばしば裏に別の加刷が裏うつりしているものがあります。原因としては①加刷された為替証紙に切手を貼ったものを水剥がししたもの、②加刷切手を作った上に置かれた切手に裏うつりした、などが考えられます。たくさん見られるものではなく、楽しいものです。

6)スマトラ バンカビリトン加刷 未発見品

バンカビリトン加刷では37.5c切手に20c加刷が行われた切手が台切手の一つとして使われました。紫加刷が一般的ですが、赤加刷は未見品です。

7)スマトラ 満洲切手特印

スマトラやマライでは数多くの記念品が作られました。内地から郵趣家が切手を送り、現地で押印してもらったものがしばしば見られます。本品はスマトラの特印が押された満洲切手です。

8)海軍地域 偽物

本品は偽物です。ニューギニア切手に独特の錨加刷が行われたものです。いろいろな噂がありますが、あまり見られるものではないため密かな人気があります。

9)マライ 縦ガッター

コルフ印刷所で作られた正刷切手は400面構成でした。田の字の□部分に100面のシートがあるイメージです。本品は日構成部分からとったガッターブロックです。消印は2605年9月2日と見られます。

10)海軍地域 バンジェルマシン暫定切手

バンジェルマシン暫定切手は未使用・使用済みともにあまり見られません。本品は為替用紙の裏に貼られたものであり、為替受取人が期限内に来なかった際の手数料の支払いとして非常に珍しい使用例です。

 

話題は主に以上でした。

 

次回は8月24日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第25回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第25回ZOOM例会レポート

 

2022年6月22日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

 

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

 

1)マライ ペナン最終日カバー

1945年8月15日の玉音放送以降、南方占領地では各種記念品がたくさん作られました。本品もそのうちの一つであり、1945年9月2日の日付でペナンで記念押印されているものです。

2)海軍地域 バンジェルマシン暫定切手

ボルネオ南部は海軍担当地域であり、切手が不足した際にバンジェルマシンで簡易な切手が作られました。これは接収した紙に粗雑な印刷を行い、切手4枚の真ん中に郵便局長印を押したものであり、あまり数が無いため人気があります。

しかしそれゆえ偽造品があります。画像の左の品は偽造品ですのでご注意ください。

3)仏印 日本宛てカバー

仏印は仏印進駐が行われたため、日本人による日本宛てカバーは日本軍によって検閲がされました。仏印には日本企業がありましたが、東洋綿花はそのうちの一つです。

4)海軍地域 ポンチャナク錨実逓カバー

海軍地域はカバーが少ないです。また、各種錨加刷がなされたため種々の錨加刷のカバーとなるとさらに少ないです。海軍地域は切手不足の際に周辺地域で切手の融通があったようで切手の発行地域と使用地域が合致していないものが見られ醍醐味の一つとなっています。

 

話題は主に以上でした。

次回は7月27日水曜日 午後8時から10時です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第24回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第24回ZOOM例会レポート

2022年5月25日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

 

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

 

1)ラブアン 封皮使用

ラブアンでは海峡植民地切手が使われており、北ボルネオで加刷されたような一行加刷がされました。切手も希少ですが、ステーショナリーはこの封皮のみしか確認されていません。

2)スマトラ 停車場印

ジャワの停車場印は人気があり、オークションで高値になりますが、スマトラでの停車場印はあまり知られていません。本品はスマトラ西海岸の停車場印で非常に珍しい逸品です。

3)スマトラ ジャンビー

ジャンビーでは西海岸の大日本郵便加刷切手にさらにNippon MA加刷を行いました。その種類は少なく、本品は今まで報告の無い台切手です。

4)ジャワ 新女王切手使用

ジャワでは占領直後、旧蘭印切手を無加刷のまま使用しましたが、新女王切手は使用禁止になりました。その後収集家による使用例があり、珍重されています。本品は料金が重量便印刷物となるため、どうも実逓ではないという一品です。でも新女王切手の使用は少ないです。

5)フィリピン バターンコレヒドール陥落特印

バターンコレヒドール陥落特印はフィリピンの各地で使用されました。その中でも配給されたと考えらえるものの、未だ発見されていない局のものが幾つか存在し、また存在していると思われていなかった局のものが発見されたりします。本品はサマル島のCatabaloganの特印で初めて発見されたものです。

6)海軍地域 北セレベス葉書往信

海軍地域に限らず、南方占領地での往復はがきの使用は稀少です。北セレベスのこの往復はがきの使用は、今まで報告されていませんでした。

 

話題は主に以上でした。

次回は6月22日 午後8時からです。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第23回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第23回ZOOM例会レポート

2022年4月27日水曜日 8:00PM~10:00PM開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

 

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)スマトラ パヤクムブ直立加刷封皮

スマトラの西海岸では女王図案の切手・葉書にバッテンの加刷をして販売しました。そのなかでもパヤクムブという局で加刷されたものは十字のようにバッテンが直立した加刷がなされています。切手でも多くはありませんが葉書や封皮に加刷されたものは特に珍品です。

2)スマトラ ジャンビー加刷外信往復ハガキ

ジャンビー加刷は種々の加刷がなされたものの、どれも残存数が少なく悩ましい分野です。一部の台切手や台葉書では多く見られる種類もありますが、今回発表されたものは外信往復はがきが台葉書となっているものであり、新発見の品です。

3)海軍地域 バンジェルマシン暫定切手ロット

南ボルネオのバンジェルマシンでは切手の不足した時期があり、画像のような暫定切手が発行されました。未使用も希少ですが、使用済みは更に少ないです。特にエンタイアとなると珍品です。

4)マライ 海峡植民地 軍政部印単枠 黒加刷

海峡植民地の赤加刷以外は珍しく、カタログ値が高いため偽物が非常に多いです。本品は疑惑品です。

5)海軍地域 桜と錨はがき

本品はギャンヤールという小局からバリ島のSingaradjaに宛てられた桜と錨はがきです。この局は使用例が少なく珍品であり、さらに本はがきは今までに報告の無かった新発見のはがきでした。

6)海軍地域 GOUVERNEMENT NIPPON加刷封緘ハガキ

小スンダでは種々の錨加刷がなされました。封緘ハガキには切手上には見られないフランス語のGOUVERNEMENT NIPPONという加刷がなされたものが存在します。未使用・使用済ともに珍品です。

7)マライ リオ群島使用

マライのリオ群島は占領前は蘭印の領土であったこと、島ゆえに郵便量が少なかったことから、蘭印・マライの収集家が注目する地域であるため、人気のある分野です。本品はリオ群島のダボシンケップという局から差し出されたハガキであり、大珍品です。

話題は主に以上でした。

 

次回は5月25日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第22回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第22回ZOOM例会レポート

 

2022年3月25日水曜日 8:00PM~10:00PM 開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

 

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)スマトラ タパヌリ日章旗と東海岸大日本枠付き赤逆加刷

スマトラのタパヌリ州では蘭印切手に日章旗の加刷を行いましたが、この切手に東海岸でさらに加刷をしたものがあります。種類としては枠付きの大日本加刷と小文字の枠無加刷があり、特に後者は非常に稀少です。本品は枠付き大日本加刷と日章旗の加刷がされていますが、大日本加刷が逆向きに加刷されている一品です。

2)スマトラ バンカビリトン加刷の転居葉書

南方占領地では日本占領下の切手・葉書が戦後もしばしば使用されましたが、その中でもスマトラではその使用期間は長いものでした。本品はバンカビリトン島で軍政部印を加刷された転居葉書ですが、戦後1年が経っても戦時中の葉書が使われた興味深い品です。

3)マライ 戦前使用

マライでは各地域が占領されるまで、郵便網が生きており郵便の受け渡しが行われていました。特に、マライ南部のジョホール州は北から進軍してくる日本軍の到着まで時間があったため、しばしば開戦以降の郵便物が見受けられます。本品は1941年12月20日にジョホールのMuarから差し出され、宛先のインドの着印が裏に見られるものです。

4)ジャワ Hollandia宛て葉書

ジャワは蘭印の中でも特に栄えた都市が多く、この地域から差し出されたり、宛てられた郵便物には稀少なものが見受けられます。本品もその例に当てはまる逸品であり、ジャワ中部のNgawiからニューギニアのHollandiaへ宛てた葉書です。これは非常に少ないニューギニア宛ての郵便物のうちの一つです。

 

話題は主に以上でした。

次回は4月27日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第21回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第21回ZOOM例会レポート

 

2022年2月23日水曜日 8:00PM~10:00PM 開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1)泰緬鉄道 カンチャナブリ オンピース

タイのカンチャナブリ等では日本軍の指揮下で泰緬鉄道の建設が行われました。その中で日本の郵便局も開設されたと言われています。本品は泰緬鉄道沿線のカンチャナブリで押印されたものと思われます。

2)マライ 特印

マライでは数多くの特印が使用されました。特印は収集家の求めに応じて押印されただけでなく、特印の用意された記念日に差出された郵便物にも押印されました。なので一見すると郵趣家便であっても、商用便であることがあります。本品も商用便と思われます。

3)NICA TIMOR加刷

戦後、蘭印では残存した南方占領地切手や日本切手に様々な加刷をしました。Rep.Indonesia加刷やPTT加刷が有名ですが、本品のようなNICA TIMOR加刷や馬の加刷がされたものも少ないながら残存しています。

4)香港 不足料カバー

香港のカバーは比較的多く残っていますが、不足料カバーとなると話は変わってきます。本品は香港発ベトナム宛てのカバーであり、貼付切手には国内料金7銭しか貼ってありません。当時、外国料金は20銭であったため不足料金が生じるはずですが、この処理がどうなされたのかは不明です。そもそもベトナムにも届いたのでしょうか??

 

話題は主に以上でした。

次回は3月23日 午後8時から開催予定です。

南方占領地切手コレクターズクラブ 第20回ZOOM例会レポート

南方占領地切手コレクターズクラブ 第20回ZOOM例会レポート

2022年1月26日水曜日 8:00PM~10:00PM 開催の『南方占領地切手コレクターズクラブ』のレポートです。

以下、話題に上がったマテリアルについて順番に書き記していきます。

1) 北セレベス 航空外信用12.5cハガキ(JASCA  A9)

セレベス島は中央部に3千Mを超す山々が連なり、陸路での北と南側の行き来は難しかいです。そのため、北セレベスと南セレベスで別々の錨加刷がされました。本品の農耕3.5cの北セレベス加刷(但し日の丸加刷漏れ)は珍しいものです。更に、台ハガキの航空外信12.5cは、今まで未見です。残念ながらカット品ですが、いつの日か完全品が現れるでしょうか?

2)スマトラ 多切手貼封筒

スマトラではしばしば本品のように様々な切手を貼った封筒があります。本品は数の少ない30cent航空切手、東海岸加刷の橙加刷やライラック加刷といった希少な切手がたくさん貼られた封筒です。

3)フィリピン セブゲリラ切手

戦時中、日本軍はフィリピン全地域を占領したのではなく、主要都市を点々と占領したにすぎませんでした。それ故に、ミンダナオやセブのような日本軍の影響が少なかった地域では、ゲリラ活動が盛んで、ゲリラの活動を宣伝する「ゲリラ切手」が作られました。ミンダナオゲリラ切手はラベルの要素が強かった一方で、セブゲリラ切手は郵便切手の要素が強く、実逓便も見つかっています。額面は2,4,16,20cの4種で、特に16,20cは片面に4枚ずつ、両面で合計8枚の切手が印刷されている大変興味深いシート構成です。

4)スマトラ 農耕透無2.5c タパヌリ日章旗と東海岸大日本枠付き赤加刷

タパヌリ日章旗と東海岸大日本枠付き赤加刷がされた切手のオンピースです。日専未記載の新発見品です。蘭領の農耕切手と旧女王切手は透しの有無で分類が可能ですが、透無切手は発行年が早かったので数が少ないです。

5)スマトラ サイン加筆??

スマトラでは各州で多種多様な加刷がされました。特にパレンバン州では「日本占領下で売った切手と、それ以前に入手された切手との区別をつけること」の通達が出され、ハンコや指輪・サインなどが切手に押されて販売されました。今回発表されたのは、サインのように赤鉛筆や万年筆で切手に加筆がなされたものです。いずれも小包送達票にされており、何らかの意図があって加筆されたのか、それともただの汚れなのかは、これからの解明が待たれます。

6)フィリピン 大東亜戦争一周年記念切手FDC

フィリピンでは全ての郵便局で各種の切手が初日に発売されたのではありません。

例えば大東亜戦争一周年記念切手はManila以外ではBaguio、Davao、Iloilo、Legaspi の4局しか初日に発売していません。ただし、Bulacan局のFDCが存在します。これは正式発売局ではなく、コレクターがManilaで発売された切手を持ち込み、押印をしてもらったものと思われます。

7)北ボルネオ 軍事郵便

南方からの軍事郵便では現地製の軍事郵便はがきも使われました。各地で調整された軍事郵便はがきは収集の対象になっていますが、北ボルネオのものが今回発表されました。これは特有の透かしが見られます。どこの印刷所製でしょうか。

8)マライ サラワク宛てラッパー

マライの印刷物料金は2cでした。稀に印刷物ラッパーがみられますが、本品はそのうえ北ボルネオのサラワク宛てとなっています。中の印刷物が失われていることが残念でなりません。

 

話題は主に以上でした。

次回は2月23日 午後8時から開催予定です。